ドイツの就職事情!就職する日本人の就職率や就職活動、求人は?事情(活動する年齢やネージェント、ITのエンジニア)…大卒の就職と就職率など


 

それぞれの国によって

就職事情は異なる。

 

当然、日本の就職活動とドイツの就職活動は違うが、

身近に経験者がいないと、実態がよく分からない。

 

 

そこで、この記事ではドイツでの就職について紹介。

 

 

ドイツで働きたいと思っている日本人は

ドイツで働くことができるのか。

 

ドイツの就職事情について追っていく。

 

 

 

ドイツの就職…大卒の就職率は?活動(就職活動)など事情(就職事情)

 

ドイツの就職活動事情は、

日本と違い就職活動という期間はない。

 

日本では

大学に通っている間に就職活動をするが、

ドイツでは就職活動というのはない。

 

 

就職活動期間はないが、

ドイツでは例年夏(8月~9月)と、

冬(11月~12月)以外はいつでも入社出来る。

 

 

夏は長期休みに入るため

面接を行っていない企業ばかり。

 

冬は毎年最も忙しい時期なため、

面接を基本的に行わない。

 

 

また、ドイツでは

就職するにあたって

学歴は関係ない。

 

いい大学を出たからといって、

就職に有利になるとは限らないのだ。

 

学歴を重視される国よりも

働きやすい環境だという事が分かる。

 

 

ドイツの就職活動の特徴は、

上記でも説明したように

学歴はあまり関係しない。

 

しかし、即戦力が求められる。

 

 

ドイツの大学では

インターンを6週間必修としている。

 

就職する際に、

実務経験がとても重要なのだ。

 

 

日本の企業は、就職してから

会社で人を育てていくというスタイルだが、

外国ではそういった考えはない。

 

 

面接時も日本とは違い、

堅苦しい感じはない。

 

企業の人事部の人と

話をする感じに近い。

 

 

面接時に緊張することなく、

リラックスが出来る感覚というのが

日本との圧倒的差なのだ。

 

ドイツの大学に通いながら

勤めたいと思う就職先を決める。

 

 

就職するために

ハードスキル(プログラムの知識など)と

ソフトスキル(交渉力など)は身につけておいた方が良い。

 

 

ドイツで就職するにあたって

文系の職種は少ない。

 

ドイツでは経済学部のような

理系の職種が強みである。

 

 

文系が得意という人は

なかなか専門分野が見つからない

というケースも普通である。

 

 

ドイツの就職事情転職については、

とても難しいことだという。

 

 

ドイツの就職事情は、

地元の人でさえも

転職出来た人は少ない。

 

ドイツ移民の就職率と

ドイツ難民の就職率の違いについて。

 

ドイツ移民と難民の就職率が

約13%しかいないという。

 

 

働くといいう目的以外で

ドイツに来た人が多いことから

働く態勢が十分でないのだ。

 

ドイツに来た人のほとんどが

ドイツ語を話せないことも要因だという。

 

 

 

ドイツで就職!日本人の求人は?ITのエンジニアで就職

 

ドイツで就職するための方法は、

まず始めに日本商工会議所を利用し、

情報誌で下調べすることだ。

 

求人内容もたくさんあり、

日本商工会議所でプロフィールを

登録するだけでオファーがくるケースも。

 

 

ドイツの求人情報誌には

日本語で書かれているのもある。

 

仕事について

調べやすくなっている。

 

 

また、ドイツで就職を決めたなら、

英語を話せるように

英語能力を高める必要がある。

 

ドイツ語が話せたら一番有利だが、

ドイツ語が苦手な人は英語能力を高めよう。

 

 

特に日系企業で

求められるのは英語能力。

 

ドイツ語よりも

英語が必須となっている企業が

ほとんどだ。

 

 

ドイツで就職した

日本人女性を見てみると、

ほとんどの人が化粧をしていない事に気づく。

 

 

日本では仕事をする時、

女性は化粧をするのがマナーとされている。

 

一方のドイツでは

メイクをするという事が

特別だという考えである。

 

そのため、化粧せずに

働いている女性が多いのだ。

 

 

また、ドイツで就職するのに

日系企業という職種がある。

 

日系企業に就職するのには

少しハードルが高いが、

日系企業はたくさんの求人を募集している。

 

 

日本人も多く、ドイツ語が話せなくても

英語や日本語が話せれば

就職できるという企業もあるという。

 

 

しかし、ドイツにきた日本人は

日系企業で働く事を求めるので倍率が上がり、

経験や資格を持っている人が優先に合格していく。

 

 

ドイツでのITエンジニアは

求人募集をしても人手不足なのが現状だ。

 

そのため求人を

ずっと募集し続けているという。

 

 

IT企業に就職するのに有利なのは

 

・英語またはドイツ語で日常会話が出来る

・IT企業で3年以上働いていた事がある

 

企業によっては、

ドイツ語に自信がなくても

就職できるところもある。

 

 

 

 

 

 

ドイツで就職、年齢やビザは?エージェントも紹介

 

ドイツで就職すると決めたら

見てほしい求人サイトは

 

・リクルートエージェント

・JAC Recruitment(JACリクルートメント

・Spring転職エージェント

 

上記の3つのサイトは

信用できるサイトだから

ぜひ活用してほしい。

 

 

ドイツで就職活動するにあたって

ビザはどのように発行するのか知りたいところ。

 

ドイツで就職活動をする前提で必要な事は

 

・住居を決める

・ビザの選定

・必要書類確認

 

 

ビザにも種類があり、

順を追って説明していく。

 

 

ワーキングホリデー・ビザ

 

・日本国籍であること

・18歳以上であり、申請時に31歳になっていない

・親族は同行できない。

 

上記の内容を満たしていれば

誰でも申請する事が出来る。

 

 

配偶者ビザ

 

ドイツ人の配偶者がいる場合は、

配偶者ビザでの滞在が可能だ。

 

配偶者ビザを所持していれば、

仕事の許可が得られる。

 

 

学生ビザ、語学研修ビザ

 

ドイツに語学留学を目的とする場合、

学生ビザ、語学研修ビザが得られる。

 

ワーキングホリデー・ビザと比べ、

滞在期間が学校を卒業するまでと

決められている。

 

労働許可証はないため

ドイツで就職するには厳しい。

 

 

ビザを申請するのに

年齢が指定されているのは

ワーキングホリデー・ビザのみである。

 

 

ドイツで就職経験のある人の

ブログを探してみた。

 

日本の中小企業で働いていたが、

会社を辞めドイツで

働く事を決意したという。

 

 

ドイツで働いて感じた事は、

労働環境が日本に比べて良く、

残業などなく毎日定時で帰れる。

 

 

ドイツの勤務時間は法律で

1日10時間と決められている。

 

日本と比べて

仕事詰めにならないということが

メリットだという。

 

 

日本は、残業手当は出るけれど

休みにくい環境が多い。

 

そういったことでは

ドイツの労働環境は魅力的だ。

 

 

 

まとめ。ドイツで就職するには即戦力になるかが重要

 

日本とドイツでの

就職事情の違いについて分かった。

 

 

ドイツは就職するにあたって

学歴などは重視していなく、

即戦力が求められるのだ。

 

そのため、ドイツでは

大学などで就職する前に

インターンを6週間必修している。

 

 

また、ドイツでは

就職活動期間というのはない。

 

夏と冬以外は

いつでも面接が受けられるというのが

日本との大きな違いだ。

 

 

ドイツで就職することを考えるのなら

 

・リクルートエージェント

・JAC Recruitment(JACリクルートメント

・Spring転職エージェント

 

 

上記の求人サイトを

登録しておくことをオススメとする。

 

 

ドイツで就職するのなら、

ハードスキルとソフトスキルは

身につけておいた方が良い。

 

 

また、ドイツ語が出来なくても

英語が出来れば就職が有利になる。

 

英語能力を高めておくことが重要だ。

 

 

ベルリンに物件を購入し、移住した月野。

自分と同じく救いようのないマザコン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ