コンゴ人の性格は?コンゴ人民共和国の現在(今の名前)、英語やコンゴ人口…でかい人達と地図など


 

コンゴ人の存在は知っていても、

どのような特徴があるのか詳しい日本人は

さすがに少ない。

 

 

そこで、この記事ではコンゴ人と

コンゴ共和国について紹介する。

 

 

 

コンゴ人はでかい?性格は?名前や英語など…しつこい?嘘つき?キスなどのスキンシップや愛情表現

 

コンゴと付く

名前の国が二つある。

 

一つは、コンゴ民主共和国。

二つ目はコンゴ共和国だ。

 

 

どちらの国も

アフリカ大陸にあり

隣国である。

 

国名が似ている国が隣国だと、

日本人は間違えやすい。

 

 

この二つの国は、

コンゴ王国という国だった。

 

19世紀にコンゴ王国は、

フランス領・ベルギー領・ポルトガル領に

分かれてしまったのである。

 

 

コンゴ民主共和国とは、

どのような国なのだろうか。

 

 

コンゴ民主共和国は、

1997年までザイールと呼ばれていた。

 

 

コンゴ民主共和国の人口は約8407万人。

 

コンゴ民主共和国は、

部族が200以上ある。

 

しかしほとんどが

バントゥー系だ。

 

 

コンゴ民主共和国の面積が、

234.5万平方キロメートル。

 

独立する前はベルギー領だった。

 

 

1960年、

フランスの植民地から独立して

コンゴ共和国になった。

 

1969年に、国名を

コンゴ人民共和国に改名。

 

1991年に

コンゴ共和国になった。

 

 

コンゴ人民共和国ではなく

コンゴ共和国の人は、

どのような特徴があるのだろうか。

 

コンゴ共和国の民族は、

コンゴ族、テケ族、

ンボチ族、サンガ族など。

 

 

アフリカ人は

身長が高いイメージがある。

 

コンゴ人は

でかいのだろうか。

 

コンゴ人の身長を調べてみた。

 

 

世界の平均身長のサイトで調べてみたが、

コンゴ共和国の平均身長が

記載されていない。

 

しかし、コンゴ民主共和国出身の

留学生の身長についての記事があった。

 

この留学生は日本の高校に通っていて、

身長が2m5cmあるという。

 

 

しかしコンゴ共和国と

コンゴ民主共和国は違う国。

 

結局、コンゴ共和国人の

身長について分からなかった。

 

 

コンゴ人の性格は

どうだろうか。

 

 

コンゴ人を含めたアフリカ人は、

素朴で明るい性格だ。

 

嘘や迷信をすぐ

信じてしまう性格でもある。

 

 

コンゴ共和国の人の名前は

どんな名前なのだろうか。

 

コンゴ共和国では、

名前・姓の順番である。

 

中にはフランス語を

由来としている

名前を持つ人もいるのだ。

 

 

ところでコンゴ人民共和国ではなく、

コンゴ共和国の公用語が気になる。

 

コンゴ共和国の

公用語はフランス語だ。

 

コンゴ共和国では

英語が通じるのだろうか。

 

 

コンゴ人を英語で

表記するとCongolese。

 

コンゴ共和国では

英語が通じない。

 

 

コンゴ共和国へ行くなら、

フランス語を勉強しておこう。

 

 

 

 

 

 

コンゴ人民共和国の現在!今の名前とコンゴ人口、地図を紹介

 

コンゴ人民共和国であった

コンゴ共和国は、

アフリカの中部にある。

 

コンゴの地図を見ておこう。

 

https://world.map-navi.com/cog.html

 

 

コンゴ共和国は、

観光するのに魅力的な国である。

 

野生動物や自然の景色だけではなく、

歴史的な建造物もあるのだ。

 

 

ところで、コンゴ共和国という

今の名前になったのは、

いつなのだろうか。

 

 

1991年に

コンゴ人民共和国から

コンゴ共和国に改名した。

 

理由は、共産主義をやめて

複数政党制にしたからだ。

 

 

コンゴ人民共和国ではなく、

コンゴ共和国の人口は、

約524万人である。

 

コンゴ共和国の

国旗を見てみよう。

 

 

コンゴ共和国の国旗と

コンゴ人民共和国の国旗と比較してみる。

 

 

まずコンゴ人民共和国の国旗を見ると、

その当時のコンゴ軍軍旗にそっくりだ。

 

 

コンゴ人民共和国の国旗は、

星とハンマーと鍬のマークがある

赤い色の旗である。

 

旗の色やマークには、

意味があるのだ。

 

星は、共産諸国との

連帯という意味。

 

ハンマーと鍬は、

労働者と農民を意味している。

 

赤色は人民革命を

意味しているのだ。

 

 

コンゴ人民共和国は

社会主義の国で、

ソ連と親しかった。

 

 

現在のコンゴ共和国の国旗は、

緑・黄色・赤の三色である。

 

フランスから独立して

コンゴ人民共和国になる前の国旗と同じだ。

 

緑色は

未来への希望を表している。

 

黄色は

誠実と誇りという意味。

 

赤色は熱意だ。

 

現在の旗からは、

ソ連のイメージを全く感じない。

 

 

ところで、ソ連崩壊が

いつだったのか気になったので、

調べてみた。

 

1991年12月に

ソ連共産党が解散になっている。

 

1991年はコンゴ人民共和国が

コンゴ共和国になった年だ。

 

 

コンゴ人民共和国でも人々は、

民主化を要求していたのである。

 

 

ベルリンの壁・東ヨーロッパの民主化なら、

自分も注目していた。

 

しかしその当時、

アフリカでも

民主化が叫ばれていたのだ。

 

 

 

まとめ。自然や動物が好きならコンゴへ行ってみよう

 

コンゴは日本から遠い。

 

同じアフリカ大陸にあるエジプトだと、

多くの日本人が観光に訪れる。

 

しかしエジプト以外の

アフリカの国に旅行する

日本人は少ない。

 

 

コンゴ共和国は、国立公園で

野生動物を観察する事が出来る。

 

自然や動物が好きな人には

魅力的なところだ。

 

 

コンゴへ旅行したいと思ったら、

コンゴ共和国の歴史を

知っておく必要がある。

 

コンゴ共和国は

フランスの植民地だったからだ。

 

 

コンゴ共和国では

英語が通じないので、

フランス語を勉強しておこう。

 

 

コンゴ共和国へ旅行に行く場合、

注意しなければならない事がある。

 

コンゴ共和国の

治安と感染症だ。

 

 

コンゴ共和国に

国際テロ組織は存在していないが、

反政府組織がある。

 

しかしコンゴ共和国政府と

敵対行為の中止を合意したから、

治安が安定している。

 

 

しかし一部危険な地域があるので、

旅行に行く前に、危険なエリアは

どこか調べておこう。

 

 

コンゴ共和国に行く場合、

黄熱病などの予防接種をしておく必要がある。

 

 

またコンゴ共和国は

衛生状態が悪いので、

感染症にかかるリスクがある。

 

・蚊に刺されないような服装をする

・野生動物を触らない

・生水を飲まないようにする

 

など。

 

気を付けなければならない事が多い。

 

外務省の海外安全ホームページに、

注意しなければならない事が記載されているので、

必ず読んでおこう。

 

 

 

コンゴの人達や文化についてなぜか詳しい荻野。

自分と同じくピータンがとにかく好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ