台湾の就職率!就職事情(新卒の就職難や就職活動)と日本人の活動など事情…エージェントならパソナ?高卒の就職先など


 

日本から近く、

旅行に行く人も多い台湾。

 

台湾で就職して、

旅行だけで発見できない新しい魅力を探したい・・・

 

そう思って就職を目指す日本人も多いが、

適当な情報も多い。

 

 

そこで今回は、台湾での

就職についてまとめてみた。

 

日本と台湾、

就職ではどのような違いがあるのだろうか。

 

 

 

台湾の就職率…就職と新卒、就職難?

 

台湾では就職において

高卒の人たちはどれくらいの給料を

もらえるのだろうか。

 

 

台湾は、

 

・日本でいう高校にあたる高級中學

・日本で言う高専に近い高級職業学校

 

の2種類に分けられる。

 

 

また、台湾政府の統計データによると、

高校卒業後の進学率は94.75%。

 

高卒の人が非常に

少ないことがうかがえる。

 

少ないながらも存在する

高卒の初任給は平均23,380元。

 

 

では、台湾の人気の就職先は

どのようなものであるのだろうか。

 

ランキングで見てみると

以下のようになった。

 

 

台湾の新卒者に人気がある職種トップ3

 

1位:人事行政(事務)

2位:業務貿易・販売サービス

3位:マーケティング・企画

 

引用:台湾の平均年収と平均月収はいくら?【最新】統計情報を基に検証

 

 

事務やマーケティングが人気で

日本と人気職種が

似通っていることがわかる。

 

「台湾の大卒は就職が難しい」

「日本より厳しいと思っている」

 

という台湾の大学生の声が上がっている。

 

就職率があまり良くないのだろう。

 

現地の新卒の人たちも

なかなかの就職難にあっていることがわかる。

 

 

 

 

 

 

台湾の就職事情!事情と活動(就職活動)

 

では、台湾の大学生たちは

どのような就職活動を行っているのだろうか。

 

 

基本的に、台湾では

大学卒業後に求職活動をするのが一般的だ。

 

学生の中でも特に優秀な生徒は、

在学中に就職先を決める学生もいる。

 

 

日本と違って、台湾では

大学に在学中の際に

就職活動を行うことは珍しい。

 

これは、兵役などを

行っているからでもある。

 

 

台湾でも就職活動において面接は欠かせない。

 

しかし、入社試験は

リクルートスーツやリクルートカバンといった

正装をする必要はない。

 

Tシャツやジーンズのような

ラフな服装で面接を受けることもできるとあり、

日本とかなり異なる。

 

 

日本では面接を

練習することもある。

 

このようにラフに

受けることができるというのは驚きだ。

 

 

ただその代わりに

台湾の就活事情は、

学歴が大きく関係している。

 

学位によって、

年収には大きな差が出る。

 

 

会社に入った時点でのポジションも、

学位で大きく変わってしまうのだ。

 

 

学歴がいかに

 

重視されているかがわかる。

 

実際、就職より進学の方が

台湾では難易度が高いと言えるのではないだろうか。

 

 

 

台湾で就職!日本人のビザは?エージェントはパソナがいい?

 

では、学歴社会の台湾で

就職するとなったらどうしたらよいのだろうか。

 

 

やはり、日本人が

台湾で働くのはビザが不可欠になる。

 

台湾で日本人が就労するため

必要なのは就労ビザである。

 

就労ビザを取得せずに働くと罰せられ、

国外退去処分となってしまうのだ。

 

 

ただし、

台湾人の配偶者である場合などは、

就労ビザを取得しなくても就職可能だ。

 

 

台湾で働くため、

いかにビザが大切になってくるかがわかる。

 

 

その前に、

留学エージェントを利用し留学ビザを取得。

 

留学という形でバイトなどを通して、

台湾の就職について考えるのも一つの手だろう。

 

 

とはいえ、実際どこで働くかを

自分だけで決定するのは不安だろう。

 

そこで、台湾の人材派遣サービスを使う。

 

台湾就職には、

パソナを使用するのもよいだろう。

 

 

台湾の求人情報としては、

リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント、

ビズリーチなどのエージェントも便利だ。

 

海外に強い転職サポート「JACリクルートメント

 

 

 

まとめ。台湾は学歴重視で日本とは勝手が違う

 

台湾は非常に学歴が重視される社会だ。

 

日本と就活の勝手が

かなり異なることが分かった。

 

 

しかし、エージェントをうまく利用し、

就職し自分を一新するのも良いかもしれない。

 

 

台北の友人チー。

自分と同じくガチャピンのファンだったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ