インド移住のデメリット!独身女性の海外移住、生活費やビザをブログで紹介…年間に必要なもの、50歳の仕事など。親日?失敗したと後悔しないために


 

近年急激に発展を遂げているインド。

ここで移住生活を送るとしたらデメリットも多そうだ。

 

 

例えば、自炊力が必要なのか気になる。

 

外食は高価なものが多いインドでは、

自炊で生活費を削減するのが吉。

 

 

また、インドには日系企業が多数。

インドでも、仕事はきちんと見つかる。

 

 

安全で快適な生活の方法を知れば

移住生活を何倍も楽しいものにできる。

 

今回は、インド移住に必要な生活費や、

仕事について紹介しよう。

 

 

 

インド移住のデメリットは?ビザやブログについて

 

では、インド移住に絶対に必要な

『ビザ』の情報を公開。

 

 

ビザの種類に応じた仕事や、

デメリットを紹介。

 

 

インドの日本人ビザには、

観光ビザ、就労ビザなど、全17種類あり、

渡航目的に合ったビザを取得することができる。

 

 

仕事をする日本人向けに、

商用ビザ、会議ビザ(国際会議への参加)、

ジャーナリストビザなどがある。

 

より快適に仕事ができるよう、

十分なサポート体制が整ったビザといえる。

 

参照:https://visa-apply.jp/india/

 

 

日本人の多くが利用するのが就労ビザ

 

就労ビザを取得するのなら、

仕事もしてみたい。

 

 

就労ビザを取得して働く場合、

最低賃金が25,000USドルと決められており、

インドで生活するのには十分な所得が得られる。

 

 

日本人が好む仕事として、

日系企業が挙げられる。

 

近年日系企業のインド進出が進んでおり、

特に、製造業や商社が人気となっている。

 

 

50歳の自分はインドの文化に触れたいので、

インドの食材を使用している製造業を

ぜひともやってみたい。

 

 

ただ、インド移住の年間のデメリットとして、

働くとなると、日本人は現地の人よりも出費が多い。

 

 

例えば、日本人は

公共交通機関での出勤が

禁止されている企業が多い。

 

そのため、専属の運転手を

付けないといけない(月に1~2万ルピー)。

 

 

日本人が住むアパートの最低家賃相場は、

月に10万ルピー(約15万円)と高い、といった具合だ。

 

 

安全に生活するためには必要な出費なので、

念頭に置いておくとよい。

 

 

参照: https://sekai-ju.com/life/ind/life/india-necessities/

 

 

 

インドに移住して生活費を抑えながら

日本円の安定収入を得るには?

 

 

独身女性の海外移住…インドに移住、日本人の女性も可能?生活費を紹介

 

さて、インドへの移住と聞いて、

まず気になるのが治安。

 

 

安全な場所で生活できるのか。

 

安全な場所での生活は、

生活費が高くつくのか。

 

 

インド移住経験のある

ブロガーの記事も参考にしながら考えていく。

 

 

インドは、非常に貧富の差が激しい

 

地域ごとに、かなり治安が違う。

 

 

そして、どの地域でも、

突然襲われることはないにしろ、

ひったくりやスリは当たり前にある。

 

 

しかし、インド移住の経験をもつ日本人ブロガーは、

インド人は『日本人とわかると驚くほど好意的な態度をとる』

ことが多いと述べている。

 

インド移住には、

親日のインド人と親しくなるのも

良いかもしれない。

 

引用:https://tabizine.jp/2018/09/04/201208/#i-4

 

 

独身女性でも、

安全な範囲で行動すれば

快適に生活できる。

 

 

ただし、インドに移住する独身女性は、

声をかけれらても

「いいえ」と答える強い気持ちが必要。

 

 

また、夜に女性一人で出歩くのは絶対に厳禁。

 

 

特に、値段交渉の必要な

タクシーなどの乗り物には、

一人で乗らないようにする必要がある。

 

安全に生活するためにも、

現地でガイドをつけるのも一つの手だ。

 

 

では、生活費はどうなのか。

 

インドで1人暮らしすると、

ひと月の生活費は、

48,470ルピー(約8万円)。

 

 

インドでの月収(税金除く)は、

約10~12万ルピーなので、

生活費を除いても十分生活していける。

 

参照:https://sekai-ju.com/life/ind/life/india-cost/

 

 

しかし、屋台など外食をすると

食費がかなりかかってしまうので、

注意が必要となる。

 

自分は日々の自炊が苦手なタイプだが、

頑張ってみようと感じた。

 

 

多少高価でも信頼感のあるものを選ぶことが、

安全かつ快適に生活するポイントと言えるだろう。

 

 

 

まとめ…インド移住を安全で快適なものにするには?後悔しないためにできること

 

ここまで、インド移住について考えてきた。

 

インドは、親日国家である一方で、

スリや万引きなどが絶えない国というのが現状。

 

 

生活する場所は、

あらかじめよく調べて行き、

現地でも再確認することが大切。

 

 

また、快適に生活するには、

多少高価になるのは

避けられないことを覚えておきたい。

 

 

インド移住に後悔しないように、

インドの文化や地域ごとの特性を

ぜひ調べてみるといいだろう。

 

 

インドに移住した元仕事仲間のやっさん。

自分と同じ元神経質なのに(笑)、見事に適応している。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ