ミャンマー語の下ネタ!かわいい、ありがとうは?フレーズと翻訳を紹介


 

ミャンマー語の下ネタを話せると、

美人が多いミャンマー女性とふざけ合えて

良い関係につながるかもしれません。

 

 

ミャンマー人など魅力的なパートナーが欲しいなら

以下より無料情報を請求してください。

 

 

ミャンマー語の下ネタやミャンマー語で

女の子にかわいい・ありがとうと伝えたい場合に

何と伝えればいいのか?

 

そんな悩みのある方へ向けて、

ミャンマー語での下ネタ含むフレーズを

ご紹介いたします。

 

 

 

ミャンマー語の下ネタを学ぼう!かわいい、ありがとうはおさえよう

 

ミャンマー語での下ネタを

学びたいと考えている方へ向けて。

 

こちらでは翻訳を使いながら

下ネタフレーズをご紹介していきます。

 

 

現地で使っているものとは、

丁寧な言葉やフレーズの違いがあるため、

参考程度にしてください。

 

 

まずは基本の女の子を褒める言葉。

 

 

ミャンマー語でかわいいと伝えたい場合

 

 

「かわいいね」

 

ချစ်တယ်

(発音:hkyittaal)

 

親切にしてもらったときなどに使える、

ミャンマー語でのありがとうという言葉。

 

 

「ありがとう」

 

ကျေးဇူးတင်ပါတယ်

(発音:kyaayyjuutainpartaal)

 

 

ちなみに、日本語の「ありがとう」は、

ミャンマーでは「俺の男性器は小さい」という

下ネタに聞こえることがあるんだそうです。

 

 

ミャンマーと言った海外であれば

 

「えっそうなの!?そんな意味だったんだ、

恥ずかし~!これから気をつけよう!!」

 

くらいで済みます。

 

 

でも、日本で言うと青ざめてしまうレベルで

変態になってしまいますね!

 

日本だったら警察通報待ったなしです笑。

 

 

そんな変態さんにならないよう、

ミャンマー語での「ありがとう」を

マスターしておくのが良いでしょう。

 

 

現地の人も悪い言葉を

言っているわけではありません。

 

親切にして「ありがとう」と伝えられて

悪い気はしないはずです。

 

 

ミャンマー語で女の子に対して

「エッチしたい」と伝える場合

 

 

「エッチしたい」

 

ကျွန်တော်စွဲချင်ပါတယ်

(kyawantaw hcwal hkyinpartaal)

 

と、いった感じになります。

 

 

ミャンマーで活躍する機会があれば

ぜひ使ってみてください。

 

 

 

ミャンマー語の下ネタをおさらい!ありがとうをミャンマー語で。明日から実践開始

 

さて、それではありがとうを

ミャンマー語でおさらいしていきましょう。

 

決して男性のみなさんはミャンマーで「ありがとう」と

日本語を言って「俺の男性器は小さい!!」と

街中で言わないように注意です(笑)。

 

 

ありがとうのミャンマー語は

ကျေးဇူးတင်ပါတယ် (kyaayyjuutainpartaal)。

 

この「ありがとう」のミャンマー語での発音は

「チェーズー ティン バーデー」となります。

 

 

ミャンマー語ではkya・kyu・kyoといった発音は

「きゃ・きゅ・きょ」ではなく

「ちゃ・ちゅ・ちょ」となります。

 

 

そのため、ky~と

記載されているものに関しては

このような発音になるのです。

 

ありがとうとミャンマー語で伝えたい場合には、

上記の発音を参考にして言ってみてくださいね。

 

 

きっと日本だけではなく、

ミャンマーでも親切な方は多いため

ありがとうと言う機会は多いと思います。

 

笑顔が素敵な女性も多いので、

もしかしたら恋に落ちてしまう男性も

少なくないかもしれませんね。

 

 

親切な方には、積極的に

ありがとうの気持ちを伝えていきましょう。

 

ただし、日本語ではなく

ミャンマー語でお願いしますね。

 

 

 

まとめ。ミャンマー語の下ネタについて

 

ミャンマーで使われているビルマ語は

丸みを帯びていて可愛らしい文字ですよね。

 

しかし、日本で言う「ありがとう」がミャンマー語では

「俺の男性器は小さい」という意味になる

というのは驚きです。

 

 

知らないままだったら、普通にミャンマーでも

「俺の男性器は小さい」と公言していたことでしょう。

 

どうしても日常で使っているものは癖として出やすいので、

普段からありがとうと言っている方は要注意ですね。

 

 

また、ミャンマーで名前を尋ねたいときは

「ナーメー」と言うと大体通じるそうです。

 

日本語で言う名前(なまえ)と発音が似ているため

これは覚えやすいですね。

 

 

もっとミャンマー語が気になるという方は、

ぜひ勉強してみてください。

 

 

ミャンマー語が堪能な玉井

自分と同じく、太りやすい体質に悩みます(笑)。

 

 

 

最後に、

 

成功者の人生は歩めないと考えているあなたへ。

 

ノウハウを知って、もっと下半身を忙しくしませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授