オーストラリアに移住して失敗?アナウンサーや芸能人、費用や条件(移住条件)…移住するには?子連れや50歳の仕事、ビザのデメリットで後悔しないために


 

オーストラリアに

移住する人が増えてきている。

 

 

しかし、費用や

移住の条件を知らなければ

失敗してしまうこともある。

 

どうすればオーストラリアに移住し、

失敗せずにいれるのか。

 

 

今回はオーストラリアへの

移住について知っていこう。

 

 

オーストラリアに移住するには?ビザの条件など移住条件や準備、エージェントやIELTSなど

 

オーストラリアに移住するには

ビザを取得する必要がある。

 

 

ビザの種類には市民権、

永住権、長期滞在が

主なものとして存在している。

 

市民権と永住権の2つは

基本的には同じだが、国籍の扱いが異なり、

市民権では日本国籍を破棄しなければいけない。

 

一方で市民権では参政権を認められるのだ。

 

 

そんなビザの取得準備は

個人でも不可能ではないが、

エージェントに依頼するほうが確実だ。

 

プロに頼むほうが失敗しにくい。

 

 

また、日本では英検やTOEICが一般的だが、

オーストラリアではIELTSというものが一般である。

 

このIELTSのスコアが

一定以上ないとビザが認められないのだ。

 

また、ビザ申請に使うためには

IELTSを受験して3年以内に

申請をしないといけないので注意が必要だ。

 

 

オーストラリア移住の

条件のひとつに投資がある。

 

これは投資ビザによるもので、

永住することが可能なものだ。

 

 

また、オーストラリアの都市

パースの移住条件は比較的低く、

また選択肢も多い。

 

 

オーストラリアへの移住を

考えるのであれば

パースのような地方都市を選ぶといい。

 

 

海外に移住する費用!オーストラリアへの移住の費用は?条件…資産や老後など

 

海外移住を考えている場合、

真っ先に気になるのがその費用だ。

 

 

では、オーストラリアの

パース移住の費用はどのくらいか。

 

 

パースに限ったものではないが、

申請に必要な書類の取得費用や、パスポート代、

渡航費用などが初期費用として必要になってくる。

 

エージェントに頼んだ場合は、

エージェントへ支払う費用もかかってくる。

 

 

ビザのひとつの投資ビザは、

資産の条件としてオーストラリアドル換算で

一定の資産を保有していることが取得条件になっている。

 

取得のハードルは比較的高いのが特徴だ。

 

 

また、老後に移住する条件として、

55歳以上で取得できるビザを取得する必要がある。

 

 

しかし、このビザでも資産の条件があり、

50万から75万ドルの資産を

証明しないといけないのだ。

 

 

オーストラリアへの移住を考えている場合、

資産をしっかりと確保しないといけない。

 

 

海外に移住して仕事…オーストラリアに移住、子連れでも可能?仕事はどうする?

 

海外移住で気になるのは

子連れの場合はどうすればいいのか、

ということだ。

 

 

オーストラリアへ移住し

子育てすることは可能だ。

 

 

オーストラリアは

サポートも充実している。

 

オーストラリアへ移住は

子供がいても問題はない。

 

 

特にオーストラリアの場合、

日本人でグループを作っていることが多いので、

日本語で話す機会も多い。

 

日本語学校もあるので

学習の心配もないのだ。

 

 

子連れで移住した場合でも、

子供が幼稚園や学校の間は

仕事をすることは可能だ。

 

 

だが、仕事をするにも

日本人がやる必要性がなければ採用されにくく、

就職しても英語力がないと厳しいのが現実だ。

 

また、採用されても

仕事ができなければ

すぐにクビになってしまう。

 

 

そうならないためにも、

オーストラリアへ移住する前に

しっかりと英語力を身につけておこう。

 

 

オーストラリアに移住して失敗?デメリットと現実

 

失敗や後悔をしないためには

メリットとデメリットを

把握しておくことが重要だ。

 

 

では、オーストラリアに移住する

メリットとデメリットには

どんなものがあるのか。

 

 

メリットは、日本と異なり

人の目を気にしない国なので、

自分らしく生きていくことができる。

 

また、自然が豊富であり、

都市の生活とスローライフを

両立することも可能だ。

 

 

一方のデメリットは

ビザの取得や保持が難しいということ。

 

それに加えて物価も高く、

生活を維持するためには

高い英語力が必要なのだ。

 

 

また、オーストラリアの医療システムは複雑で、

手術を受けるにも数ヶ月待つこともあるのだ。

 

 

そんな医療システムを理由に、

現実には日本に一時帰国して

治療を受けることもあるくらいだ。

 

 

移住するにはメリットだけでなく、

デメリットについてもよく知っておく必要がある。

 

 

オーストラリアに移住した有名人!芸能人やアナウンサーなどをブログでチェック

 

他の国と比べれば少ないほうだが、

オーストラリアには一般人だけでなく

日本の有名人も移住している。

 

 

元TBSの女性アナウンサーも

オーストラリアのパースに家族で移住し、

生活をしている。

 

また、芸能人としては

80年代の女性アイドルなども

オーストラリアに移住し生活しているのだ。

 

 

これらの有名人は

テレビやラジオなどに登場し、

現地での生活について話すことがある。

 

 

日本の有名人のオーストラリア生活も、

移住を考えるうえで参考になるので

チェックするといい。

 

 

オーストラリアのパースに移住した人のブログ

28歳から始めるオーストラリア・パース移住への道

では現地での日本人の生活を発信している。

 

オーストラリアへの移住を

考えているのであればチェックし

参考にしよう。

 

 

まとめ ビザの取得はハードルが高い。移住には英語力が必須。

 

オーストラリアへの移住に必要な

ビザは取得のハードルが高く、ビザ取得や

生活をしていくためには高い英語力が必要だ。

 

 

一方、子連れでの生活も可能で、

スローライフもできるので

移住先としてはおすすめだ。

 

 

情報をしっかりと集め

英語力を鍛えて移住しよう。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ