ウクライナに移住!ブログで物価やビザ、50歳の仕事の年収を紹介…オデッサへの移住のデメリットは?失敗したと後悔しないために


 

ヨーロッパに移住したいと思っても、

多くの国は移住が難しい。

 

そんなヨーロッパの中で

移住しやすい国がウクライナだ。

 

 

ただ、やはり気になることや

知らないことが多い。

 

そこでこの記事では、

ウクライナに移住するメリットや

ウクライナの物価などを紹介しよう。

 

 

 

ウクライナに移住!ビザはどうする?メリットとデメリット

 

まずウクライナについて調べてみた。

 

 

ウクライナは、

東ヨーロッパにある共和制の国。

 

隣国には、

ロシア、ハンガリー、ポーランド、

スロバキア、モルドバ、ベーラルーシがある。

 

さらに黒海を

挟んだところにある国はトルコ。

 

 

ウクライナの面積は、

60万3700平方キロメートル。

 

日本の約1.6倍の広さだ。

 

 

言語はウクライナ語とロシア語。

 

 

ウクライナは

「ヨーロッパの真珠」と呼ばれており、

歴史的な街並みや自然の美しい国である。

 

 

さらにうれしいのは、

ウクライナの物価が安いこと。

 

 

ウクライナに移住したくなった。

 

ウクライナに移住するには、

どうしたらいいだろうか。

 

 

まずウクライナに

移住するには条件がある。

 

ウクライナに移住する

条件を知っておこう。

 

 

ウクライナに

移住するにはビザが必要だ。

 

90日以上滞在する場合は

長期ビザが必要。

 

長期ビザには8種類あるので、

自分の目的に必要なビザを取得する。

 

 

ビザを取得するには、

ビザの取得をサポートしてくれる

民間企業があるので、利用してみよう。

 

 

3年以上の長期滞在すれば、

永住権の取得が可能だ。

 

 

ビザに関する情報は、

在日本ウクライナ大使館や

在ウクライナ日本大使館のホームページに載っている。

 

 

ウクライナに移住するには、

年収はいくらぐらい必要なのだろうか。

 

まずウクライナ人の

平均年収を調べてみた。

 

 

平成28年度の

ウクライナ人の平均年収は、

約45万円である。

 

家賃を除いた生活費は、

1か月あたり2万円あれば

暮らしていける。

 

 

ちなみに平成28年度の

日本人の平均年収が約422万円。

 

 

ウクライナと日本の平均年収に

差がある事がわかる。

 

 

ウクライナに移住する

メリットとデメリットを知っておこう。

 

 

まずメリットの場合。

 

・物価が安い

・ヨーロッパの中で一番安く移住が出来る

・美しい自然と街並み

・ウクライナ人は優しい

・ウクライナ料理はおいしい

・治安は悪くない

 

などだ。

 

物価がとても安いので、

日本人には暮らしやすい国だ。

 

またウクライナ人は

外国人に対して優しく接してくれるので、

付き合いやすい。

 

 

デメリットはどうだろうか。

 

・地域によって治安が悪い

・医療事情が悪い

・アジア人に対する差別などがある

 

外国人に優しいウクライナ人だが、

アジア人に対して差別をする人が

中にはいるので心得ておく。

 

 

ロシア語やウクライナ語が出来ると、

差別されないので勉強しておこう。

 

 

ウクライナに移住する場合、

治安が悪いエリアを知っておく必要がある。

 

ウクライナの東側地域は治安が悪い

 

 

外務省のホームページで調べてみた。

 

「渡航を止めて下さい」になる

レベル3のエリアは

 

・クルミア自治共和国

・ヴァーストポリ市

・ドネツク州

・ルハンスク州

 

 

これらの地域には

行ってはいけない。

 

 

次に医療事情。

 

英語が通じる病院があればいいのだが、

英語が通じる病院が少ないので、とても不便だ。

 

販売されている薬の中には、

偽薬や使用期限切れの薬が出回っている。

 

 

医療内容が日本より悪いので、

治療の内容によっては、

日本か他のヨーロッパの国で行う必要が出てくる。

 

ウクライナに移住を考えているなら、

メリットだけではなくデメリットも知った上で決めよう。

 

 

 

ウクライナに移住しても不安のない

安定収入を得るには?

 

 

ウクライナへ移住した人のブログで物価や仕事をチェック

 

実際ウクライナに移住している人は、

どのような生活をしているのか気になる。

 

 

ウクライナはヨーロッパなので、

東南アジアに比べて

物価が高いと思いがち。

 

しかしウクライナは、

東南アジアより物価が安いのだ。

 

 

移住者のブログを見てみよう。

https://sekainiijuu.com/living-cost-ukraine/

 

 

ウクライナに移住すると、

物価の安さに驚く。

 

スーパーで売られている

食材の平均金額を見てみよう。

 

牛肉が1キログラムで684円、

トマトが1キログラムで188円、

ワイン1本で455円。

 

信じられない安さで

購入する事ができる。

 

 

ウクライナの家賃は、

一人暮らしで3万円から。

 

キエフやリヴィウの

中心部だと家賃が高くなり、

4万円から5万円だ。

 

 

タクシーを10分乗ると、約130円。

 

日本では考えられない安さだ。

 

 

家賃は特別安く感じないが、

それ以外の生活費は安い。

 

 

物価が安い事はわかったが、

ウクライナに移住したら

仕事をする必要がある。

 

ウクライナで

仕事を見つける事は、

出来るのだろうか。

 

ウクライナでは50歳だと、

どのくらい年収がもらえるのだろうか。

 

 

ウクライナでは、

年齢より職業によって年収に差がある。

 

 

ウクライナはIT技術力が高いので、

ウクライナを開発拠点にする

欧米の大手企業が多い。

 

そのため、ウクライナで

給料が高いのはIT技術者。

 

特にフリーランスの

ITプログラマーが一番稼いでいる。

 

 

他の業種の給料は安い。

 

 

そんなウクライナで仕事を探すには、

どうしたらいいのだろうか。

 

海外転職エージェントを利用しよう。

 

 

日本の企業に採用される場合、

駐在員としての採用と

現地法人採用がある。

 

駐在員としての採用であれば、

日本と同じ基準の年収がもらえる。

 

 

しかし採用されても、

しばらくはウクライナにはいけない。

 

 

現地法人での採用された場合は、

ウクライナの相場に合わせた年収になるので、

駐在員採用の年収と比べて年収は少ない。

 

しかしウクライナで暮らすには

十分に生活できる年収だ。

 

そして採用されれば、

ウクライナで働く事になる。

 

 

ウクライナに移住するなら、

どこに住めばいいのだろうか。

 

おすすめなのは、

首都のキエフ、

リヴィウ、オデッサだ。

 

 

キエフは街並みが美しく、

生活するには便利なところだ。

 

 

リヴィウは世界遺産が登録されている

歴史地区がある街で、治安がよい。

 

中世のヨーロッパを

味わいたい人におすすめする。

 

 

特にウクライナのオデッサは、

日本と気候が似ているので

移住するのにおすすめだ。

 

ウクライナのオデッサはリゾート地。

 

観光するところも多い場所でもある。

 

 

海外に移住すれば、

いい事ばかりではない。

 

ウクライナに移住する場合、

注意点が多くある。

 

ウクライナでの

注意すべき点を知っておこう。

 

 

在ウクライナ日本大使館の

ホームページを開ける。

 

「領事・安全・生活情報」をクリックする。

 

外務省海外安全情報のところに

「安全の手引き」がある。

 

「安全の手引き」には、

ウクライナでの注意しなければならない事が

記載されているので、読んでおこう。

 

 

 

まとめ…しっかりと準備してからウクライナに移住しよう

 

ウクライナに移住すると決めたら、

移住する目的をはっきりさせよう。

 

ビザは8種類あるので、

自分の目的にあったビザを

申請しなければならないからだ。

 

 

そして日本にいる間に

海外転職エージェントを利用して、

仕事を決めておく。

 

 

日本と違い

ウクライナでは、

不便な点がある。

 

 

例えば病気をした場合。

 

ウクライナの医療事情は

日本に比べて低い。

 

大きい病気をした場合どうするか

しっかり考えておく事が必要だ。

 

 

ウクライナの病院で

英語が通じるところが少ない事も

知っておく必要がある。

 

 

治安が悪いところに住まないのは当然だが、

治安がいいエリアでも犯罪に

巻き込まれないように注意が必要だ。

 

 

気になるのは、言葉の問題。

 

 

キエフやオデッサに移住するなら、

ロシア語が出来れば

ウクライナで生活をする事が出来る。

 

 

しかしリヴィウの人の会話はウクライナ語。

 

リヴィウに移住するなら、

ウクライナ語を勉強しておこう。

 

 

 

ウクライナへの移住を目論んで

カウチサーフィンを活用しているのは、

自分と同じく金髪美女に弱い康夫(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. きよ より:

    ウクライナの移住はまずないかなーといった感じですが、物価が安いのは魅力的です!
    でもウクライナ語とロシア語は両方話せません!

  2. 空色朝顔 より:

    ウクライナは物価が安いのですね。その点では住みやすそう。
    ウクライナといえば思い浮かぶのが滝沢カレンさん!
    ウクライナには美人が多そうですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ