パラオ移住のデメリット!移住の条件や仕事のデメリット…パラオに移住、生活費や移住条件、50歳の仕事は?生活の費用で失敗したと後悔しないために


 

日本では観光地として

人気があるパラオ。

 

 

そんなパラオに

 

「観光だけじゃ物足りない」

「移住をしてみたい」

 

といった人もいるが、具体的な情報が多くはない。

 

 

そこで今回は、パラオに移住するために

必要な情報を伝える。

 

デメリットなども参考にして、

パラオの移住生活をぜひ検討してみてほしい。

 

 

 

パラオ移住して仕事!移住のデメリットは?

 

パラオに移住して、

どんな仕事があるのかも

心配点のひとつである。

 

 

特に、一般的に就職しづらい年齢層の

50代にはどんな仕事かあるのか。

 

 

パラオは日本で人気の観光地なので、

日本からの観光客が多い。

 

これは現地に住む

日本人にとってはメリットである。

 

パラオに訪れる日本人向けとして、

ツアーガイドや通訳、ホテルスタッフ

といった仕事がたくさんあるのだ。

 

 

このような職種であれば、

たとえ50代でも

仕事を探すことは可能だ。

 

現地の地理や歴史に

詳しい人であれば尚更である。

 

 

パラオ人とパートナーを組んで

自分で開業することも可能だ。

 

ただし、デメリットとして、

観光業は現地日本人に

人気の業種のため競合が多い。

 

似たような業者がたくさんある中で

勝ち残っていくのは大変である。

 

 

 

パラオに移住、ビザの条件などパラオ移住の移住条件は?

 

まずはパラオへの移住条件として、

ビザの取得方法を確認しよう。

 

 

パラオに移住するための

ビザの種類として考えられるのは、

主に以下の2つである。

 

 

・就労ビザ

・配偶者ビザ

 

 

まず就労ビザについて説明する。

 

就労ビザを取得する場合、

入国前に手続きをする必要がある。

 

ただし、駐日パラオ大使館では

ビザの発行手続きは行っていないので、

パラオ国内で手続きする必要がある。

 

代理人の申請も受け付けているので、

現地に知り合いがいるなら

依頼するという手もある。

 

 

現地で開業を

考えている場合は注意が必要だ。

 

 

パラオでは外国人名義での

開業が許可されていないので、

日本人名義では開業することができない。

 

もし開業をするのであれば、

パラオ人とパートナーを組んで、

相手の名義で申請しなければならない。

 

 

次は配偶者ビザについて説明する。

 

配偶者ビザはその名の通り、

パラオ人と結婚する場合に

取得できるものである。

 

パラオ人と入籍手続き後、

健康診断書と無犯罪証明書を移民局に提出。

 

日本に配偶者ビザを送ってもらい、

そのビザを持って再度

パラオに入国する必要がある。

 

注意点として、離婚してしまうと

配偶者ビザも無効となってしまう。

 

 

以上の条件を満たせば、

パラオ移住資格を得ることができる。

 

 

 

パラオに住んでも不安のない

安定収入を得るには?

 

 

パラオに移住して生活…費用はどれくらい?生活費をブログでチェック

 

パラオに移住した場合、

夫婦で生活費はどれほどになるのか。

 

 

子持ちでパラオに移住すると、

子連れ家族の生活費がいくらになるのか、

気になるところだ。

 

 

実際に現地で生活をするのに

かかる費用を考えていく。

 

 

まず前提として、

パラオの物価は

日本とさほど変わりがない。

 

 

南国のリゾート地と聞くと、

日本より物価が安いイメージを

持っている人が多い。

 

しかし、パラオは島国なので、

食品や生活必需品の多くを輸入品に頼っている。

 

海外に移住して、

生活費を安く抑えようと思っている人には、

あまりお勧めの国とは言えない。

 

 

また、

パラオは観光地として栄えている国なので、

レストランや土産物店は比較的高額である。

 

買い物をする際は気をつけないと、

下手をすると日本にいるときより

生活費が上がる。

 

 

実際にパラオに移住する際に

必要となる費用がわかりやすいよう、

現地で生活をする移住者のブログを紹介する。

 

ぜひ参考にしてほしい。

 

 

【パラオ共和国の特派員ブログ】

 

 

 

まとめ

 

いかがだっただろうか。

 

 

パラオに移住する

メリットはたくさんある。

 

最大の魅力は美しい自然。

 

パラオは海に囲まれた島国であり、

美しいビーチでゆったりとした

時間を過ごすことができる。

 

 

日本で忙しない生活を送っている人は、

パラオに行けば美しい自然に

癒されることは間違いない。

 

 

パラオは親日国だ。

 

現地に移住した際に地元の人々から

受け入れてもらいやすいので、

比較的移住しやすい国とも言える。

 

 

今回はパラオに移住するための条件、

現地での生活費、仕事の内容について見てきた。

 

 

パラオに移住するには

もちろんメリット、デメリット

さまざまある。

 

 

パラオは日本の真南に位置する国なので、

日本とほとんど時差がない。

 

これは大きなメリットのひとつだ。

 

日本とパラオを行き来する際に

時差ボケに悩まされず、

日本に連絡する際も時差を気にする必要もない。

 

 

金銭面で移住するメリットが

ある国とは言えないが、その他の面では

魅力がたくさんある国だ。

 

 

海外でのリゾート生活を

日常のものにしたい人は、

ぜひ一度パラオへの移住を検討してみてほしい。

 

 

パラオに移住を考えているのは、

自分と同じ太った日本猫好きの大野(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. るまんど より:

    ダイバーの憧れのパラオだから、移住したいと思っている人は多そう。
    でも、パラオの物価が日本と変わらないとはビックリ!
    たしかに生活物資を輸入に頼っているのだから当たり前ですね。

  2. とも より:

    物価は日本とあまり変わらないんですか。
    時差もほとんどないというのもびっくりです!
    親日は嬉しいですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ