ヨーロッパで移住しやすい国は?現実や50歳の仕事のおすすめ、ビザで失敗して後悔しないためにデメリットや方法をブログで紹介!


 

ヨーロッパへの移住を考えている人もいるが、

実際に移住する際にどの国が移住しやすいのか、

ビザなどでどういう手続きが必要なのか・・・

 

このように知らないことも多いのでは?

 

 

そこで今回はヨーロッパの

移住しやすい国や、手続きについて紹介する。

 

 

 

老後に海外移住…ヨーロッパで移住しやすい国のおすすめをランキングで

 

 

老後に海外移住…

ヨーロッパで移住しやすい国のおすすめを

ランキングでヨーロッパへの移住を老後にしようと考えている人もいるだろう。

 

 

そんなヨーロッパ移住のおすすめ地域の条件としては

 

まずは物価が安い国であること。

ヨーロッパというと北欧を中心に物価が高いイメージがあるが

実はそうでもなく、移住候補となる国がまだまだ。

 

特に東ヨーロッパにその傾向が見られる。

 

 

次に、冬が厳しすぎないこと。

 

 

最後に英語が通じやすいこと。

 

ヨーロッパでもフランスのように英語が通じづらい国と、

英語が公用語の国はもちろん、観光客に慣れていて英語が通じやすい国がある。

 

 

語学に堪能でない限り、

やはり日本人が慣れている英語が普通に使われている場所が生活しやすい。

 

 

また、ヨーロッパへの移住では

サッカーを理由にするのもおすすめだ。

 

ヨーロッパではサッカーが盛んであり、

好きなチームがあるのであればそのチームがある地域への移住もいい。

 

自分自身もそうだったが、

やはり何か興味があるものがあれば学びやすく溶け込みやすいのだ。

 

 

これらの条件を踏まえてみていくと

「ヨーロッパ移住に失敗しないために!おすすめの国は?」

のランキングにもある1位のポーランドや2位のチェコが特におすすめだ。

 

ポーランドでは英語が通じにくいという欠点はあるものの物価は安く

ポーランドの生活費は東京の6割くらいで済む。

 

 

チェコの場合は外食にもそれほどお金がかからず、

安く生活ができるというメリットが大きいが、

それだけでなくチェコの街並みは見飽きることがないほど美しい。

 

ヨーロッパ移住に失敗しないために!おすすめの国は? 

 

 

 

海外移住の費用などヨーロッパへの移住の現実…失敗したと後悔しないために費用や仕事について知っておこう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、実際にヨーロッパへ移住した際に

後悔しないようにはどうすればいいのか。

 

 

また、移住したあとの仕事はどうするべきか。

 

現地の仕事で見つけやすいのは、

やはり日本人だからこそできる和食店や、

日本人観光客が多い国なら観光業などだ。

 

料理職人や観光関係などの資格があれば、

就労ビザをとるときや職探しなどがスムーズにいくかもしれない。

 

 

仕事によっては資格だけではなく

現地語や英語ができることも必要になってくる。

目的を持ってきちんと準備しておくことが大切だ。

 

 

また、ヨーロッパへ移住した感想として多いのは

日本人としてよりもアジア人としてみられることがあることだ。

 

親日国であれば別だが、

現実として特に中国人に間違われることも多く

 

日本人として差別されることもあるが、

中国人扱いを受ける差別もある。

日本でも日本人がアジアやアフリカ人を差別的に見るのと同じようなことだ。

 

 

他にも、その国の言葉がわからなければ

生活していくうえで切符を買い間違えるなどの失敗をすることも多くなる。

 

今は翻訳機もあるのでそれでいいという人もいるだろうが、

やはり移住先の国の言葉を知っておくほうがいい。

 

そんな注意点もあるヨーロッパ移住だが、

移住の費用はどの程度かかるのか。

 

国により異なるが、例えばオランダであれば

物価は高いが、移住する際の費用は4500ユーロが入った銀行口座とビザ申請料、

引越しの費用等があれば移住可能だ。

 

 

 

ヨーロッパに住んでも不安のない

安定収入を得るには?

 

 

ヨーロッパに移住する方法!ビザの条件などをブログでチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパへの移住が簡単にできるところはあるのか、

移住の条件やビザ取得などの方法はどうなのか。

 

 

その一つとして選択肢になるのが

ノルウェーのスヴァールバル諸島だ。

 

夏は白夜の日があれば、冬には逆に一日中暗い日もあるが、

現地で仕事と居住が確保できるという条件を満たせば

ビザなしで移住することができる。

 

 

一方、チェコの場合は先に入国し現地で事業をすればよく、

1年更新の個人事業主としてのビザで滞在し、

5年経過すれば永住権を取ることができる。

 

 

ヨーロッパへ移住する日本人は多いが、

実際にどのように申請をすればいいのかは体験談を見聞きするのが一番だ。

 

「憧れのヨーロッパ移住を実現!ドイツ永住権の取得体験から伝えたいこと」

では、ドイツへの移住申請をする際の顛末が書かれている。

 

国により実際の手順は異なるが、

申請の進め方を含め移住を考えている人には参考になる。

憧れのヨーロッパ移住を実現!ドイツ永住権の取得体験から伝えたいこと

 

 

 

まとめ…しっかりと長所と短所を把握してから移住しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパへの移住は憧れでもある。

そのヨーロッパの中でも日本人が過ごしやすい国もあるが、

国により手続きは異なってくる。

 

実際に移住した時に後悔しないためにも、

しっかりした準備をしてから移住しよう。

 

 

 

ガツンとヨーロッパに移住したのは、

自分と同じ太った猫好きの永井(笑)。

 

今はギリシャでのんびり暮らしている。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは5件です

  1. まや より:

    ヨーロッパの冬は本当に厳しそうですよね。考えただけで凍りつきそうです!笑
    移住の申請の料金が安くても、物価が高いとそこから生活していくのは難しそうですね(T_T)

  2. パッタイ より:

    海外移住を考えていても、面倒くさがりの私は
    ビザやら何やらの手続きを調べているうちにイヤになってしまいそう(笑)

    スヴァールバル諸島、初めて聞く地名です。
    ググったらすごくきれいな所!こんなところに住めたらステキですね!

  3. さら より:

    danさんがおっしゃる通り、ヨーロッパへの移住はかなり憧れです。
    でも厳しい面がたくさんありそうですね。。

  4. さなえ より:

    ヨーロッパ移住と聞くとイギリスかフランスと思ってしまうけど
    おすすめはポーランドやチェコなんですね。意外です。
    私はヨーロッパに移住するならイタリアと決めています。
    イタリアはおすすめランキング何位くらいですか?

  5. あん より:

    移住への手続きが容易でも、住み続けるのが難しいと本末転倒ですよね。
    ヨーロッパへの移住はアジアよりも格段に厳しそうです。。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ