アゼルバイジャンに移住するには?50歳の仕事…デメリットで失敗したと後悔しないために


 

アゼルバイジャンは旧ソ連構成国であり、

アジアとヨーロッパの狭間にある国だが・・・

さすがに日本人の移住情報は少ない。

 

 

そこでこの記事では、アゼルバイジャンに

移住する方法を考察してみる。

 

 

 

アゼルバイジャンに移住するには?ビザの条件は…

 

アゼルバイジャン共和国は

旧ソ連構成国で、

南コーカサスに位置する国である。

 

1991年に独立した、

比較的歴史の浅い国である。

 

アルメニア、イラン、トルコと

隣接している国だ。

 

 

公用語はアゼルバイジャン語だが、

日常的にロシア語も使用されている。

 

 

国の広さは日本の

北海道と同じくらいの面積である。

 

 

アゼルバイジャンへ移住する条件や、

ビザ取得の条件などは

他の国に比べると比較的簡単である。

 

 

現地で起業して居住権を取得する方法や、

預金や不動産を購入することで

取得可能な投資居住権制度もある。

 

比較的簡単なうえに、

早ければ一か月ほどで取得できるため

移住しやすい国ともいえるだろう。

 

 

配偶者や子供の居住権も比較的取得しやすい。

 

居住権を得て2年住み続けたのちに

永住権を得ることも可能である。

 

 

注意点としては、どの方法にしても

ある程度の資産は必要となってくる。

 

 

起業にも、不動産購入にも

一定額必要にはなってくるため、

計画的にすすめたいところである。

 

 

 

アゼルバイジャンに住んでも不安のない

安定収入を得る方法とは?

 

 

アゼルバイジャンに移住!デメリットや仕事など

 

アゼルバイジャンへ移住する

メリットの一つとして、

生活費が安く抑えられるということが挙げられる。

 

 

生活コストはアジア新興国並に安い。

 

生活費は東京の約三分の一と、

インドのデリーとほぼ同等である。

 

 

そのうえ首都バクーなどの街並みは

ヨーロッパのようで、

美しく綺麗に整備されている。

 

 

ソ連統治の時代がながかったため、

服装や建物などはロシアの文化に近いが

人種においてバラつきがある国である。

 

 

移住する人にとって安心なのは、

治安が良いということである。

 

この国において日本人はマイノリティーなので、

道を歩いていると物珍しい目で見られることも多い。

 

しかし、日本語学校などもあるので、

日本人にも身近に感じられるだろう。

 

 

そして、歴史が浅い国なので、

起業するビジネスチャンスが

転がっている国でもある。

 

海外で思い切った挑戦をしたい

という人にはうってつけの国である。

 

すでにある仕事に就くより

自分で仕事を見つけたいという人向きで、

この点においても移住する大きなメリットである。

 

 

ただ、アゼルバイジャンの気候は

夏は暑く冬は寒いというデメリットもある。

 

首都は風も強いため、

体感温度は気温よりも

寒いと感じることが多い。

 

 

治安が良いアゼルバイジャンだが、

隣国のアルメニアはそうではない。

 

アルメニアとの紛争や、

アゼルバイジャンの首都バクー内で

アルメニア移民の虐殺なども、この30年の間に起きている。

 

 

アゼルバイジャンに

観光や移住で行くにしても、

アルメニアの話題は避けたほうがいいだろう。

 

 

そして、歴史の浅い国なので、

先進国に比べると娯楽、エンターテイメントが

少ない印象を持つ人が多い。

 

移住者の中には休日など

そのうち退屈に感じる人も少なからずいる。

 

 

 

まとめ

 

ほとんど話題にのぼらない

アゼルバイジャンという国。

 

 

2019年にはサッカーの大会をしたり、

2025年の万博にも立候補しているという。

 

これから先どんどん

発展する可能性がある国だ。

 

 

居住権など今は簡単に取得できるので、

他国から起業家たちなどが移住してきている。

 

 

観光なども力を入れているので、

これから注目の国である。

 

発展したがゆえに、

今の治安の良さというメリットが

なくならないようにしてほしいと切に願う。

 

 

 

アゼルバイジャンに移住しようと計画しているのは、

自分と同じくロボコンが大好きな三沢くん(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ