シンガポールの駐在妻、強制送還に!主婦の絵日記(駐在妻のブログ)、シンガポールに移住した人のブログ…シンガポールに住む際の仕事について


 

シンガポールの駐在妻が強制送還に・・・

穏やかでない話題だが、理由は現地での仕事

 

 

長期滞在者によるシンガポール情報、

シンガポールに住んでも入り続ける安定収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

シンガポールは観光としても人気の国である。

 

最近は日系の企業なども

進出しており、

経済発展も目覚ましい。

 

 

シンガポールに移住した駐在妻と

強制送還について紹介する。

 

 

 

シンガポールの駐在妻が強制送還?シンガポール駐在妻は暇?家(コンドミニアム)の様子など

 

海外に移住する理由として、

自分が好きな国へ移住する場合や、

現地の人と結婚して結婚生活を相手の国で過ごす場合。

 

仕事で移住や、配偶者の仕事関係に

ついて来て移住する場合がある。

 

 

シンガポールは比較的

外国からの人たちに

移住先として人気の国である。

 

 

物価も日本より少し安く、

家も豪華にできる。

 

ほとんどがコンドミニアムを

借りて暮らしている。

 

 

駐在してる家庭では、

メイドを雇うことも珍しくない。

 

家事全般を行ってくれるので

専業主婦の駐在妻は

少し暇を持て余すことになる。

 

 

そのため暇な時間を利用して

仕事をしたいと考える駐在妻も多い。

 

 

シンガポールで仕事をするなら

審査など基本厳しい。

 

しかし駐在妻という立場であれば、

比較的審査は簡単に

クリアできる場合が多い。

 

 

しかし、うっかりミスなどで

決められている事などが守られない場合は

強制送還されるなんてこともある。

 

仕事をするならしっかりと

条件などは確認しておきたい。

 

 

 

主婦の絵日記などシンガポールに駐在・移住した人のブログ!駐在妻の生活などお役立ちのブログ

 

配偶者の転勤などで

シンガポールに移住することに

なったらとても心細いだろう。

 

海外旅行は行っても、

住んだことはないという人が

ほとんどである。

 

 

現地では駐在妻コミュニティも

あったりもするので、

そこに顔を出すといいだろう。

 

 

行くまでの間、現地での生活や過ごし方の

イメージがわかないという人は、現地で暮らす人や

同じ駐在妻のブログなどを参考にするといいだろう。

 

シンガポールなら「主婦の絵日記」

というブログもおすすめである。

 

 

シンガポールでの暮らし方や、

1人で散歩やランチなどの

生活お役立ち情報が満載である。

 

同じ主婦目線であるという

ところも共感できるだろう。

 

 

シンガポール移住後の生活がイメージしやすく、

良い点や悪い点も分かりやすいので、

日本で準備できることも多い。

 

観光ブログもはじめは楽しいかもしれないが、

生活密着形のブログも併せて読んだ方が

移住が楽しみになるだろう。

 

 

 

シンガポールに住むには仕事(職業)は?就労ビザ、夫が海外赴任(転勤)の妻の仕事について

 

外国人から人気の都市である

シンガポールに住むには、

様々な方法がある。

 

就業ビザなどで留学する方法や、

就労ビザをとり、シンガポールで

仕事をするという方法だ。

 

 

既婚者の場合だと夫が海外赴任で、

赴任先がシンガポールである

という方法などが多い。

 

 

シンガポールは日本人にとても人気の

移住先として知られている。

 

 

大手の日系のスーパーもたくさんあり、

日本食も手に入りやすいうえに、

現地のローカルフードも日本人の口にあいやすい。

 

夫が海外赴任になった専業主婦なら

喜んでついていくだろう。

 

 

共働きの場合、日本とシンガポール別々に暮らすか、

妻の仕事は休職または退職して

ついていくというどちらか二択になるだろう。

 

キャリア志向の女性であれば、

シンガポールに行ってから

仕事をするという人も多い。

 

 

駐在妻という立場だと、

就労ビザを取るよりも働きやすい。

 

様々な制限や規約はあるものの、

しっかりと守ればシンガポールに行ってから

働くことも可能である。

 

 

 

シンガポールのクラークキーに移住?バリ島とシンガポールのクラーク・キー、夜遊びなら?在住や移住の費用、起業など

 

シンガポールに移住している

人の中には起業家と呼ばれる人もいる。

 

自ら起業し、その拠点をシンガポールに

構えているというものである。

 

 

シンガポールは前述している通り、

日本人に好まれやすい国である。

 

ほどよく都会で物価も安い。

 

 

移住すればメイドを雇って

時間の余裕もできる。

 

 

インターナショナルスクールの

レベルも高いので、

子供の教育も安心である。

 

 

シンガポールに飽きたら

3~4時間飛行機に乗れば

バリ島も近い。

 

バリリゾートに遊びにいくのもいいだろう。

 

 

シンガポールでの夜遊びだとクラークキーである。

 

クラークキーはシンガポール川沿いにある繁華街で、

夕方の景色や夜景がとても綺麗である。

 

 

十分に夜遊びができる場所である。

 

 

このクラークキーに移住するなら、

移住費用は他よりも少しかかる。

 

繁華街なので少し家賃など高めの設定なのと、

ついつい遊びに出てしまうので

生活費がかさんでしまう傾向にある。

 

 

 

番外編1:三重の主婦(子連れ)が仕事!夜の風俗は高額で暇?英語での主婦のブログなど仕事について

 

昨今では子連れの主婦も

働きに出ることが多くなっている。

 

離婚しシングルマザーとなった人や、

そもそも未婚の母も多い。

 

 

主婦の間でひそかに人気が

高くなっている仕事がある。

 

夜の仕事、つまりは風俗である。

 

 

東京でも風俗で働く主婦は多いが、

三重などの地方でも多くなっている。

 

他のパートなどに比べると

高額の収入があり、

時間も多少融通が利くためである。

 

 

特に三重などはそもそもの

人口も少ないため、

仕事内容も暇なところが多い。

 

東京などと比べると報酬は下がるが、

地方の中では高額に変わりない。

 

 

他にも知識を活用した仕事もある。

 

 

英語が得意な主婦などは

それを生かせることが多い。

 

英語のブログなどを書いて、

英語学習の役立ちブログなどを書いて、

それを仕事にしている人もいる。

 

 

ブログなら隙間時間でできるので人気である。

 

 

 

番外編2:マレーシアやフィリピンの就労ビザ、フィリピン生活(駐在)主婦のブログ

 

シンガポールと同様にマレーシアや

フィリピンにも日系の企業が

多く進出している。

 

経済発展もめざましい。

 

 

マレーシアやフィリピンは

観光地としても人気である。

 

物価の安さから、移住先としても人気だ。

 

 

夫が海外赴任になり、

それにともなって駐在する

駐在妻も多い。

 

 

現地での生活など心配なことも多いが、

それなりにうまく生活できる。

 

 

「南国むすめのマレーシア駐在ブログ☆」など、

駐在妻のブログなどを参考にすると、

移住後の生活もイメージしやすいだろう。

 

 

マレーシアは就労ビザは6種類ほどある。

 

移住するためにはそこらへんも

よく調べておくといいだろう。

 

 

駐在妻を対象とした就労ビザもあるため、

現地で暇を持て余すのであれば

仕事を探すことも可能である。

 

四年制大学を卒業しており、社会人経験3年以上、

25歳以上などの条件があるが、

クリアしやすい規定なので就労ビザはとりやすい。

 

 

 

番外編3:魅力ある美しい女性を目指すブログ、物価(アイルランド)や北センチネル島の現在

 

巷では、自己啓発のような

魅力ある美しい女性を目指す

ブログなどが多くなっている。

 

見た目を磨くことが前まで主流であったが、

最近では見た目とともに中身も

磨くことを指南されているものが多い。

 

 

自分らしさを大事にする風潮である。

 

 

ヨーロッパはアジアに比べると物価は高い。

 

なかでもアイルランドの物価は

それなりに高いので、旅行に行くにも

それなりのお金を用意しなければならない。

 

 

北センチネル島は

インドの東に浮かぶ島国である。

 

ここには地球上でもっとも孤立している

センチネル族がいる島である。

 

 

外部からの侵入者を許さず、

島に近づこうものなら

弓矢が飛んでくるほどだ。

 

 

それは一昔の話などではなく、現在もである。

 

なので渡航しようとする人はほとんどいない。

 

 

 

まとめ。シンガポールの駐在妻の強制送還について

 

夫の海外赴任についていき、

駐在妻となるのに憧れる人は多いだろう。

 

行く前に現地の人などの

話をきいたりブログをみたり。

 

情報収集はとても大事だ。

 

 

シンガポールのクラークキーでよく遊んだ梁田。

自分と同じく強めの天パに悩む男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ