ベトナム移住と貯金…移住の生活費は?老後と条件(移住条件)、デメリットは?移住するには…ビザや50歳の仕事など日本人の後悔とは


 

ベトナム移住と貯金についてよく聞かれるが・・・

そもそもベトナム人には外国人嫌いがいたり、

お金にがめつい人も。

 

あなたに合うかどうか、

本格的な移住前の体験移住をすすめたい。

 

 

長期滞在者によるベトナム移住の情報、

 

ベトナムに移住しても日本円の安定収入を得る
具体的な方法とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

物価が安いという魅力だけではなく、

比較的に治安が良いベトナム。

 

毎年多くの日本人が観光に訪れる

人気海外旅行先だが、移住となると

やはり話は別。

 

 

そこで今回は、

ベトナム移住の実際について紹介する。

 

 

 

ベトナム移住、貯金はどれくらい必要?移住後の生活費や税金など費用は

 

ベトナム移住をする場合、

最も気になるのは生活費や税金だろう。

 

 

ベトナムでの外食料金は

一食200円程度と破格の安さだ。

 

移動手段は

バイクかタクシーになるが

料金は往復100~150円程度。

 

 

とにかく物価が安く、

生活費でお金に困ることは

あまりないだろう。

 

 

日本の物価と比べると驚くほど安い。

 

ベトナムを魅力的に

感じる気持ちも大いに理解できる。

 

 

5万あれば生活費、食費は十分で

むしろ余ったお金を貯金できてしまう。

 

余ったお金で貯金をすれば

老後も暮らしていけるのではないかと

思う人も多いだろう。

 

 

税金制度も日本とは少し異なり、

個人所得税についても、

ベトナムは日本の地方税のようなものはない。

 

個人税は所得税のみとなっている。

 

 

 

ベトナムに移住するには?ビザの条件など日本人の移住条件

 

ベトナム移住をする際に

取得するビザは、

滞在期間によって異なる。

 

 

滞在期間が15日以内の場合は

原則としてビザは免除されている。

 

 

ベトナムに15日以内の旅行や

観光で行く日本人の場合は

ビザはいらないということだ。

 

 

ベトナムに移住するには

ロングステイ向けのビザが必要となってくる。

 

 

ベトナム移住を考える人の目的は

人それぞれ異なるだろう。

 

基本的に

就労ビザ、学生ビザ、観光ビザなど

移住する場合は移住条件の一つとなってくる。

 

 

ビザを発行するにあたって、

きちんと必要書類は準備しておこう。

 

 

ビザのルールや入国ルールは

頻繁に変わることもあるので

注意しておくべきだ。

 

 

移住を考える方は

直前に大使館などのホームページから

情報をチェックしておくことが重要だ。

 

 

 

ベトナムに移住して失敗し後悔?老後のデメリットは…

 

ベトナム移住は

決していいことばかりではない。

 

 

ベトナムは物価が安く、

食費や生活費が抑えられるのが

最大のメリットだ。

 

日本円で毎月10万円あれば

現地で優雅な生活を送ることだって可能だ。

 

ベトナムでプール付きの

豪華なマンションに住みたいと

考える方も多いだろう。

 

 

だが実際にベトナムへ移住した日本人には

移住を後悔する失敗談も多く耳にする。

 

 

まず老後の移住先として

ベトナムを考えている日本人が

注意すべきベトナム移住のデメリット。

 

年金生活者あるいは退職者向けの

リタイアメントビザがないことだ。

 

 

また、ベトナムは新興国の一つなので

将来がどうなるかは不透明である。

 

 

世界の経済事情に左右されるため、

物価の安さが今後も続くとは限らないのだ。

 

 

ベトナムだけでなく、アジアの国々は

どこも現地で働ける日本人を求めているため、

就職先には困らない。

 

 

しかし、老後働かずに

暮らすとなると話は変わってくる。

 

 

 

ベトナムに移住!50歳の仕事など準備は…ブログでチェック

 

日本で働く多くのサラリーマンは

正社員で働いて、安定した収入と

役職を得るのが当然だ。

 

 

安定した職業に就いて、

安定した収入を得るのが

働く日本人にとってステータスだ。

 

 

だが、ベトナムは

会社員と呼ばれる人が出てきたのも

ここ20年、30年である。

 

ベトナムにはステータスを

気にするという文化があまりない。

 

 

農業や漁業、タクシー運転手などの仕事をして

暮らしている人がいるし、向いている仕事を探して

職を転々としている人も珍しくないようだ。

 

 

50歳でベトナムへ移住して

仕事を探す場合も、特に事前の準備は

あまり必要ないと自分は考える。

 

 

念願のベトナム移住への

引っ越しの荷物だけを持ち、

現地で自分に合った仕事を探す形でも十分だ。

 

移住者のブログ

vietnamhoc88.com/vietnam-2-years/

 

 

 

まとめ…ベトナムは日本人が移住しやすい国

 

そんな日本人が住みやすい国である

ベトナムに移住を考える方も

多いのではないだろうか。

 

物価も安く、比較的治安も良いベトナムは

日本人が移住する海外としては

もってこいなのではと自分は考える。

 

 

自由で日本のような

「絶対にこうでなくてはならない」

と言ったルールもない。

 

 

日本は治安が良いとされている国だ。

 

治安についてギャップを感じる

国での移住はリスクがあり、

危険を感じることも多いだろう。

 

 

その点ベトナムは、治安も比較的良い。

 

 

アジア圏の中でも

日本人は住みやすいのではないだろうか。

 

 

ベトナムなら月10万円あれば

日本ではできないような

優雅な暮らしをすることができるだろう。

 

 

一つデメリットを挙げるとすれば、

年金生活者あるいは退職者向けの

リタイアメントビザがないことだ。

 

 

移住を決意する前にきちんと

仕事・税金などの予備知識を得ることは

どこの国に移住するとなっても大切なことだ。

 

 

ベトナムのハノイで部屋を使わせてくれたクィン。

一緒に食事をした彼女のパートナーも、自分と同じ

マザコンだった(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. さなえ より:

    毎月10万円あれば現地で優雅な生活を送ることができるのは、とても魅力的ですね!
    ベトナム料理はおいしいし、人も優しそう。
    社会主義国なのが気になりますが…。

  2. とも より:

    退職者向けのリタイアメントビザがないというのは痛いですね。
    老後にのんびりっていうわけにはいかないのか。。

  3. とし より:

    5年後にホーチミンに移住を考えています。ビザ等のアドバイスを御願いします。
    ホーチミン3区でサービスアパートメントを予定しています。

  4. 杏子 より:

    移住するのにやっぱり治安の良さはポイント高いですね。
    それと物価の安さ。
    ベトナムは食べものもおいしいし、国民性もよさそう。
    あと気になるのは医療環境です。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ