イギリスへの移住の条件や費用は?50歳の仕事の方法やビザをブログで紹介!結婚のデメリット、年金など…失敗したと後悔しないために


 

イギリスといえば

海外旅行先として人気の国。

 

ロンドンなどの都市は

紳士的で優雅なイメージも。

 

多くの魅力的で歴史ある街並みや史跡、

美しい自然の風景を満喫できる。

 

 

だが、イギリスに移住するとなると、

ハードルが高そうにも感じる。

 

 

実際のところ、

イギリスへの移住は

どのようなものになるだろうか?

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

イギリスへの移住の条件!日本人のビザなど方法を紹介

 

イギリスの統計によれば、

イギリスに住んでいる人の

8人に1人はイギリス以外の出身者。

 

 

現在も日本人を始め、

世界中からの移住者が増加傾向にある。

 

 

イギリスへ移住する人が多く

人気が絶えないのには、

いくつかおすすめの理由がある。

 

 

世界中から移住者が訪れるイギリスでは、

様々な国籍の人と出会うことができるのだ。

 

 

ロンドンなどの大都市以外でも、

イギリスなら世界各国の人達と触れ合え、

新しい価値観を得られる。

 

移民が多いので、

中華料理・インド料理・イタリア料理など、

世界各国の料理を楽しむこともできる。

 

 

ロンドンでは、

多くの有名な博物館・美術館を

無料で利用することができる。

 

 

また、

イギリスでの医療制度は

日本とは異なる。

 

医療費は基本的に無料であり、

日本のように診察のたびに

医療費がかかることはない。

 

 

イギリスでは新築の建物は少なく、

中世の時の建物が今も残っている。

 

それぞれの建物に、

時代ごとの多様な建築様式があり、

中世ヨーロッパの歴史ある街並みを味わうことができる。

 

 

イギリスで生活する方法は、

ビザを取得し期間限定で滞在するか、

永住権を取得し期間は関係なく滞在する。

 

もしくは市民権を取得し、

イギリス人と同等の生活をするかである。

 

 

永住権は日本人でありながら

イギリスで永住できる権利である。

 

 

市民権はイギリス国籍の取得という意味で、

日本国籍を放棄するということだ。

 

 

市民権を得た場合は選挙権が与えられ、

イギリスで選挙に参加することができるが、

永住権の場合は選挙権は与えられない。

 

 

もし自分がイギリスに移住するなら、

期間関係なく滞在できる

永住権の取得に興味を惹かれる。

 

しかし、永住権は

そう簡単に取得できるものではない。

 

 

ビザの種類により年数は異なるが、

最低でも5年以上はイギリスでの滞在実績。

 

加えて、英語力や

イギリス滞在のために必要な

知識のテストに合格必須という条件がある。

 

 

 

イギリスに移住しても

オンラインで安定収入を得るには?

 

 

イギリスへの移住!仕事や費用、年金や結婚について

 

イギリスで仕事をするとなると、

どんな仕事ができどういった環境なのか、

イメージがなかなか沸かない。

 

 

英語力は当然必要であるが、

志望する業界により英語力のレベルは異なる。

 

 

会話や書類作成メインの仕事となると、

たとえ英検1級を取得していても

現地のビジネスでは役に立たないことが多い。

 

 

近年では中央ヨーロッパ諸国から

イギリスに労働者が押し寄せて来ていることもあり、

若い世代の就職難は社会問題にもなっている。

 

 

イギリスでの就職はかなり厳しい。

 

 

日本語が必要となる仕事場や日系企業では

人手不足がしばしば発生している。

 

労働規制が厳しくなったことにより、

就職するチャンスは見つけることができる。

 

 

イギリスで結婚するか

パートナーと暮らしていくには

配偶者ビザが必要だが、取得までの道のりは険しい。

 

 

・相手がイギリス人であるのかそうでないのか

・申請者が国内にいるのか国外にいるのか

・どんなビザを取得していてビザの有効期間は何か月か

 

 

様々な組み合わせにより

無数のケースが生じるからだ。

 

 

条件次第では費用もかさみ、

専門の弁護士に依頼すれば

さらに余分な出費がかかる。

 

 

イギリスに移住した場合、

老後もそのまま暮らしていくのは

難しい面もある。

 

 

イギリスは寒さが厳しい。

 

イギリス人でさえ、

温暖な気候で老後を過ごすために

他国へ移住していく現状もある。

 

 

物価も高いので、

高齢者が住みやすいとは言えない。

 

 

年金に関しては

日本とイギリスは協定を結んでいる。

 

しかし、イギリスへ移住した場合は

日本で納めた分の年金を

イギリスの年金に加算することはできない。

 

イギリスでの年金は0からということになる。

 

 

 

イギリスへ移住して後悔?デメリットをブログで紹介

 

イギリスへ移住することの

デメリットを挙げるとしたら、

まずは言語である。

 

 

英語にも方言のようなものがある。

 

日本人が習ってきた英語は、

言わばアメリカ英語であり

純粋で綺麗なものである。

 

しかし、それがそのまま

イギリスで通じるとは限らない。

 

イギリス英語に慣れるまでは

言い方によって相手に上手く伝わらなかったり、

怪訝な顔をされてしまうこともある。

 

 

病気になった時に使用する

薬にも注意が必要である。

 

アジア人と西洋人の体つきは違う。

 

薬が効かなかった場合のクレームを意識し、

イギリスで販売されている薬は、

少しきつめに作られているとも言われている。

 

 

体内に直接投与するような薬なら、

あらかじめ日本から持っていくのが無難である。

 

 

イギリスにおいては

主治医を持つことが一般的であり、

移住後は早めに見つけておいた方がいい。

 

 

またビザの手続きが難航する上、

就職難のイギリスでは

仕事を見つけることもままならない。

 

 

とりあえず現地に行けば何とかなる、

といったような無謀な行動は

あとで必ず後悔することになる。

 

移住前に、

入念な準備をしておくことは必須である。

 

 

イギリス毒舌日記

 

 

 

まとめ

 

イギリスはヨーロッパの中では

数少ない英語圏の国である。

 

 

移住のハードルは年々上がってきているが、

イギリスの文化や自然、芸術を堪能できる生活は

体験してみたいところである。

 

 

まずは留学やワーキングホリデーで

現地での生活を少し体験して、どんな地域で

どう過ごしたいかイメージを膨らませるのもいいだろう。

 

 

 

イギリスに移住してロンドンライフを楽しむのは、

自分と同じ元神経質の昌子(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ