スウェーデンに移住、デメリットは?移住するには…条件と方法をブログで紹介。移住したいなら看護師など50歳でも仕事や年金が必須?失敗したと後悔しないために


 

北欧スウェーデンへの移住に憧れる人が多いが・・・

想像以上に厳しい冬物価の高さは小さくないデメリットだ。

 

 

スウェーデン移住のより詳しい情報、

 

スウェーデンに移住しても尽きない
オンラインの安定収入を得るには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

北欧の国、スウェーデンに移住したい人が増えているが

どのようなデメリットがあるのか、あまり見えてこない。

 

また、スウェーデンに移住するための

条件や方法にはどんなものがあるのか。

 

 

スウェーデンへの移住についてみていこう。

 

 

 

スウェーデンに移住したい!移住するには?条件と方法

 

スウェーデンに移住したいなら、

まず調べるのはその方法だ。

 

 

スウェーデンに移住するには、

日本人の場合はビザを取得する必要がある

 

このときには就労ビザを

申請することになる。

 

 

スウェーデン人と結婚して

スウェーデンに移住した日本人もいる。

 

このような場合は配偶者ビザが発行され、

スウェーデンに住むことができるようになる。

 

 

永住権取得のハードルは低いほうだ。

 

永住権取得の条件は

就労ビザ等を取得して、スウェーデンに

合法的に4年以上住むこと。

 

 

また、スウェーデンは

シェンゲン協定の範囲内である。

 

抜け道的な考えとして、

シェンゲン圏にある他のヨーロッパの国で

ビザを取得して移住するものだ。

 

これはEUであれば

国境でのチェックもないので可能となるのだ。

 

 

注意点としては、

スウェーデンのビザでないと

医療費がかかることだ。

 

 

他にも、移住する際の注意点は物価が高いこと。

 

これは他の北欧の国も同じだが、

それだけ費用もかかるのだ。

 

 

 

スウェーデンに移住、仕事は?看護師の需要はある?

 

スウェーデン移住した

日本人のなかにはイラストレーターもいる。

 

この人の場合、スウェーデン人と事実婚し

スウェーデンに移住したために、

居住ビザを取得することができたのだ。

 

 

では、実際にスウェーデン移住した

日本人の就職はイラスト以外でもあるのか。

 

 

スウェーデンでの就職活動のやり方は

日本の就職活動とは異なっている。

 

 

日本の就職活動のように

総合求人サイトや

エージェントを活用するのではない。

 

 

興味を持った会社に求人が確認できなくとも

履歴書を持参したり

メールで送ることが一般的だ。

 

 

そんな環境の中で、スウェーデン移住した

日本人の就職先はイラストなどのデザイン系や

ライターなどの仕事が就きやすい。

 

 

他にもスウェーデンに進出している日本企業であれば

ストックホルム日本商工会のサイトで確認できるので、

連絡してみるのもひとつだ。

 

 

また、スウェーデンでは

看護師の仕事もある。

 

こう聞けばスウェーデンで

看護師として働くことも選択肢になる。

 

 

しかし、日本で看護師免許を取得しても

スウェーデン語の試験などの条件をクリアしなければ、

スウェーデンですぐに働けるわけでない。

 

スウェーデンに移住し看護師として働きたいなら、

スウェーデンの大学で看護師免許を

取得するほうが近道ではあるのだ。

 

 

 

スウェーデンに移住するデメリット!年金についてもブログでチェック

 

スウェーデンに移住する日本人は、

まず何を準備する必要があるのか。

 

 

例えば91日以上の留学で、

スウェーデンの居住許可を得るには、

残高証明を英文で大使館に提出しなければいけない。

 

銀行に日本語で申請しても

英文で発行してくれるうえ、

申請するにはその書類で効果がある。

 

 

ただし、この場合、

通常の申請よりも手間がかかるので

余裕を持って申請しないといけない。

 

 

スウェーデン移住のデメリットは何か。

 

日本人の場合は

ビザが必要になることだ。

 

 

加えてスウェーデンは

日本より物価が高い。

 

 

スウェーデンで年金を受け取るためには

3年の社会保険料の支払いが必要になってくる。

 

 

ビザによっては

医療費もタダになるが、

多くの費用がかかってくるのだ。

 

 

デメリットもあるスウェーデン移住だが、

ツイッターで「スウェーデン移住」という

ハッシュタグでつぶやいている日本人が多くいる。

 

 

また、移住の中には

「スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ」

として発信している人もいる。

 

 

移住を考えているのであれば、

一度見るといい。

 

【スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ】

 

 

 

まとめ…移住するには仕事や費用などでハードルがあり、準備が必要

 

スウェーデンに移住するには、

ビザを取得したり、

残高証明を提出するなどハードルがある。

 

 

日本と違う方法で仕事を探すなど、

勝手が違ってくる。

 

 

スウェーデンへの移住をするなら、

言葉の勉強やビザなどの

準備をしたうえでするようにしよう。

 

 

スウェーデンに住んで現地の生活を楽しんでいるのは、

自分と同じく霊感もないのに生まれ変わりを信じる武元(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. きよ より:

    看護師って色んな医療用語もあるから、外国で働くのは大変そうなイメージでした!
    ただ大学で看護師免許を取るとなると時間もかかりそうですね。

  2. ふじなな より:

    スウェーデン移住ブログを見ましたが、なかなかお金がかかりますね。
    よほど収入のよい仕事を見つけるか、どうしてもの理由がないかぎり、
    難しそうに感じます。

  3. えねいぶる より:

    「シェンゲン協定」初めて聞きました。EU内なら他の国のビザでも有効となるのですか。
    抜け道的だけど合法の方法があるのですね。勉強になります。
    でもスウェーデンへの移住はさまざまなことでハードル高そう。
    とてもチャレンジする気にはなれません。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ