山形に移住して失敗?補助金など移住支援(50歳の仕事の支援など)をブログで紹介。ツアー(移住体験ツアー)や移住支援金のデメリットで後悔?


 

映画「おくりびと」の舞台にもなった山形は

近年、移住先としても人気の場所。

 

移住体験ツアーなども増え、

移住先での生活ビジョンも考えやすくなってきた。

 

 

ただ、中には移住後に後悔する人も・・・

 

そこで今回は、

山形へ移住する上で知っておきたいこと

注意点について詳しく解説する。

 

 

 

山形に移住、補助金など支援(移住支援)は?

 

山形へ移住する上で知っておきたい制度は2つ

 

まずは、山形へ移住する際に支給される移住支援金だ。

この移住支援を受けるためには条件があり、

以下の3つをすべて満たす必要がある。

 

1.東京23区の在住者もしくは直近5年以上23区内に通勤していた

2.転入後三か月以上一年以内に申請する

3.山形県がマッチングサイトで支援対象として掲載している企業へ就業、

もしくは起業支援金の交付決定を受ける

 

以上3点。

 

つまり、首都圏に在住の人が

山形で新たに就業した場合である。

 

ちなみに支援金の額は移住者によって異なり、

単身での移住は60万円、世帯での移住は100万円。

 

 

更に、起業する人には、

地域に貢献できる企業であると認められた場合に

最大200万円の起業支援金がある。

 

移住支援金と企業支援金、

すべてを満たせば最大300万円だ。

 

 

もう一つは山形への移住体験ツアー。

実際に山形への移住体験ができるツアーである。

 

移住を検討している自治体に

実際に短期間住んでみて、生活を体験できる。

 

費用は無料もしくは格安で、

先輩移住者の話が聞けたりするなど、

生きた経験ができるのが魅力だ。

 

 

 

山形に移住しても不安のない

安定収入を得る方法とは?

 

 

山形に移住して失敗したと後悔…仕事が理由?ブログも紹介

 

山形移住の魅力と言えば、

先述した自然の豊かさである。

 

意外なところで

 

・温泉が多い

・ラーメン消費量が日本一でラーメンが多種に及ぶ

 

なども魅力として挙げられる。

 

 

ただ、魅力や願望だけで生活はできない。

 

移住先では、想定していたものから

考えもつかなかったものまで

様々な問題が起こる。

 

移住者の後悔の理由としてよく挙げられるのが、

仕事がない、もしくは給料が安いといった

経済的な問題である。

 

 

自分も移住した後に経済面で苦労した経験がある。

 

 

実際に山形へ移住し、移住に失敗してしまった

先輩移住者のブログがあった。

 

仕事はもちろん、

どのような経緯で移住がうまくいかなかったのかも

紹介している。

 

ぜひ参考にしてほしい。

 

KIMURAPLUS

 

 

 

まとめ…移住には周到な準備が必要

 

山形へ移住したいと考える人は、

移住後の生活について

どのように考えているのだろうか。

 

 

山形と聞いて持つイメージは、

やはりサクランボだろう。

 

イメージとして真っ先に農産物が挙がることからも、

世間一般のイメージとして、

山形は自然豊かな農業地帯なのだ。

 

そこへ移住を考えるということは、

都会の喧騒を離れたいという気持ちが

少なからずあるのだろう。

 

 

だが、移住は人生の一大ターニングポイントだ。

 

現在の生活をすべてリセットするのだから

気軽に、という訳にはいかない。

 

 

山形は2019年度より、

地方移住への条件付き補助金が出るようになった。

 

その額は最大で300万円

 

移住を検討している人にとっては朗報だと言える。

 

 

山形に限らず、

地方への移住はメリットとデメリットがある。

 

首都圏では起こらなかったような問題が

致命的になりかねない。

 

移住支援金や起業支援金をもらえることは

大きなメリットだが、それ以上の出費があっては

そのメリットも消えてしまう。

 

 

移住は新しいスタートでありゴールではない。

 

 

移住に失敗しないためには、

それまでの準備がものを言う

 

 

自分が理想とする移住に必要な情報をネットで仕入れたり、

移住体験ツアーに参加するのもいいだろう。

 

 

自身が望むメリットのために、

いかにデメリットを受け止めることができるかが

移住を成功させるうえでのカギとなる。

 

のんびり暮らすうえでは山形は決して悪くはない。

 

 

 

山形で秋田からの帰りにバイクで転倒し、

いまだに左の手の甲に傷があるのは何を隠そう

マザコンの自分(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ