オーストラリアに移住したアナウンサーの失敗?後悔した女子アナや芸能人による費用や条件(移住条件)の話…子連れで移住するには50歳にも仕事が必須?デメリットも紹介


 

オーストラリアは昔から人気の移住先だが、

すでに物価は日本以上。

 

だからこそ、予備知識が必須。

 

 

そこでオーストラリアに移住するための費用や条件、

メリット、デメリット、子連れのメリットや移住した人のブログや、

元アナウンサーなどの話を紹介しよう。

 

 

 

オーストラリアに移住するには?条件を知っておこう(IELTSなど)。老後の移住条件は資産や結婚?子連れでもメリットはある?

 

 

オーストラリアのパースに移住する条件には、まずビザの取得。

 

 

老後に移住をするなら投資退職者ビザ

 

結婚している場合は夫婦いずれかが満55歳以上という条件の他に

75万豪ドル以上の資産の提示と75万豪ドル以上の債権投資、

さらに6万500豪ドル以上の年間所得証明が必要となる。

 

オーストラリア人と結婚した人が取得できるのが配偶者ビザ

 

スポンサーなく自分の力で取得する技術独立ビザ

国際英語試験システムのIELTSで

必要なスコアを取得することが条件に含まれる。

 

 

前記は一部であり、

他にもいろいろな種類のビザがある。

 

 

それぞれに条件が異なるため、

年齢、資産、語学力など自分に合ったビザを探すことが必要だ。

 

オーストラリアへの移住は子連れでもメリットはある。

オーストラリアへの移住は子育てのため、という人も多い。

 

大人もストレスなく子育てができる環境が整えられているからだ。

 

「人生を無駄なストレスを感じることなく楽しむ」

ことを重視するオーストラリアに移住することで

子供をのびのびとした環境で育てたいと考えるのだろう。

 

 

 

海外移住の費用や仕事って?オーストラリアに移住する場合の費用は…仕事の現実、医師の需要などをブログでチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアに移住するための条件として、

仕事をするのであれば、就労ビザと投資ビザ、

そして技術独立ビザを取る必要がある。

 

求人としては日系企業もあるが、募集は減少傾向だ。

仕事の職種としては、旅行業界や飲食店などのサービス業、医療関係等があり、

高い英語力や実務経験が重視されている。

 

 

情報収集の方法として、

実際に移住した人のブログなんかはとても参考になる。

 

日本からオーストラリアのパースに家族で移住したサラリーマンとその奥さんのブログや

医師として働いている女性のブログなど

探せばたくさんある。

 

 

オーストラリアのパースに移住するには、

ビザ取得などの出国までにかかる費用や

家を見つけるまでのホテル代など着いてからかかる費用も考えなければならない。

 

 

オーストラリアで移住生活を始めるにはやはり結構な額の費用がかかりそうだ。

 

 

 

オーストラリアに移住しても尽きない

安定収入とは?

 

 

オーストラリアに移住したアナウンサー(女子アナ)の失敗と後悔。芸能人なら他には?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアへ移住するメリットとデメリットとは。

 

メリットとしては、時差も少なく自然も多い

 

移民国家のオーストラリアでは外国人差別も少なく、

様々な生活習慣や文化に触れ合うこともでき、

良い経験になる。

 

一方、デメリットはビザの取得が難しく、

保持していくのも容易ではない

 

 

オーストラリアに移住した元アナウンサー小島慶子は

現実に日本とオーストラリアを行き来し、働き続けている。

 

女子アナという立場を使って一流企業の人と出会ったり、

企業の社長夫人になって、

優雅な中年ライフを遅れたのかもしれない。

 

など、もしも違う道を歩んでいたらと、後悔の理由も語っている。

 

芸能人では他にも

オーストラリア人男性と結婚して移住した元歌手倉沢淳美や、

今は実業家として成功しているボビーオロゴンなどがいる。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアでの永住ビザを取得するには

語学や技術、資金が必要となり、

容易ではなさそうだ。

 

しかし堅苦しくない社会で自分らしく生きていきやすく

移民に優しい国でもあるため、

家族みんなで楽しい生活を送れるのではないだろうか。

 

 

 

オーストラリアで現地人の旦那と楽しく暮らしているのは、

自分と同じ埼玉の和光に住んでいたふーちゃん。

 

今もまんまるの猫が大好きなのか?(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ