スリランカに移住するには?移住生活や条件、生活費…50歳や55歳でも仕事はある?ビザのデメリットや移住人口が少ない理由をブログで…失敗したと後悔しないために


 

南アジアのインド洋に浮かぶ島国スリランカ。

 

古代の仏教遺跡や、自然豊かで美しいビーチや高地などで

観光地としても人気の場所だが・・・

移住の情報はあまり多くない。

 

 

そこでこの記事では、親日のスリランカに

移住する方法を考察してみる。

 

 

 

スリランカに移住するには?ビザの条件

 

急速な発展を遂げている

スリランカに移住するにはビザが必要だ。

 

 

2012年から、スリランカは

観光であってもビザが必要になった。

 

 

観光ビザ(ETA)は、

首都コロンボにある機関で受け付けており、

インターネットでも申請できる。

 

観光ビザは

スリランカに到着した日から30日、

6か月まで延長できる。

 

期間内なら2回入国することができる。

 

延長するには条件があり、

英語での面接もあるので注意したい。

 

 

配偶者ビザなども

随時発行されている。

 

 

スリランカ移住後の仕事は

 

・アーユルヴェーダ関係

・政府の仕事

日系企業の駐在

・ヨガインストラクター

・貿易関係

・観光業

 

などが主に挙げられる。

 

 

スリランカは基本的に給料は手渡し。

 

 

日本より給料の少ない傾向にあるが、

スリランカの物価が安いので

問題はないだろう。

 

スリランカでの仕事は、

大金を稼ぐよりも自分の経験値をあげるため、

と思うほうがいいだろう。

 

 

スリランカに移住する50歳から55歳は、

第二の仕事として赴く場合が多い。

 

第二の仕事の経験値を

高めるなどの目的を

持ったほうがいいだろう。

 

 

スリランカは日本人の移住人口が少ないので

海外慣れしていない人には不便が多いが、

日本人嫌いな日本人にはおすすめしたい。

 

 

 

スリランカに移住して生活費を抑えながら

日本円の安定収入を得る方法とは?

 

 

スリランカでの移住生活って?生活費やデメリットもブログで紹介

 

スリランカへの移住生活の

メリットやデメリットは

移住者のブログで見るとイメージしやすい。

 

 

スリランカは生活費がとても安い。

 

東京の約三分の一程度である。

 

公共の乗り物なども安く

バスも1回50円程度である。

 

 

しかし現地の日本食は4倍ほどの値段なので、

日本の調味料などは

日本からもっていくのがベストだろう。

 

 

食費に関しても

贅沢に外食をしたとしても、

大人2人分で月2万円もいかないことがほとんど。

 

 

スリランカは親日国なので

日本人は住みやすい。

 

スリランカのインフラ整備を日本が支援していたり、

使用されている車もトヨタやホンダが多いので、

日本人にリスペクトの心を持っている人が多い。

 

日本人と分かればフ

レンドリーに接してくれる人が多い。

 

 

スリランカの公用語はシンハラ語だが、

街のほとんどで英語が通じる。

 

移住者にとっては

住みやすい環境であると言える。

 

 

語学を学びたければ、

スリランカの語学学校もオススメである。

 

語学学校の学費が安価である。

 

例えば土日1日2時間程度の

カリキュラムでも

月額日本円で1000円ほどの学費である。

 

働きながらの学校通いも

やりやすいだろう。

 

 

仕事もワークライフバランスを

大事にする国民性なので、

残業もほとんどない。

 

交通機関も19~20時を過ぎると

少なくなるので必然的に

残業がしにくい風潮になっているのだ。

 

 

そして、スリランカの銀行は利子が高い。

 

口座を開き、

ある程度のお金を入れておくと

月々2~3万円増えるということもある。

 

 

仕事プラスこの方法で

貯蓄もできるシステムである。

 

 

デメリットは

時間にルーズな国民性である。

 

東南アジアの国々

特有なものでもある。

 

それゆえにバスなどの交通機関も

時間通りに来ないうえに、

車や電車もボロボロである。

 

信号もないので、

日本のように交通マナーはあまりない。

 

日本人にとっては

道路を横断するだけでも

初めは一苦労である。

 

 

インフラ関係でいうと、

電気が頻繁にとまってしまうことも

デメリットのひとつである。

 

 

週に1度ほど停電が起こるので、

不安は大きい。

 

 

スリランカ移住者の

ブログを紹介する。

 

https://srilankalife.net/

 

 

 

まとめ

 

近年、日本でも

アーユルヴェーダなど

人気が出てきている。

 

それに乗じて、それを学ぼうと

スリランカに語学とアーユルヴェーダの

両方を学ぶために留学に行く人も増えているという。

 

そのような目的があれば

移住もいいのではないか。

 

 

 

スリランカに住んでいるフィリピーナのセシル。

自分と同じくムカデが極度に嫌いな人だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ