中国語の下ネタ(しもねた)一覧!中国語の単語…下ねた(中国語下ネタ、中国語しもねた)じゃないのに下ネタに聞こえる?


 

日常の中で中国語に

触れる機会は多少ある。

 

聞き取れる単語も

いくつかあるという人は多い。

 

 

しかし、中国語の

下ネタのフレーズについて

詳しい人は少ないはず。

 

 

今回は中国語の

下ネタフレーズについて

詳しく見ていこう。

 

 

まず、中国語を勉強するにあたって、

その難易度が気になってくる。

 

中国語の難易度は、

日本人にとっては英語を

勉強するよりも易しいと言われる。

 

 

文法自体は英語の構成と似ているが、

英語と違い、あまり時制を

気にする必要がないので比較的覚えやすい。

 

また、中国語は漢字で書かれているため、

日本人なら単語の意味を想像しやすい。

 

 

日本の常用漢字とは

意味が違うことはもちろんある。

 

だが、漢字を普段から使っている

土台がある日本人なら、

比較的接しやすい言語だ。

 

 

中国語が下ネタに聞こえる?

 

日本人が海外に滞在した際。

 

いつも通りに日本語を話していると、

周りの人から奇異の目で

見られてしまう可能性がある。

 

 

理由は、いつも使用している日本語が、

乱暴な言葉や下ネタと

取られてしまう言葉だったりするからだ。

 

 

日本では、いわゆる

空耳として知られる現象。

 

逆の現象も然り。

 

 

海外の人の言葉が

日本語では似た言葉だが、

違う意味を持っていることもある。

 

 

もちろん中国語の中にも、

日本語では下ネタに

聞こえるものがいくつかある。

 

 

例として、中国語には

どうしても「チン」という

発音が多くある。

 

このフレーズが複数回重なることもあるため、

特に女性は発音する際に、

少し戸惑いを感じる可能性がある。

 

そうは言っても

現地では通常の言葉なので、

開き直って会話をするしかない。

 

 

偽中国語?エセ中国語と下ネタについて

 

 

偽中国語、またエセ中国語

と呼ばれるものがある。

 

日本語を一度記載して、

文中の平仮名や片仮名などの日本語部分だけを除いて、

中国語っぽく見えるようにするものだ。

 

 

中国語が漢字で

記載されていることから、

日本人が大体の意味を捉えやすい。

 

中国人も偽中国語によって、

日本人の意図していることを

大雑把に汲むことができる。

 

 

日本人と中国人が

コミュニケーションをとるための

ツールとして、一定の効果がある。

 

使う人として想定されるのは、

中国人とコミュニケーションを取りたいけれど、

中国語を話すことができない人たちだ。

 

 

ホンモノとの違いから、

やはり現地で下ネタと捉えられる

言葉を書いてしまう可能性もある。

 

コミュニケーションを取る前に

事前に軽く確認をしておきたいものだ。

 

 

番外編1:台湾語やタイ語の下ネタ…スペイン語では?

 

どの国にだって、

やはり下ネタと取られる言葉はある。

 

今回は台湾やタイ、

スペインについて見ていこう。

 

 

台湾では中国語を

話しているイメージが強い。

 

だが、実は台湾には

台湾語というものも存在していて、

広く使用されている。

 

 

「台湾語なんて話せない」

「無意識に下ネタを口にしてしまったらどうしよう」

 

そんな心配もあるだろう。

 

だが、公用語として

中国語も広く使用されているので

安心して欲しい。

 

 

次にタイ語について。

 

いくつか例を見ていこう。

 

 

・ガーン ルアム ペーツ

・ミーアライガン

・セック

 

いずれも性行為の意味を指す。

 

 

・ルアンタイサドゥー

 

お臍の下ということで、

下ネタを指す。

 

 

次はスペイン語について。

 

・ベルガ

 

直訳すると男性器を指すが、

イライラしている人も発することがある。

 

あまり上品な言葉とは言えない。

 

 

・プータ

・ペッラ

 

売春婦などを意味する。

 

女性の前では

絶対に言ってはいけない。

 

 

番外編2:下ネタに聞こえる外国語

 

外国語の中には、

意味が違えども日本語と発音が

似ている言葉がある。

 

中には、日本人が聞くと

下ネタに聞こえる

空耳ワードもたくさんだ。

 

ここでもいくつか紹介していく。

 

 

まずはイタリア語。

 

・cin cin(チンチン)

 

イタリア語では乾杯の意味。

 

グラスとグラスを合わせる音。

 

 

次は英語

 

・Chuck, I tell you(チャック開いてるよ)

 

相手がチャックに限った話だが、

少し下ネタに聞こえる。

 

 

ちなみに日本で大流行の

ポケットモンスターも、

英語圏では隠語としての認識がある。

 

海外でのタイトルは

「POKEMON」となっている。

 

いくらポケットモンスターが好きでも、

英語圏に滞在しているときは、

発言に気を付けよう。

 

 

最後にドイツ語。

 

・Muschi(ムシ)

 

女性器を表す言葉なので、

あまり公の場で発言

しないことをお勧めする。

 

 

まとめ。下ネタフレーズを覚えておくのは意外と重要

 

いかがだっただろうか。

 

 

一見、海外の下ネタワードなんて

覚える必要はないと思われがち。

 

だが、もし外国に滞在した時や、

日本に在住している外国人と

接することがあれば、意外と役に立つ知識だ。

 

 

なんの気無しに発言した言葉でも、

相手の国の人にとって

失礼な言葉に当たることも。

 

寛容な人であれば良いが、

そうでなければお互いの関係に

亀裂を生む可能性だってある。

 

 

海外に行く際は、

その国の有名なスラング語を

少し頭の中に入れておく子とをお勧めする。

 

そうすれば、現地の人との

コミュニケーションを

多少円滑に進めることができるはずだ。

 

 

もちろん逆の現象だってありうる。

 

相手が発した言葉が

どうしても日本語だと

下ネタに聞こえることもある。

 

そういう時は、

さり気なく教えてあげるか、

寛大な心で受け入れてあげてほしい。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ