ウクライナ人と付き合う!アンナと性格、嫁の英語、ウクライナ人口(人口密度)。美人が日本に…旅行のビザは?


 

ウクライナ人女性は美人で有名だが、

それ以外のことをほとんど知らない日本人ばかり。

 

そこで、この記事では

ウクライナ人について紹介しよう。

 

 

 

ウクライナ人の特徴!身長や名前、英語、ロシア人との違いなど

 

ウクライナと聞いて

何を思い浮かべるだろうか。

 

東ヨーロッパでロシアに

隣接する国、ウクライナ。

 

面積は日本の約1.6倍。

 

 

国旗は上半分が鮮やかな水色と

下半分が山吹色のような黄色である。

 

 

ウクライナといえば

美人が多いことでも有名。

 

 

日本人であれば、

チェルノブイリ原発事故と言うと

ピンとくるだろう。

 

しかしそれがどこの国で起こったのかまでは

すぐには出てこないかもしれない。

 

 

日本とウクライナは、

そう深い関係ではないイメージもあるのでは。

 

しかし、外交関係が樹立してから

2018年で25周年にある。

 

 

ヨーロッパ文化とロシア文化が

織りまざっているウクライナ。

 

どういった国で、

どのような人たちが暮らしているのだろうか。

 

 

ウクライナ人民共和国、

美男美女が多いとしても有名な国。

 

女性に関しては

街中にいるほとんどが

モデル並みの体型に美人だ。

 

 

ただし男女ともにロシア人との違いは、

一目見ただけではわからないだろう。

 

ウクライナ人とロシア人の違いを説明すると、

日本で関東人と関西人の違い、

東日本の人と西日本の人の違い。

 

簡単にいうとこのような違いで、

見た目で違いを判断することは

外国人にはまず無理であろう。

 

 

母国語はウクライナ語だが、ロシア語も使う。

 

二言語国家とも言われているが、

地域によってはウクライナ人であっても

ウクライナ語が話せない人が居る。

 

 

ロシア人は5~6割の人がウクライナ語を話せるが、

ウクライナ人はほとんどみんなロシア語を理解している。

 

 

ウクライナ語が実はとても難しい。

 

 

また、ウクライナ人の英語力は

あまりないといっても

過言ではないほど英語は通じない。

 

 

ウクライナ人は

英語のthの発音がうまくできない。

 

ウクライナ語にはthの発音がなく、

これは日本語にもないのと同じである。

 

ウクライナ語ではr音を

巻き舌で発音するが、

英語はrがつく単語が多い。

 

巻き舌ではない発音なので、

読み方自体も間違っていて発音できないようだ。

 

 

首都キエフの若者であれば

今は英語が通じる可能性もある。

 

しかし、年配になるほど

英語は通じない。

 

英語で話しかけると無視されるか、

現地の言葉で返ってくるだろう。

 

 

都市部であれば

片言の英語なら話せる人も居るだろう。

 

レストランでは英語表記のメニューがあり、

スタッフの中には英語が話せる人は居る。

 

 

ちなみにウクライナとは

日本語のカタカナ表記であって英語ではない。

 

英語でウクライナは

ユークレイン、

ウクライナ人はユークレイン人となる。

 

 

ウクライナ人の特徴としては

見知らぬ人にはいきなりオープンに

笑顔で接してくれるということ。

 

習慣ではないのだが、

仲良くなればオープンになってくれる。

 

 

健康思考で

食事は控えめな人が多く、

国の肥満率が低い。

 

どちらかというと

スレンダーな人が多い。

 

 

モデル級やモデル並みという言葉が

よく使われるウクライナ人。

 

だが身長は平均的には

高いといったことはない。

 

 

ただ2008年ギネスにも認定された

世界一身長が高いとされるウクライナ人男性は

2メートルを大幅にこえている。

 

 

そしてウクライナの人は

名前にも特徴がある。

 

ウクライナ人の名前で男女ともに

名前、苗字の間に

父親の名前を入れて3つに分かれる。

 

 

そしてウクライナの人たちは

名前でなく男女ともに

愛称、ニックネームで呼び合うことがほとんどだ。

 

相当親しくならない限り、

本当の名前を知らないといったことは普通だという。

 

 

愛称は名前によって同じなので

同じ名前であれば全員同じ愛称となる。

 

誰が誰だかわからなくないのだろうか。

 

 

ウクライナ人の名前で

女性の名は最後にア、

アでなくとも「あ」音で終わる名がほとんどを占める。

 

逆にウクライナ人の男性の名前は

アや「あ」音で終わる名はほとんどない。

 

 

ウクライナ人の名前で

イヴァンという名前がある。

 

これはキリスト教聖人ヨハネの意味で、

キリスト教徒が多いウクライナでは人気の名前ようだ。

 

 

 

ウクライナ人女性は美人?性格はしつこい?嘘つき?キスなどのスキンシップや愛情表現

 

美人が多い国ランキング、

世界で最も美しい美女たちが住む10都市で

常連であるウクライナ。

 

首都キエフでは特に

街行く女性はほとんどが美人である。

 

 

ウクライナ人女性は

美人がなぜ多いのか。

 

これには諸説ある。

 

1つは16世紀から約200年もの間、

西ヨーロッパで魔女狩りといって、

女性を火炙りの刑で殺されるといった残忍なこと。

 

魔女とは美人とされる女性が対象だったという。

 

新生児であっても

美しい女の子までも対象となったという。

 

 

しかしこの魔女狩りは

東ヨーロッパでは浸透しなかった。

 

西ヨーロッパに比べて美人が殺されることがなく、

今現在もそのDNAを

受け継いでいるのではないかとされている。

 

 

2つ目として元々スラブ系の女性は

美しいとされる顔立ち。

 

さらにブルガリア人や

セルビア人との混血も多い。

 

そのため、ウクライナ人の女性には

美人が多いのではないかとされている。

 

日本では最近テレビで

よく見かけるようになった滝沢カレン。

 

彼女は父親がウクライナ人、

母親が日本人のハーフである。

 

 

ウクライナの女性の性格は、

強い女というより穏やかでおしとやか。

 

 

現在ウクライナの女性で

専業主婦は少なく社会進出している。

 

都市部に行くに連れて

その傾向は強い。

 

 

そうなると、

ウクライナ人の女性は美人であっても、

キャリア志向によって結婚は遅くなっているのだろうか。

 

 

 

ウクライナ人と付き合う、結婚したい…日本人の嫁とアンナ

 

過去ウクライナでは結婚が第一歩で、

家庭を持つということが大切なだと考えられており、

女性の結婚が比較的早かった。

 

しかし前述にも述べたように、

女性のキャリア志向により

ウクライナでは晩婚化が進んでいる。

 

 

ウクライナは1991年ソビエト連邦、

現在のロシアから独立をした。

 

その年以降に生まれた、

若い世代の女性の社会進出は特に進んでいる。

 

 

キエフ出身で2004年アテネオリンピック。

 

2008年北京オリンピックで新体操個人総合銅メダル。

 

世界選手権では団体・総合合わせて

5回金メダルに輝いているアンナ・ベッソノバ。

 

彼女は173cmの長身で手足が長く、まさにモデル級。

 

顔も美しく、ウクライナが誇る

スポーツ選手である。

 

 

政界ではユーリヤ・ティモシェンコが

女性で初めて第10代首相を務めた。

 

 

このようにウクライナは、

女性も社会で活躍しているのが現状だ。

 

 

話が少し逸れるがアンナという名前。

 

ウクライナでは愛称で呼び合うという話をしたが、

ある州においてはアンナには70種類程の愛称がある。

 

ウクライナに限らず

人気のある名前のようだ。

 

 

さて、こんな美女が多いと

言われるウクライナ。

 

訪れてみたい、

ウクライナの女性と付き合いたい。

 

さらには結婚したいと

思う男性も少なくないだろう。

 

 

しかし日本人がウクライナへ訪れるのは簡単だが、

ウクライナ人が日本へ訪れる際は条件が難しい。

 

日本人とウクライナ人の結婚となれば、

結婚(配偶者)ビザというものがあり、

両国で婚姻が成立していることが条件となる。

 

ウクライナ人との結婚の際の手続きは、

ビザがおりるまで約2~3か月かかることがある。

 

手続きは早い方が良い。

 

 

ウクライナ人の女性とは

結婚相談所やマッチングアプリなどでも

知り合うことができる。

 

だが、できる限り

日本人がウクライナに行って、

自分で開拓していくことをおすすめする。

 

 

ウクライナ人の男性と結婚する場合は、

日本人に婿入りする形が多いようだ。

 

 

ウクライナ人の結婚式は

キリスト教の人が多いため

教会で行うことが多い。

 

ヴィシヴァンカという

ウクライナの民族衣装の刺繍がある。

 

それを用いた布を、

新郎新婦が踏むという風習がある。

 

 

世界の有名ブランドが

ヴィシヴァンカの刺繍を取り入れている。

 

今では日本でもよく見かける、

人気のあるファッションアイテムとなっている。

 

 

 

 

 

 

ウクライナ人民共和国とウクライナ人口…人口密度は?ウクライナ人が日本に旅行するならビザは?

 

ウクライナは1991年に

ロシアの一部から独立した国である。

 

人口はクリミアを除いて

2019年で4205万人。

 

 

宗教はウクライナ正教や東方カトリック教、

ローマ・カトリック教、イスラム教、ユダヤ教など

キリスト教を中心に多種にわたる。

 

 

位置は東京より寒いところにあるが、

思った以上に温暖であるようだ。

 

夏は平均25度程度だが、

冬は日中で0度までしか上がらず

マイナス20度などにもある地域がある。

 

 

国連統計の総人口では

世界33位、日本は11位だ。

 

65歳以上の人口が18位、日本は4位。

 

高齢化が進んでいるといえよう。

 

 

人口密度は2018年で

1キロ平方メートルあたり77.03人、

世界では216位中126位だ。

 

ちなみに日本は

1キロ平方メートルあたり347.07人で35位。

 

ウクライナの人口密度は

それほど高くないようだ。

 

 

また2009年から

ウクライナの人口は減少傾向にある。

 

この背景は日本の東日本大震災で

福島第一原発事故の時に取り上げられた。

 

1986年に起きた

チェルノブイリ原発事故の影響が

出てきているのではとも言われている。

 

 

日本人がウクライナへ入国する際、

90日間以内の滞在であればビザ取得は必要ない。

 

だが、ウクライナ人が日本へ入国する際は、

90日以内の滞在に短期ビザの取得が必要になる。

 

 

預金残高証明書、

安定した職業に就いている証明ができるウクライナ人であれば

自力でビザを取得できる。

 

しかし貧困問題が残るウクライナでは

その証明ができない人が多い。

 

自力でビザを取得するにはハードルが高い。

 

 

そこで日本から身元保証人を立てたり、

日本人が招待してウクライナ人が日本へ入国する。

 

これは日本側が金銭面の保証をするため、

無職の人であっても

ビザを取得できる方法で手っ取り早い。

 

 

また結婚ビザは、

日本とウクライナ双方で

婚姻が成立していれば申請は可能である。

 

 

ウクライナから婚約者や彼氏彼女を招く場合は、

結婚ビザは取得できず

短期ビザ取得の必要がある。

 

この場合は交際歴の立証が必要になり、

メールなどのやりとりの履歴のスクリーンショットや

2人の写真なども必要となる。

 

 

2018年1月ウクライナとの外交関係が25周年を迎え

このビザ発給条件が緩和されたようだ。

 

 

またウクライナ人民共和国では

2014年に起きたクリミア侵略が

現在もなお続いている。

 

クリミアとはウクライナに属する半島。

 

2014年に軍事介入し、

一方的にロシアへ併合されてしまった地域である。

 

 

国際的にクリミアは

ウクライナの主権領土であり、

リゾート地としても有名なところ。

 

政治的にも経済的にも

手放したくない地域であることは間違いない。

 

 

ウクライナがかつて武装を放棄して

平和主義に走った結果、このクリミアの略奪に

つながったのではないかとも言われている。

 

 

日本で、ロシアによるクリミア侵攻を実体験した

ウクライナ人留学生のナザレンコ・アンドリーによるスピーチ

 

憲法9条に縛られて平和主義を主張し、

今もなお武装解除の工作と平和主義情報操作を続けている日本にとって、

クリミア侵略は決して他人事ではないだろう。

 

明日は我が身だ。

 

という内容を述べたことでも注目を集めた。

 

 

軍隊をなくし、

隣国にとって脅威になりさえすれば

攻められることはない。

 

どんな争い事でも

平和を主張し話し合いをすれば解決できる。

 

集団自衛権を認めれば

他国の争いに巻き込まれるから危険だ。

 

 

こんな考えが素晴らしいと考えている日本人を

ぜひウクライナのクリミア前線に連れていきたい。

 

 

戦争を言葉で止められるものなら、

その言葉を教えてほしい。

 

どうして実際の戦地に、

一度も平和の精神を伝えに行ったことがないのか。

 

抑止力無くして平和を得た国は

ないだろうと訴えている。

 

 

クリミアでは今もなお

銃火が交えられ、戦闘が続き

毎日けが人や犠牲者が出ている。

 

この内容は本当に

今の日本の状況を考えさせられる。

 

 

 

まとめ。ロシアからの独立以降変わりつつあるウクライナ

 

ウクライナ人民共和国のことを

わかっていただけただろうか。

 

 

身近とは言いにくい国ではあるが、

決して他人事とは思えない国ではないだろうか。

 

 

美男美女が勢ぞろい、

ヨーロッパ文化とロシアが融合。

 

英語もだんだんと

通用するようになってきているので、

一度は訪れたい国だ。

 

 

原発事故、クリミア侵略においても

日本とウクライナは

切っても切れない関係のように思える。

 

 

アメリカやアジア、

ヨーロッパのように身近ではないが、

どこか通ずるものを感じるのは自分だけではないだろう。

 

 

危ない運転をする車が居れば、

日本では罪になる。

 

一方、ウクライナでは

石や物を車に投げつけることが普通。

 

車の運転手も危ないとわかっていながら、

運転するのはそれを覚悟の上のようだ。

 

 

こういった日本とは違う顔を持つ国へ、

一度ぜひ実際に訪れて自分の目で確かめたい。

 

 

ウクライナ女性と絶対に結婚したいと語る阿部。

自分と同じく金髪美女に弱い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ