中国の就職率!就職事情(就職の人気と大卒の就職難、新卒の就職活動)や求人など…状況と原因のグラフ、給料について


 

中国での就職難問題は

ずっと昔から変わっていない。

 

なぜ、中国では

就職できない人が多いのか・・・

これは、あまり知られていない。

 

 

中国の就職事情を

まとめてみたら

リアルな現状が分かった。

 

中国の就職率や、

就職活動の現状について追ってみよう。

 

 

 

中国の就職で人気は?就職事情(状況と事情)について

 

中国の就職事情については、

毎年就職難という状況が続いている。

 

 

中国の大学卒業者は、

中国の大都市(北京、上海など)で

就職したいという人が多い。

 

都市部のみに

就職希望者が集中していることが、

就職難になっている原因だという。

 

 

中国で人気の職業は

 

・金融会社

・IT企業

・政府関係

 

これを見ると、日本と

人気職にそれほど大きな差は感じられない。

 

 

中国でも、

高収入かつ安定した仕事が

選ばれていると考えられる。

 

 

 

中国の就職率をグラフで!大学生(大卒)の就職率

 

中国の就職率の推移を

表したグラフを見てみる。

 

中国の就職率で新卒者が44.4%という、

日本ではありえないくらいの就職率の低さだ。

 

中国では就職出来ずに、

就職浪人をしてしまう人も少なくないという。

 

 

中国の就職率は

徐々に変化しつつある。

 

現在でも就職難の状況は

変わらない中国。

 

 

だが、

中国の就職率2019年度を見てみると

就職率の高さが上がってきている。

 

中国での就職率の男女比は、

女性が1に対し男性が1.05と、

男性のほうが多い傾向にある。

 

他国と比べてみても

差は一目同然で、

中国の男女比は多い。

 

 

中国の就職率は、

大学を卒業してから2017年度の統計で

 

・民間企業:60%

・国有企業:18%

・外資系企業:7%

 

 

中国での大卒者の就職率は

91.9%だと発表した。

 

 

中国の就職率は、

日本と比べて例年低い。

 

日本の大卒者の就職率は

98%に対し、中国では86%だ。

 

 

中国の学生達の就職率は

右肩上がりになりつつある。

 

だが、学生達のレベルも

上がってきていることから、

より競争率が高くなっている。

 

中国での就職難問題は変わらないようだ。

 

 

 

中国の大学生(大卒)は就職難?原因は?

 

中国の就職難と言われている理由は

 

・大学の定員を拡大した

・大学での教えの質が下がってしまった

・差別

・海外留学帰国者の増加

 

 

中国での就職難は

2019年には最も深刻となっていた。

 

 

新卒者の人数が

過去最高となったため、

求人倍率が最悪な状況だ。

 

 

中国の大学生の就職難は、

2019年に限らず続いているが、

2015年以来の求人倍率だという。

 

中国のこれから就職を考えている若者にとって、

就職難の状況はとても残酷なものである。

 

 

中国の就職難の現状を

どう考えていくべきか。

 

中国の就職難についての対策は、

大学の定員数を減らし、大学での勉学の向上など

質を高める必要があるだろう。

 

 

また、中国での

就職難と蟻族問題もある。

 

「蟻族」とは、

高学歴な経歴を持つけれど収入が少なく、

安定的な職を得られない大卒集団である。

 

 

中国は就職氷河期といわれている。

 

中国の就職難の現在は、

1990年に就職難となってから

変わっていないといえる。

 

 

中国は新型コロナウイルス流行により、

今までにはないくらいの就職難に直面している。

 

また、中国の就職難から

逃れるために留学する人も多いという。

 

過去の統計で2008年に

海外留学した人は約16万人だ。

 

 

中国の就職難は、

この先もっと深刻化していくだろう。

 

その中で海外留学をする人は、

さらに増えると予想される。

 

 

中国の就職難についての文献と

中国の就職難の書籍を調べると、

中国の就職難についてリアルな現状が分かる。

 

 

 

 

 

 

中国で就職、新卒の活動は?就職活動について紹介

 

中国の就職活動の特徴について。

 

中国での就職活動は

春と秋の2回就職するチャンスが訪れること。

 

 

中国の就職活動の違いは、

中国では新学期が始まるのが9月で卒業が6月。

 

そのため、

中国の就職活動をする時期が

日本と異なり、決まっていない。

 

 

中国の就職活動をする

新卒者の採用スタンスも日本と異なる。

 

・スキル重視

・実力主義

 

 

中国の就職活動の特徴は

採用基準のハードルが高い。

 

しっかりとキャリア形成できてなければ

就職できない新卒もザラ。

 

 

中国の就職活動をする際に受ける面接で、

私服で来る人もいるという。

 

日本では、就職試験を受ける時には

スーツが当たり前だが、中国の学生大半は

私服で受けにくるから驚きだ。

 

 

また、中国では

エントリーシートの提出などはない。

 

中国の就職活動は

コネで入社している人も多く、

中国での就職難問題は日本以上と言われている。

 

 

コネやお金がある人が有利となり、

コネやお金がない人は

就職出来ずに困っているのが現実だ。

 

 

 

中国で就職、日本人の求人!給料は?

 

中国で就職を考えているが、

日本人で働き口はあるのか気になる。

 

 

中国では、日系企業があり、

日本人向けの求人はたくさんある。

 

 

・中国系外資系企業

・IT業界

・日本語教師

・料理人

 

これらが比較的日本人向けの

中国の求人だ。

 

現地で正社員になれるチャンスもある。

 

 

中国で就職を考えているなら

中国の求人情報を調べてみるといい。

 

 

中国で就職したら

給料はいくらなのか。

 

中国の平均月収や年収は、

日本と比べて半分以下と安い。

 

職業によっても大きく違ってくるが、

平均年収は70万だと言われている。

 

 

海外に強い転職サポート「JACリクルートメント

 

 

 

まとめ。中国は就職希望者集中による就職難が問題に

 

中国の大学卒業者は、

中国の大都市(北京、上海など)で

就職したいという人が多い。

 

就職希望者が

集中していることが原因で、

就職難が問題となっている。

 

 

就職したいと思う人は、

中国の大都市にこだわっている事から

倍率が例年急増しているという。

 

 

中国での人気の職業は

 

・金融会社

・IT企業

・政府

 

上記のように安定した、

高収入の職業を希望する人が多いのだ。

 

 

新型コロナウイルスが流行り、

今までにないくらいの不況にたたされ、

ますます就職難問題が強くなっている。

 

また、採用基準のハードルが高く、

就職できない人もたくさんいる。

 

 

中国は就職活動を

する時期が日本とは異なる。

 

中国では春と秋に、

就職が出来るチャンスが回ってくるという。

 

 

しかし、中国で就職するのは、

日本で就職するより難しいということだけは分かる。

 

 

大連に住む移住仲間の薬丸。

自分と同じく洋版プレイボーイで育った男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ