スリランカの男性のスカートは?恋愛のアプローチや性格、流行の巻きスカートと男性衣装(民族衣装)など


 

グローバル化が進み、

海外にある程度詳しい人が増えている。

 

 

しかし、インドの南東にあり、

日本と同じ島国であるスリランカ。

 

この国の男性について

詳しく知っている人は

あまりいないに違いない。

 

 

スリランカの男性は

民族衣装としてロングスカートのような

腰布を着用しているのが特徴だ。

 

 

今回は、スリランカ男性の

性格や民族衣装について考察してみる。

 

 

 

スリランカの男性の性格!恋愛すると?

 

スリランカの男性の名前は

基本的に名前→姓の順である。

 

父の名前で姓を表すこともあり、

ミドルネームを用いる人もいる。

 

 

また、

スリランカ人のラストネームは

異様に長いことが多い。

 

 

スリランカでは子供が誕生すると

生年月日や時間、出生場所などを

占い師に渡す。

 

名前を付けるにあたって

適した文字を占ってもらい、

そこから名前を付けるのである。

 

 

スリランカの男性は、

イケメンで顔が濃く小さい人が多い。

 

実際自分があったことがある

スリランカ男性も顔が小さくイケメンで、

うらやましい限りだった(笑)。

 

 

スリランカ人の男性の性格は

非常にフレンドリーであり、

いい人が多い。

 

その一方でプライドが高く、

見栄っ張りなところがある。

 

 

また、スリランカは

識字率が90%以上という

非常に高い水準にあり賢い。

 

なので、教育熱心という良い面もある。

 

だが、ずる賢く嘘をついたり

人をだましたりすることもうまいので

注意が必要だ。

 

 

スリランカの恋愛は、

基本的に結婚前提。

 

お見合い結婚が非常に多い。

 

スリランカはまだ恋愛を

自由に楽しむことができるような環境ではなく、

一時的な恋愛はタブー視されている。

 

そのため、日本に来ている

スリランカの男性は日本人の女性に対して

しつこくアプローチをかける。

 

 

そういったことを分かったうえで、

日本人の女性はスリランカの男性と

付き合っていくべきである。

 

 

 

 

 

 

スリランカの男性のスカートは民族衣装?

 

スリランカでは男性衣装として

ロングスカートを着用することが多い。

 

これはスリランカの男性の

民族衣装である「サロン」と呼ばれる

腰布のようなものである。

 

スリランカの男性は

このスカートを着用して

普段過ごしている。

 

 

現在、スリランカの都市部においては

普通の洋服を着るようになってきている。

 

この「サロン」は

ローカルエリアに行くほど

よく見られる。

 

 

大統領選など公式な出来事の時も、

シャツとあわせて

「サロン」を着用する。

 

スーツやジャケットに比べて

ずっと楽なファッションだ。

 

 

スリランカは熱帯地域で

暑い日が多い。

 

「サロン」は暑さに適応した

涼しい衣装なので、現在でも

年配の方を中心に着用している人も多い。

 

 

その日の気温や

仕事などに合わせて

スカートの丈を調整している。

 

 

この巻きスカートは

見た目から想像する以上に

着方が難しい。

 

 

子供のころは両親に

「サロン」を着るのを手伝ってもらい、

着方を覚えていくのだ。

 

そうして「サロン」の着方を覚え、

折り目の付け方などで

独自の着こなしにすることが多い。

 

 

近年は、若者を中心に

洋服を着ている人が増えていることも

たしかである。

 

だが、スリランカの男性の中でも、

スカートの柄には流行がある。

 

スリランカの大学生の中で

チェック柄の「サロン」を

着用することも流行だ。

 

 

スリランカの男性が

スカートを着用する伝統は、

確かに受け継がれている。

 

 

 

まとめ。スリランカの男性には注意が必要

 

スリランカの男性は

ずる賢いという印象はぬぐえない。

 

しかし、フレンドリーで

子供の面倒見もいい。

 

 

国民性を知った上で、

スリランカの男性の文化なども知っていくと、

面白い面も見られる。

 

そういった知識を知っていれば、

スリランカを訪れたりすると

学びや発見がより広がっていくと言える。

 

外国人と接することや、

旅行することの面白みも

大きくなっていくに違いない。

 

 

コロンボにしばらく滞在していた、フィリピーナのセシル。

自分と同じく、日本のカツ丼にとにかく目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ