エストニアに移住!条件や50歳の仕事、方法とビザのデメリットについて。移住教育とエストニア移住の問題…失敗したと後悔しないために


 

IT先進国エストニア移住において、

日本人にも仕事が見つかるのか?

そもそもビザも出るのかも気になる。

 

 

そこでこの記事では、エストニア移住について紹介。

 

起業が条件のビザ、日本人特有の移住条件や

移住教育の実際問題、言葉や文化の違いによるデメリット等

について考察する。

 

 

 

エストニアに移住!ビザの条件は…方法を紹介

 

エストニア移住における問題には何があるか。

 

 

言葉の問題として、

仕事においては、英語で問題ない。

 

だが、年代によっては

英語を話す事ができないので、

エストニア語とロシア語を覚えるのが必須である。

 

日常生活においても、買い物で

英語が伝わらない事もあるからだ。

 

 

エストニアでは移住をしない観光では、

90日間ビザが必要なく生活できる。

 

ただ、移住の条件となると、

まず一時居住許可を得る必要がある。

 

居住許可を得るにはいくつかの種類があるが、

独身で移住となると、エストニアで仕事を得て、

居住許可を得るのが取りやすいのだ。

 

この移住許可を得て2年程してから

永住権を得るためのエストニア語の

試験等を受ける形になる。

 

 

他の移住方法としては、

IT起業家限定の

スタートアップビザという方法もある。

 

これであれば、いきなり

5年住めるビザを得る事もできるのだ。

 

 

このスタートアップビザの注意点は、

IT企業かつ、設立10年以内で

評価額10億ドル以上を目指す会社でなければならない。

 

 

 

エストニアに移住、仕事はどうする?日本人も可能?

 

エストニアにおいて、

子供への移住教育はどうか。

 

現在独身の自分も

将来的に結婚し

子供を持つ事もあるからだ。

 

 

現地の学校はエストニア語での授業になるので、

言語を覚えるまでは

インターナショナルスクールが妥当だ。

 

 

IT先進国であるため、

これからの時代は間違いなく

日本より国際的に通用する教育を得る事ができる。

 

 

治安においては、中心地であれば、

置き引きの警戒がないくらい治安が良いので

子供がいても安心だ。

 

 

 

エストニアに移住して

日本語だけで安定収入を得るには?

 

 

 

仕事においては、

ITエンジニアの仕事が多々ある。

 

しかし、エストニア語が必要とされる事が多いので、

エストニア語をマスターするか、英語のみで大丈夫な

IT系の仕事を探すのが良い。

 

 

起業を目標としての日本人は、

現在敬遠されがちという問題点がある。

 

見学や、表向きの挨拶程度の表敬訪問は、

エストニアの方にとって迷惑になるからだ。

 

 

言葉はロシア語も覚える事ができれば理想だが、

基本の英語、そしてエストニア語をマスターできれば、

エストニア移住できるといっても過言ではない。

 

 

IT先進国エストニア移住においてデメリットもある。

 

もし夫婦で移住する場合、

日本のように扶養手当がつかず、

健康保険代がかかる点である。

 

 

起業する場合には、

エストニアの税制を

理解し直さないといけない点がある。

 

例えば月次の決算を行わなかったために、

罰金が請求される事もあるのだ。

 

 

冬が苦手なら、寒い日が続くので、

これも天候におけるデメリットとなる。

 

 

あとは、主にロシア情勢に

気を付けておかなければいけないという、

情勢不安定な部分もデメリットだ。

 

 

 

まとめ

 

IT先進国エストニア移住。

 

買い物において電子化が進んでいたり、

物価の安さ、治安の良さなど、

日本人が移住するメリットが注目されがちだ。

 

 

ただ、移住条件としてのビザ取得のための起業は、

IT起業限定などの注意点もある。

 

教育について、エストニア移住教育なら

言葉の問題があるのだ。

 

 

エストニアで移住する上で、

失敗したと思わないようにするためには、

エストニア語とエストニア税制をマスターする必要があるだろう。

 

 

 

エストニアに移住して現地を楽しんでいるのは、

自分と同じピータン好きの移住仲間モリオくん(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ