ギリシャに移住、条件をブログで紹介!ビザの方法や医療費、日本人のサントリーニ島やミコノス島への移住のデメリット、50歳の仕事…失敗したと後悔しないために


 

ギリシャに移住を考えた場合、

まず必要となることはなにか・・・

 

日本から遠いヨーロッパだけに、なかなかイメージがしづらい。

 

 

そこで今回は、

ギリシャへの移住の条件や、

デメリットなどを紹介しよう。

 

 

 

ギリシャに移住する条件は?40代など仕事はどうする?

 

様々な島国から成り立つ

ギリシャ共和国とは、

南ヨーロッパに位置している。

 

首都はアテネであり、

エーゲ海やイオニア海、

地中海に囲まれている。

 

 

観光地としても

非常に人気があり、

日本人からも人気だ。

 

 

地中海の温暖な気温に、

きれいな海。

 

そしてヨーロッパの

町並みなどが思い浮かべられる。

 

 

そんなギリシャに

移住を考えている人も

少なくはない。

 

 

このギリシャに

移住する際にビザはどうなるのか。

 

 

実はギリシャは、

ヨーロッパの中でも

永住権を取得しやすい国である。

 

ノービザで90日の

滞在が許されている。

 

 

そして、条件を満たせば

更に90日の延長が認められるのだ。

 

 

ギリシャへの移住方法として、

まずは就労ビザ取得がおすすめである。

 

観光ビザを使い

仕事を探すことも可能ではある。

 

 

注意点として、

外国人従業員は、

全従業員の10分の1以下しか雇用できない。

 

この条件は非常にハードルが高く、

外国人の雇用もEU諸国が優先なのだ。

 

 

つまり、現地に趣き

日本人が仕事を探すと言うのは

なかなか難しい。

 

 

地元の知り合いがいて、

コネをきかせてもらうことができればいい。

 

だが、日経の企業が

多く存在する地ではないため、

仕事探しはなかなかハードだ。

 

 

しかしながら、

観光地と言うのもポイントである。

 

観光業が盛んな欧州では、

観光業へ携わる仕事などが

おすすめだ。

 

 

とはいえ、経済が崩壊してしまって以降、

優秀なギリシャ人ですら

職を失っているのが現実なのだ。

 

 

ちなみに、

投資ビザと言うものもあるので、

老後を検討するならこちらだろう。

 

25万ユーロ以上の

不動産購入をすると、

住居権・永住権が与えられる。

 

そして、不動産を15年間保持すれば、

居住の有無に関わらず

永住権申請ができるようになる優れものだ。

 

 

 

 

 

 

ギリシャに移住した人のブログ!デメリットもチェック

 

ギリシャ移住で

気になるのは医療費である。

 

 

生活費は他のヨーロッパ諸国

(イタリアやフランスなど)に比べ

安く魅力的だ。

 

 

そしてギリシャの医療面では、

国民皆保険制度というものがある。

 

基本的には、

ギリシャ居住者に対し、無料で

公的医療が提供されるというので驚きだ。

 

これは全ての

ギリシャ住居者を対象としている。

 

 

日本の医療費は安い方ではあるが、

こうしたフォロー体制のある国は、

定年後の移住などに当然好かれる。

 

 

エーゲ海に浮かぶ

ギリシャのサントリーニ島。

 

ここは、白い町並みが並ぶ

日本人に人気の移住先だ。

 

治安がよく

観光客も落ち着いた層が多く、

安全面ではギリシャで上位に食い込む。

 

 

また、ギリシャでは

ミコノス島も移住先として治安がいい。

 

バチカンの聖地とも

呼ばれる島である。

 

しかしその分観光客が非常に多く、

他国の観光客とのトラブルは

注意しなければならない。

 

 

ゆっくりとした

移住生活を送るのであれば、

都心部より断然島がおすすめだ。

 

 

観光客が好むきれいな町並みにの地には、

それ相応のデメリットが

あることも忘れてはならない。

 

 

最後に、

実際ギリシャへ日本から移住した人の

ブログもチェックして欲しい。

 

 

移住者のブログ

 

 

 

まとめ。魅力的な移住候補地だが就職は困難

 

ギリシャの島国などは、

テレビの旅番組で見る

優雅なイメージが強い。

 

 

青い海と白い街並みの

サントリーニ島は、

憧れの対象だ。

 

あんな美しい光景のもとで

生活できるなど夢のようである。

 

 

そのくせ、ヨーロッパのなかで

比較的生活費を抑えられることも魅力だ。

 

 

個人的にはとても

魅力的な移住先ではある。

 

だが、何分仕事を見つけることが

困難であることは間違いない。

 

 

コネがあれば

なにも心配ないのだろう。

 

だが、都合よく

ギリシャ人の知り合いがいるだろうか。

 

 

お金持ちなら未だしも、

計画なしに行く移住先ではない。

 

 

しかし観光での滞在が許されているため、

気になる人は短い滞在からをお勧めする。

 

少し長くいてみなければ、

旅行だけではわからないことも多い。

 

移住を決めてから

困ることがないよう、

事前にチェックしておこう。

 

 

アテネに心底惚れ込んでいる結城。

自分と同じく洋版プレイボーイですくすく育った男だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ