インドネシアの就職率!就職事情(就職の現地採用や日本人の活動)…新卒の事情は?高卒の就職先(ホテルなど)、就職難など就職状況


 

インドネシアは

日本人に人気のある国の一つである。

 

多くの島がある島国である。

 

 

インドネシアという国名で

聞くことは少ないだろう。

 

バリやジャカルタと

耳にすることが多いのではないか。

 

 

バリ島は人気なリゾート地で、

大学生の卒業旅行にも人気である。

 

AKB48グループのJKT48が

拠点を置いているのがジャカルタである。

 

 

日本ともなじみ深い国である。

 

インドネシアで仕事してみたいと

考えているあなたに現地での就職、

日本人の就職について説明していく。

 

 

インドネシアの就職率と就職!活動の事情など就職事情

 

インドネシアで

生活をしている日本人は

約19,000人いる。

 

日系企業も

1,000以上の企業がある。

 

 

インドネシアでの就職状況は

2つのタイプがある。

 

 

日本で就職をして務めていたが、

インドネシアへ

海外転勤・派遣された「海外駐在」。

 

インドネシア現地で

採用される「現地採用」だ。

 

 

インドネシアでの

就職先は多くある。

 

職種でいうと、

通訳、翻訳から営業、

飲食店やホテルなどがある。

 

 

飲食店では、

日本料理店などは人気がある。

 

料理の腕前があれば、

一から店を作り上げることも可能だ。

 

 

インドネシアは就職難なのか。

 

結論からいうと、

就職することは難しくない。

 

 

しかし、安易な気持ちで

できるものでもない。

 

どこで就職するにしても、

簡単なことはないことを

わかっておく事が大事である。

 

 

就職率からみると、

かなり高い割合で就職できている。

 

しかし、日本とは違う

就職活動の形である。

 

 

日本の大学生の場合だと、

就職活動をしながら学校に行き、

卒業後すぐに働き始める人が多い。

 

しかし、インドネシアだと、

大学を卒業後そこから就職活動をはじめ、

半年ほどかけて仕事が始まることが多い。

 

 

日本のような就職サイトはなく、

紹介が主流となっている。

 

 

さらに就職事情は日本とは違い、

学校に誰でもが行けるわけじゃない。

 

小学校をも卒業せずに

働いている場合もある。

 

大学までの進学率は低く、

30%ほどしかない。

 

 

その中で就職する際には、

コネとカネも多く関わっている。

 

成績が優秀でも、

それらがないため

良い会社に就けないことがある。

 

反対に成績はそれほど良くないが、

コネとカネでいい企業に就く事もあり、

決して平等とは呼べない状況である。

 

 

 

 

 

 

インドネシアで就職!日本人の新卒の現地採用は?

 

インドネシアで就職し、

ホテルで働くことはできるのか。

 

 

ホテルスタッフの需要は

世界各国でも多い。

 

ホテルスタッフとして

海外で働きたいと思う人は多くいる。

 

 

仕事内容としては、

フロントスタッフや

調理場などが多い傾向だ。

 

給料は高いわけではないが、

インドネシアで暮らすには

問題ない程度はもらえる。

 

10万円から20万円の間が

相場だと思っていい。

 

 

日本人の新卒の現地採用が

気になっているのではないかと思う。

 

日本とは就職活動の方法が違うことは

頭においておくといい。

 

 

まず、インドネシアで

新卒で働こうと思うなら、

現地にいる日本人に頼ることがベスト。

 

それには、自分で行動するしかない。

 

 

なかなかインドネシアに

知り合いが最初からいる人はいない。

 

しかし本気で現地採用を狙うのであれば、

自分を売り込み紹介してもらうのが一番早く、

いい方法である。

 

積極的に話しかけてみるといい。

 

 

今の時代、SNSも普及している。

 

方法は探せばいくらでもある。

 

 

インドネシアで就職を

高卒でしたいと考えているのであれば、

もう一度考えを確認することが大事である。

 

それは半端な気持ちでは

続かないからである。

 

 

ただぼんやりと

海外で働きたいという理由では厳しい。

 

 

高校生で実家をでて

生活をしたことのある人は

少ないだろう。

 

海外で暮らすのは

決して簡単ではない。

 

 

求められる英語のレベルは、

ビジネスレベルだと思っていい。

 

よほどの自信があるなら

挑戦するのも良いが、

レベルアップしてからでも遅くはない。

 

 

さらに現在では大学に行き、

長期の海外留学する人も増えてきた。

 

休学などを使い様々な国に行き、

自分の視野を広げる時間に使ってみるのも

選択肢の一つにある。

 

 

まとめ。最後に

 

インドネシアに行き、働きたい。

 

確かに、インドネシアは

たくさんの島があり、

それぞれの良さがある。

 

だから色々な島に行き、

魅力を自分の肌で

体感してもらいたい。

 

 

ホテルで働くのに

特別な資格はない。

 

が、ホテルビジネス実務検定、

ホテル実務技能認定試験、

レストランサービス技能検定というものがある。

 

それを勉強し、

資格をもっておくのも良い。

 

 

これはインドネシアに限らずだが、

海外で生活する自分から伝えると、

海外で暮らしたいなら英語は必須だ。

 

多くの国でそれぞれの言語があるなか、

英語は使える国も多い。

 

 

さらにキャリアアップし、

国際会議に参加をしたいのであれば、

英語は使えないといけない。

 

いきなり話せるわけではないが、

今からでも遅くない。

 

海外で仕事をしたいなら

早速勉強をスタートだ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ