カメルーン人の性格と名前!カメルーン人と結婚、英語や詐欺での逮捕、人口(カメルーン人口)と日本でのビザ、恋愛など


 

カメルーンという国の名前は

聞いたことがあっても、国の特徴について

詳しく知っている日本人は少ない。

 

 

カメルーンに滞在もしくは

カメルーン人と交流する予定がある。

 

ならば、事前に国の文化や

特徴を把握しておけば、

コミュニケーションがスムーズだ。

 

 

そこで今回は、カメルーンという国の文化や

カメルーン人の特徴などについて

詳しく見ていこう。

 

 

 

カメルーン人の性格って?名前と英語、カメルーン人と結婚すると…キスなどのスキンシップや愛情表現

 

まずは、カメルーンという

国について詳しく見ていく。

 

 

正式名称は

カメルーン共和国で、

首都はヤウンデ。

 

 

中央アフリカに位置し、

ナイジェリア、チャド、中央アフリカ共和国など、

多数の国と隣接している。

 

 

面積は約48万㎢。

 

日本が約37万㎢であるため、

日本に比べると少し大きい国だ。

 

 

そして、カメルーン人の性格について。

 

実はカメルーン人の性格について

一概に話すことは難しい。

 

なぜなら現地には

300近い部族が存在しているからだ。

 

 

同様にカメルーン人の

恋愛観についても

部族それぞれだ。

 

 

ただ、カメルーンは

一夫多妻制が認められている。

 

カメルーン人との恋愛を経て、

晴れて現地で結婚となった際に、

妻は自分だけではないという状況がありうる。

 

 

しかし、膨大な数の部族が

共存している国という面もあり、

比較的穏やかな性格を持つ人が多い。

 

 

現地の公用語は

フランス語か英語。

 

しかし、両方を話すことが

できる人は少ない。

 

 

カメルーン人と

英語で話せることもある。

 

ただし英語が話せるからと現地を訪れても、

いざ滞在してみると周囲の人は

フランス語を話しているという可能性はある。

 

 

カメルーン人の名前も

英語圏やフランス語圏と同様に、

名+姓の順番で配列されていることが多い。

 

 

もしカメルーン人を

日本に招待したい場合は

短期滞在ビザが必要となる。

 

カメルーンにある日本国大使館で

手続きが可能なので、

必要な場合は申請してもらおう。

 

 

また、カメルーン人の生活や

考え方に興味があるならば、

漫画を読んでみることもおすすめ。

 

星野ルネという

カメルーン人の漫画家がいる。

 

カメルーンから

日本に移り住んだという、

独自の内容が特徴的。

 

カメルーン人の特徴や

文化が知りたい場合には

参考になるはずだ。

 

 

 

 

 

 

カメルーン人の逮捕!詐欺?しつこい?嘘つき?

 

過去に、日本でカメルーン人が

詐欺で逮捕されるという事件が

勃発しとことがある。

 

いわゆる国際ロマンス詐欺。

 

日本人女性が

巻き込まれた事件は最近のことだ。

 

 

このような犯罪が起きると、

その国に対するイメージが

悪くなりがち。

 

しかし、当然のことだが

このような事件を起こすのは

ごく一部の人だ。

 

大多数の人は、

穏やかで人当たりが良い。

 

 

ネガティブなニュースが原因で

現地の人との交流を遠ざけてしまうのは

もったいないと自分は思っている。

 

現地に対しての正しい知識を持って

彼らと接していくことを意識したいものだ。

 

 

もちろんカメルーン人と交流したり、

人によっては結婚をして

幸せを手に入れている人はたくさんいる。

 

 

 

カメルーン人口!カメルーンの人口、密度とピラミッドなど

 

カメルーンの人口は約2,600万人。

 

日本の人口が

約1億3000万人であるため、

約1/5倍の人口だ。

 

 

国の面積は日本より

少し大きいため、

人口密度を比べると1/5に満たない。

 

 

一方、

人口ピラミッドを見ると、

きれいな山型。

 

高齢者を若者が支える

理想的な形になっている。

 

 

人口推移は年々増加しており、

人口は増え続けている。

 

 

加えてカメルーンは

天然資源も豊富。

 

農業がしやすい

土地に恵まれている。

 

 

それだけを聞くと、

カメルーンの経済状況は

良いものであるとの印象を持ちそうだ。

 

 

しかし実際は

現地には貧困の問題がある。

 

経済成長の低迷や

経済格差の拡大などが

大きな原因だ。

 

日本での便利な生活に慣れていると、

カメルーンの滞在は多少の

不便さを感じる可能性はある。

 

 

 

まとめ。カメルーンは魅力的な国だが治安には注意

 

いかがだっただろうか。

 

今回はカメルーンという国や、カ

メルーン人の性格などについて

詳しく見てきた。

 

 

カメルーンへの渡航を

考える人もいるだろう。

 

しかし、

カメルーンの首都ヤウンデでも

旅行客を狙った強盗などは起こっている。

 

事前に十分準備を

することをお勧めする。

 

 

カメルーンには10の州がある。

 

それぞれの地域の

治安情報を参考にしてほしい。

 

 

カメルーンには世界遺産や

7つの国立公園がある。

 

大自然と触れ合うことが

好きな人には適した国だ。

 

特に動物好きにはたまらない。

 

 

現地のガイドが

公園内を案内してくれるものもあるので、

ぜひ利用したいところだ。

 

安全に気を遣うべき

国であることに違いはないが、

魅力がたくさん詰まった国でもある。

 

滞在先のひとつとして

検討してみるのはどうだろうか。

 

 

 

カメルーン人の友達と仲良しのかずちゃん。

自分と同じく、決して軽めではないマザコンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ