モンゴルの女性名!性格は?かわいい顔?女性歌手の名前や美人、女性の日、民族衣装など服装、タイプと髪型について


 

モンゴルは

日本とも馴染みが深い国。

 

相撲界にはモンゴル出身の力士、

朝青龍や白鵬がいるが・・・

現地の女性のことは、あまり知られていない。

 

 

そこで、この記事では

モンゴルの女性について

詳しく紹介しよう。

 

 

 

モンゴル人女性の顔の特徴!かわいい?美人?

 

国土の8割ほどが草原。

 

モンゴル人=遊牧民という

イメージが強い人も多いだろう。

 

モンゴルの首都

ウランバートルなどには、

実が美人が多い。

 

 

モンゴルに

美人やかわいい人がたくさんいる理由は、

遊牧民・放牧民が多いからである。

 

 

遊牧民…家畜を連れて移動する

放牧民…家畜を移動させないで一定の場所で育てる

 

 

モンゴルは遊牧民の割合がとても高い。

 

定住することなく

生活を送ってきたことで、

独自の文化が作り上げられてきた。

 

 

家畜を連れている

遊牧民同士が接する機会は少ない。

 

他人に入り込んでいくことは

あまりない、個人主義者である。

 

 

遊牧民をしてきた人は

美人が多いと言われている。

 

様々な人種同士が結婚し、

中国とロシアとのハーフなど、

混血は美人が生まれやすい。

 

 

美女の基準となるモンゴルの女性のタイプは、

作り込まれた美しさよりも、

素材のナチュラルさを活かしたメイク。

 

痩せすぎておらず、

ほどよく健康的な肉体である。

 

 

モンゴル人女性の顔の特徴は、

大きな目とすらっと通った鼻すじ。

 

はっきりとした顔立ちの美人が多い。

 

アジア人の血が混ざっているので、

西洋人ほどの濃い顔立ちではないが、

アジア圏では濃い顔の部類だろう。

 

 

モンゴルの女性の髪型は、

艶やかな黒髪の

ストレートロングが浸透している。

 

だが、最近では

ショートヘアの女性も増えてきている。

 

 

 

モンゴルの女性、性格はわがまま?脈ありのサインやベッドなど…モンゴル女性の本音

 

モンゴル女性は家族が大好き。

 

特に母親を愛し、

大切にする傾向がある。

 

年長者を敬う文化もある。

 

 

しかし、お酒や金銭面のわがままが原因で

家族喧嘩になることも多く、

警察沙汰になってしまうこともある。

 

 

モンゴル女性は見栄っ張りで、

負けず嫌いという性格でもある。

 

 

日本人であれば揉め事が起きても、

相手が謝ってきたり、

ある程度お互いが譲歩すれば収束する。

 

しかしモンゴル人は、

完全に相手に勝利するまでは容赦せず、

とことん叩きのめす弱肉強食の精神がある。

 

 

またマイペースで、

時間を気にすることなく行動する。

 

悪く言えば時間にルーズである。

 

 

これは、定住地を持たず

遊牧民として生活していることが

関係している。

 

細かく時間指定をして、

相手と待ち合わせるといった習慣がない。

 

時間を気にする感覚を

持ち合わせていないのだ。

 

 

負けず嫌いで気性が荒い面はあるが、

モンゴル女性は基本的には温厚で

おおらかな性格である。

 

勝ち負けに執着しているからこそ、

無駄な争いを起こすことなない。

 

その後根に持ったり、

いつまでも小さいことを

気にしたりはしない。

 

 

モンゴル女性の恋愛観についてだが、

モンゴル女性は鍛えられた

ぽっちゃり男性が大好きだ。

 

たとえイケメンであっても、

痩せていたら男としては対象外となる。

 

 

人見知りな所があるモンゴル女性は、

自分から積極的に会話をしたり

アプローチをすることが苦手な人も多い。

 

モンゴル女性の方から

積極的にアプローチしてきたら、

脈ありの可能性は高いだろう。

 

 

モンゴル女性は

ベッドでの相性も大事にしている。

 

遊牧民族特有の文化もあるだろうが、

近くに人がいても

構わずセックスできてしまう。

 

 

しかし、生涯で1人だけを

愛することができればいいという

健気さも持ち合わせていて、浮気にはとても厳しい。

 

 

 

 

 

 

モンゴルの女性名…名前の特徴は?

 

モンゴルでは

名前の付け方の特徴に歴史がある。

 

 

モンゴル人には元々、

氏(ファミリーネーム)がなかった。

 

16世紀後半から

チベット語で命名する習慣が普及。

 

 

20世紀に入ってから、

モンゴル人はロシア・モンゴル国・中国の

3ヵ国へと居住を分断した。

 

そしてそれぞれに性、

家族名にあたる呼称の習慣を

独自に確立していった。

 

 

個人名の一部、もしくは全体に

チベット語を使う習慣も根付いている。

 

 

ロシア領

 

父の名を家族名とし、

父称を使用したロシア式習慣を追加

 

 

モンゴル国

 

父の名(状況によっては母の名)を

家族名の代わりとして使用する習慣

 

 

中国領

 

家族同士では民族名を使用する一方で、

公的な場面では中国姓・中国名を使用

 

 

モンゴル国における例を、

元横綱朝青龍と

その兄弟の名前で見てみよう。

 

「ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ(朝青龍)」

「ドルゴルスレンギーン・スミヤバザル」

「ドルゴルスレンギーン・セルジブデ」

 

「ドルゴルスレン」が父の名。

 

「ギーン」が

「ドルゴルスレンの息子~」を表す。

 

ダグワドルジ、スミヤバザル、セルジブデが

それぞれ本人達の固有の名となる。

 

 

ただし、日本相撲協会のプロフィール上などでは

「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」と

「ギーン」が省略されていることが多い。

 

こうした形の省略は、

他のモンゴル人力士にも

同じように見られる。

 

 

モンゴルの女性の場合は、

花、葉、太陽、光、星、月、飾りなどを

用いた名前がよく付けられる。

 

・ツェツェグ(花)

 

・ナランツェツェグ(太陽の花/ひまわり)

 

・ムンフツェツェグ(永遠の花/エーデルワイス)

 

・サラントヤ(月の光)

 

・トヤー(輝き)

 

・ゲレル(光)

 

 

 

モンゴルの女性歌手!女性の歌手の他に女性の日、民族衣装も紹介

 

モンゴルの女性歌手には、

日本の紅白歌合戦に

出場したオユンナがいる。

 

2ndシングル「Yes,Happy」が、

カネボウ化粧品の

イメージソングに起用された。

 

 

紅白に出場したことで

天使の歌声と評判になり、

モンゴルブームが巻き起こった。

 

音楽活動以外でも「オユンナ基金」という、

モンゴルの子供達を支援する活動も行っている。

 

 

毎年3月8日は

「国際女性デー」という記念日。

 

モンゴルでは

女性の日を祝日としている。

 

 

前日の7日に記念として、

各企業はパーティーを催し、

8日は家族・親戚・友人と共に祝う。

 

イベント会場やコンサート会場は客で溢れ、

花を買い求める男性も

街中のあちこちで見られる。

 

 

モンゴルの女性の服装で

代表的なものは、

デールという民族衣装だ。

 

モンゴルの自然や遊牧生活、

昔からの伝統の特徴が大きく反映された、

丈の長い上着である。

 

年齢・性別・部族などにより

細かい部分が異なっており、

デールはおよそ400種類以上もある。

 

 

デールには、ゴタルという

先が反り返った膝丈ほどのブーツを合わせる。

 

女性の場合はさらに

飾り紐のついた丸い帽子を被っている。

 

 

 

まとめ。遊牧民であるモンゴル女性は意外にも日本人男性好き

 

モンゴルの女性は、

遊牧民族特有の生き様が

特徴や傾向に大きく反映されている。

 

日本人の常識は

通用しないことが多そうだ。

 

 

しかし日本人男性が好みという

モンゴル女性も多いとのこと。

 

 

習慣も文化もまるで違う

モンゴル女性とは、

意外と相性が良いのではないだろうか。

 

 

ちなみに、モンゴル女性が

太っていればいるほど、

それはセックスアピールの表れとのことだ。

 

 

初めて付き合ったモンゴル女性のナナ。

自分と同じロボコンファンだったことに驚いた(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ