韓国に移住、費用で後悔?50歳の仕事の方法やビザ(移住ビザ)をブログで紹介。日本人の手続きと条件、求人やデメリット…失敗したと後悔しないために


 

日本から飛行機を使って

2時間弱で行ける韓国は、

日本人が移住する国としてとても便利だろう。

 

日本人も多く住んでおり、

日本語が通じる場所も多い。

 

 

一方で、後悔の声もあり不安も。

 

 

そんな韓国で日本人が移住する場合に

必要な手続きや就労状況について紹介する。

 

 

 

韓国に移住する方法!ビザ(移住ビザ)の条件や手続きは?

 

近年若者の間では

韓国の音楽やグルメなどが

人気を集めている。

 

 

韓国移住するには

ビザの手続きが必要となる。

 

 

観光ビザや語学研修ビザ、留学ビザなど、

学習目的で韓国に滞在する人向けのビザ。

 

最長1年間韓国で働きながら

観光ができるという条件の

ワーキングホリデービザまで様々。

 

その他就業ビザは

日本語教師や特定活動など

目的によって異なる。

 

 

ただし、その他就労ビザは韓国の受け入れ会社が

 

「外国人労働者の身元証明」

及び

「韓国人ではなく、日本人を採用しなければならない理由を立証」

 

になければならない。

 

 

なかなか発行が難しいと言われている。

 

 

取得方法はきちんと

韓国大使館のホームページなどを

事前にチェックすることが重要だ。

 

 

韓国には

「移住者早期適応プログラム」という

法務部が行っているプログラムが存在する。

 

韓国に長期滞在する外国人が

早く韓国の生活に慣れるように

行われているのだ。

 

 

このプログラムは

韓国に移住者だけでなく、

留学生向けのプログラムも存在する。

 

 

 

韓国に移住…費用や日本人の仕事の求人は?

 

韓国でも日本と似たような

社会保障制度が数多くある。

 

 

通常、海外に移住すれば

日本の国民年金は脱退し、

滞在国の年金制度に加入することになる。

 

 

韓国移住した場合の

年金制度はどうなるのだろうか。

 

 

日本の国民年金には任意加入という制度があり、

日本人は韓国に居ながら

任意で継続加入することができるのだ。

 

 

韓国の国民年金にも加入している場合、

日韓両国の国民年金を

同時に受け取ることができる。

 

 

 

韓国に移住してお金の不安なく暮らすには?

 

 

 

韓国に移住した時に

もう一つ気になるのが税金だ。

 

 

物によって消費税の

税率が細かく分かれているが、

一般的には10%と決められている。

 

 

受験戦争のイメージも強い

韓国に韓国移住した場合、

中卒でも働けるのだろうか。

 

 

答えは可能であるが、

現地採用はかなり難しい

ということだ。

 

 

日系企業に勤め、韓国支部で働くことが

韓国移住した日本人の仕事としては

手堅いだろう。

 

 

それでも現地採用されたい場合は

下記のようなサイトで求人を探そう。

 

登録費用はかからないので

自由に求人検索することができる。

 

求人情報

 

 

 

韓国に移住して後悔…デメリットをブログでチェック

 

韓国に実際に移住した

移住者のブログを読みながら

韓国へ移住するデメリットを見ていこう。

 

 

韓国は世界的に見ても治安は良い方で、

気候も日本とほぼ変わりがないと言われている。

 

生活するにあたって

日本人は住みやすい

国なのではないだろうか。

 

 

韓国移住者の感想はそれぞれ異なるが、

日本人には馴染みやすい国と言える。

 

 

韓国へ移住した韓国人と結婚した場合の

手厚いフォローや支援サービスが多い。

 

外国人を受け入れる体制は

わりと整っている方なのではないかと

調べていて自分は感じた。

 

 

韓国に移住して後悔したことと言えば、

PM2.5や政治問題などを挙げる人が多い。

 

 

近くて遠い国と言われる

韓国と日本の政治問題は

まだまだ落ちついたわけではない。

 

道を歩けば日本人ということで

冷たい態度を取られたりすることや、

政治的発言で罵声を浴びせられることもあるそうだ。

 

その点は気を付けるべきだろう。

 

移住者のブログ

 

 

 

まとめ…住みやすさや馴染みやすさが高い国

 

日系企業も多く、

韓国語は日本語と似ている部分も多いので

とても住みやすさはあるだろう。

 

 

外国人に優しく、

手厚い支援があるのも

魅力の一つなのではないだろうか。

 

 

ビザに種類が多いので

取得方法をしっかりチェックする必要がある。

 

 

 

釜山に移住を考えているのは、

自分と同じく霊感もないのに生まれ変わりを信じる田島(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ