ラトビアの女性の性格!女性にチューリップ?(女性に花)女性医師の割合と女性が多い理由、美人と身長…わがまま?脈ありのサインとベッドなど


 

ラトビアは

北ヨーロッパに属する国だ。

 

バルト三国の一国として

聞いたことがある人も多いだろう。

 

 

普段の生活ではあまり聞かないので、

我々日本人にはあまりなじみのない国。

 

そのため、ラトビア女性について詳しい人も少ない。

 

 

そこで今回は、

花と歌を愛する国民性や

美しい外見など。

 

魅力的な点が多い

ラトビア女性について

紹介していこう。

 

 

 

ラトビアの女性の性格!特徴は?ラトビア女性の本音

 

ラトビアは

世界で一番美しい国

と呼ばれている。

 

その美しい町並みを

一目見ようと近年話題の国だ。

 

 

また、ラトビア人は

花と歌を愛する民族と言われており、

街中には花屋がたくさん存在する。

 

 

そんな素敵な国、

ラトビアに住まう女性たちは

美しい人が多い。

 

実はラトビアは

世界で最も男性の割合が低い国。

 

男女比率は

女性100人に対して男性84人。

 

ラトビア女性は

結婚しにくいという

悩みを抱えているのだ。

 

 

まずはラトビア人女性の

外見や性格について。

 

 

ラトビア女性は身長が高く、

ブロンドヘアが似合う

ハッキリとした顔立ちなのが特徴だ。

 

 

性格は警戒心が強く内向的だが、

親切で優しく陽気な人が多い。

 

また、控えめで気取らず、

わがままな人が少ないのも特徴だ。

 

 

外見はもちろん内面も

ラトビア女性は美人な人が多い、

という印象が持たれる。

 

 

ラトビア女性と仲良くなるには、

まず相手の警戒心を解くことが大切だ。

 

警戒心を解くには

自分と相手の共通点を探す。

 

自己開示して自分の事を

知ってもらうなど様々な方法がある。

 

 

1番大切なのは焦らない事。

 

焦ると下心があるなど

マイナスなイメージしか抱かれない。

 

 

たとえ脈ありサインが見えても、

恋人関係になるまでキスやハグなどの

過度なスキンシップは避けるべきだろう。

 

あわよくばベッドに、

なんてことも考えないことだ。

 

 

ラトビア女性とデートする際、

忘れてはいけないのが「花」だ。

 

ラトビアでは初デートの時、

女性に花を渡すという、

なんともロマンチックな習慣がある。

 

 

ラトビアではどこの家でも

赤いチューリップが

咲き乱れているという事だ。

 

ラトビア女性に

チューリップを渡すのも良さそうだ。

 

 

ちなみに、

赤いチューリップの花言葉は「愛の告白」と

これまたロマンチックだ。

 

女性にどんな花を渡そうか悩んだときは、

花言葉で選ぶのもいいのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

ラトビアの女性医師について…日本との違い

 

ラトビアの女性医師の割合は

約7割と非常に高い。

 

医師以外にも様々な職場で

女性が活動している。

 

 

日本の女性医師の割合は約2割と、

ラトビアと日本との違いは明確だ。

 

 

ラトビアに女性医師が多いのは、

男性に比べて女性が多いのが

1番の理由だろう。

 

 

また、ラトビア男性は

外国で仕事を探す人が多い。

 

国外で暮らす男性が多い一方、

ラトビア女性は

ラトビア国内で暮らすことが多い。

 

これが、ラトビア国内に

女性が多い理由だろう。

 

 

日本とラトビア含めたEU諸国では

医師免許の取得方法も変わってくるので、

気になる人は調べてみると良いだろう。

 

 

ラトビアでは女性医師の方が多い。

 

かと言って、

男性を増やすべきだという

議論は起こっていない。

 

 

また、女性だからと

差別を受けたこともないと

現地の女性医師は言う。

 

 

女性が活躍できる場が多く、

男女間での差別が無い。

 

はっきり言って

日本と真逆であると

言えるのではないだろうか。

 

ラトビアの社会を

日本は見習うべきだと

個人的に思う。

 

 

 

まとめ。ラトビア女性は警戒心は強いが親切で魅力的

 

今回はラトビア女性について

紹介したが、

いかがだっただろうか。

 

 

美しい町並みや

差別のない社会など。

 

整った環境で育ったから

ラトビア女性は魅力ある

素敵な人が沢山いるのではないか。

 

 

ラトビア女性と付き合うことで、

今まで自分が見てきた世界と

違った世界も見えてきそうだ。

 

 

まずはラトビアを

訪れてみるのはどうだろうか。

 

 

結婚しにくいと

悩んでいる女性も多い。

 

もしかしたら日本や

他の国よりも

女性にモテるかもしれない。

 

 

もちろん日本国内でも

ラトビア女性と出会えるかもしれないが、

可能性は低いだろう。

 

今までにない

新たな出会いを体験出来たり、

自分の視野を広げることもできる。

 

現地に行ってみるのは

大切なことだ。

 

 

ラトビアで自分の人生を

変える出会いが

出来るかもしれない。

 

是非足を運んでみては

いかがだろうか。

 

 

ラトビアを移住候補地にしている滝田。

自分と同様、下見なしで海外移住した行動派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ