インドで夜遊び!女はどんな人達?一人旅でおすすめは…


 

一人旅の旅行先としても

人気の高いインド。

 

昼間の観光地は

タージマハルやガンジス川など

さまざまある。

 

 

しかし、夜遊びできる

スポットはあるのか、いまいち情報が少ない。

 

 

夜遊びを一緒に楽しんでくれる

女性たちはいるのか。

 

一人旅でおすすめのスポットは、

どんなところがあるのかを調べた。

 

 

 

インドで夜遊びできる?女はどんな感じ?

 

インドで夜遊びをするなら、

おすすめはナイトクラブ。

 

ナイトクラブは意外と多くある。

 

 

特に首都のデリーをはじめ、

ムンバイ、バンガロールなど。

 

インド主要都市には

かなり多くナイトクラブがある。

 

 

日本のナイトクラブは、

ワンドリンク制や入場無料のシステムが多いが、

インドのナイトクラブのシステムは異なる。

 

 

インドのナイトクラブは

入場料制のシステムをとっている。

 

 

インドのナイトクラブの

入場料の相場は

1,000ルピー前後(日本円で約1,450円)。

 

インドのナイトクラブは入場料が高いので、

セキュリティーも常駐しており、

トラブルが起きても対応してくれるので安心だ。

 

 

中には入場料が

6,000ルピーも必要なクラブもある。

 

しかし入場料が高いので

一般庶民が入ることができず、

お金持ちばかりなので、スリや窃盗が少ない。

 

 

安全を面考えたら

入場料の高めのところに入るのがおすすめ。

 

 

ちなみにインドのナイトクラブで

女性のナンパは可能だろうか。

 

結論から言うと、

インド人女性をナンパすることは可能だ。

 

ナイトクラブへ来ている

インド人の若い女性たちは多い。

 

インド人女性は美しい人が多いので、

お近づきになりたいと思う人は多いだろう。

 

 

しかしインドのクラブの特徴として、

女性だけのグループは少なく、

男女のグループで来ていることが多い。

 

カップルや男女グループで来ている人が多いので、

インド人女性へ声を掛けるハードルは少し高くなる。

 

 

 

インドで夜遊びしている間も

安定収入を確保するには?

 

 

インドで夜遊び…一人旅のおすすめは

 

インドでの夜遊びといえばナイトクラブだが、

他にも夜遊びできる

おすすめスポットはたくさんある。

 

その中からいくつか紹介したい。

 

 

ピアノマンジャズクラブ

 

毎日日替わりで生演奏が行われていて、

その中で食事をすることができる店。

 

デリーは少し交通の便が悪いが、

インド以外からきている外国人も多いので、

一人旅で行っても楽しめるスポット。

 

 

アクシャルダム寺院

 

世界最大のヒンドゥー教寺院として

ギネスブックに認定された寺院。

 

昼間に訪れるのもよいが、

夜がおすすめ。

 

寺院のライトアップとともに、

水と光とレーザーによる

ミュージカルショーが楽しめる。

 

一人旅でゆっくりと

美しいライトアップとショーを

楽しむのもよい。

 

 

インドは観光地も多く、

夜遊びスポットも多い。

 

自分の興味があるところを

自分のペースで楽しむ一人旅には、

とても向いている国と言える。

 

 

しかしここで注意点。

 

インドの治安はあまりよくない。

 

夜遊びに出かける時には、

人通りのあまりないところや

暗いところに近づかないのが無難。

 

また出かける時には

貴重品は身に付けずに行く方がよいだろう。

 

 

男性陣が夜遊びの延長で、

海外だからとつい羽目を外してしまいがちだ。

 

しかし、インドの風俗は

危険なので近づかないことをおすすめする。

 

 

インド国内には風俗街もあり、

夜遊び中に客引きに

出くわすこともあるだろう。

 

しかしインドの風俗街では

街中に比べて治安も悪くなる。

 

HIVの罹患率も高く、

外国人が軽い気持ちで

立ち入ってよい場所ではない。

 

 

夜遊びといっても

海外に来ていることを忘れず、

羽目を外しすぎないようにしてほしい。

 

 

 

まとめ

 

・夜遊びできるスポットのおすすめはナイトクラブ。

その他にも夜遊びできるスポットは多い。

 

・ナイトクラブにはインド人女性も多く、

夜遊びを一緒に楽しんでくれる女性たちはいる。

 

・一人旅でおすすめのスポットは、

ピアノマンジャズクラブやアクシャル寺院など。

 

 

昼だけでなく夜遊びも

楽しむことができるのが

インドの魅力のひとつ。

 

昼間とは違う表情を見せる

夜のインドの町で、

日本とは違う夜の雰囲気を楽しんでほしい。

 

 

 

インド人女性の友人エニッド。

自分と同じく太った日本猫が大好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ