ネパールの女性の名前!行方不明?服装と女性差別、性格や結婚の問題…教育と美人の服装など。一人で旅は危険?女性労働と地位の現状など


 

ネパール連邦民主共和国。

 

ネパールの正式名称だが

ネパール、特に現地女性について詳しい日本人は少ない。

 

 

独特で多様な文化がある国ネパール。

 

この国の女性たちは

どんな人なのか?

 

旅行するにはどんな国なのだろうか。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

ネパールの女性は美人?名前や服装など

 

北は中国、南はインド、

東はバングラデッシュ、

西はパキスタン。

 

接する山々に囲まれた海に接していない

小さな国で、アジアの中では

最貧国のうちのひとつでもある。

 

 

北側には世界最高峰のエベレストを含む

ヒマラヤ山脈と丘陵地帯、

南側は平原地帯が広がっている。

 

日本ではヒマラヤ登山の

拠点として有名だ。

 

 

2016年には日本との

外交関係樹立60年を迎えた。

 

 

首都カトマンズは

カトマンズ渓谷の中にある。

 

この渓谷自体がユネスコの

世界遺産として登録されていて

自然豊かで美しい。

 

 

ネパールには100以上の民族が存在する。

 

中国からモンゴル、インディアン、

色んな容姿と文化によって

成り立っている国だ。

 

時々日本人に見える人も存在する。

 

 

服装はその国の文化を表すものだが、

他国民国家なので服装も様々ある。

 

女性であればクルタ・スルワール、

バンジャビスーツ、

サリーなどだ。

 

 

また、名前は苗字が民族名であったり

一族名であることが多く、

同姓同名がとても多い。

 

同じ名前が多く、

誰が誰だかわからなくなる。

 

そのため、同じ民族が住む

同姓同名が多い村などでは

「寺の隣の家の長女さん」など人間関係で呼び合う。

 

 

ネパールの女性は美人のみならず、

素朴さや生活態度も良い。

 

心惹かれる人も少なくないだろう。

 

 

ヒンドゥー教が多いネパールでは

宗教上の理由で

酒は飲まないとしている。

 

だが、もともとは昔から

酒を楽しむ文化がある民族も居る。

 

 

しかし、ネパール女性が

酒を飲む行為は地方ほど印象が悪い。

 

酒を飲むネパール女性でも、

知り合いが居る街や村では

酒は飲まず生活しているぐらいだ。

 

 

ネパールの多くの地域では、

女性の生理は不浄として

考えられている。

 

女性はその間、

人や家畜でさえからも隔離される。

 

この伝統をチャウパディという。

 

チャウパディは違法とされてからも、

未だに日常的に

行われている地域が存在する。

 

 

 

ネパールの女性、性格はわがまま?結婚や脈ありのサイン、ベッド…ネパール女性の本音

 

ネパールの女性の性格は、

前述にも述べたが素朴でひかえめ。

 

生活態度も良い人が多く

家族思いで愛情深い人が多い。

 

 

伝統や家族のことを一番に考えて

信仰深い頑固なところがある。

 

身内となれば一切遠慮なし。

 

これがわがままだと

感じる可能性はある。

 

 

ネパールの女性はカーストもあって、

未だに結婚前に交際することが少ない。

 

交際をしても

メールのやりとりや

時々会う程度である。

 

 

ネパールの女性の口説き方は、

結婚を前提にはっきりと

言葉で告白することが必須。

 

最近でこそ

恋愛が増えてきたものの、

気質は変わらない。

 

きちんと距離を保って告白して、

良い返事がもらえれば脈ありだろう。

 

 

経済が貧困している状況もあり、

ネパールでは売春も少なくない。

 

だが、ネパール女性の本音としては

ベッドを共にしたいのは、

結婚を前提に付き合っている人だろう。

 

 

 

 

 

 

ネパールで女性が行方不明?一人で旅は危険?

 

ネパールといえば

エベレストと連想する人が

多いかもしれない。

 

では、旅行するには

どのような国なのだろうか。

 

 

1990年4月、

ネパールを旅行中の当時29歳の

日本女性行方不明事件が起こった。

 

2020年となった現在も

その女性の足取りはつかめていない。

 

 

女性は1989年4月に、

一人旅でネパールを訪れたが

突然の失踪となった。

 

事件か事故でさえも

わからぬまま続報もない状況だ。

 

 

比較的治安が良い国と

されている国であっても、

一人で旅行をする際は細心の注意は必要だ。

 

 

観光客を狙った犯罪は、

治安が良い国でも

多発しているのが現状。

 

年間10人近くの日本人旅行者が

行方不明になっている事実もある。

 

 

特に女性が一人旅する際は

性犯罪に巻き込まれる危険もある。

 

外国を訪れる際は、

下調べや下準備は

入念に行うべきだと自分は考える。

 

 

 

ネパールの女性の教育や差別…女性差別など問題について

 

ネパールは他民族国家ではあるが、

ヒンドゥー教が主な信仰だ。

 

制度では廃止になったはずのカーストが

未だに残っているところもあり、

ネパールの女性の地位は男性より低い。

 

 

実際にネパールの女性差別は

教育のデータからもよくわかる。

 

貧しい家庭では

教育費が限られている。

 

 

まず男子の教育費が優先される。

 

少し余裕のある家庭でも、

男子には学費が高く水準が高い学校へ行かせ、

女子は学費が安い学校へ行かせるという傾向がある。

 

 

ネパールの女性教育問題

としても取り上げられている。

 

 

ネパールの女性教育問題の原因は

宗教上の理由も大きい。

 

 

ネパールの女性問題では

様々な行動や服装にも

制限があるのが現状だ。

 

 

ネパールの女性問題では

生理の時は人との接触を避け、

隔離部屋で過ごさなければならない習慣もある。

 

ネパールの女性問題では

女性が出産や初潮の時は

隔離される期間が長くなる。

 

 

ムグ郡という、ネパールの7つの州で

最も貧しい地域があるが、

食糧不足で生活も苦しく教育の質も十分ではない。

 

文字がわかっている人も

わずか9%という驚きのデータもある。

 

 

ネパールの女性差別問題の解決策として、

ネパール女性問題NPOは

教育や食料・衛生面の支援。

 

児童婚や児童の労働問題を

解決するために取り組んでいる。

 

 

ネパールの女性差別の対策は、

ネパールの現状を知ってできることを考え、

行動にうつすことだとしている。

 

支援団体によって、

教育はだんだん行き届くようになった。

 

 

だが、貧困問題はまだ残っている。

 

 

ネパールの女性労働も基本的には

家畜の山羊の世話をして家計を支えること。

 

また、貧困からインドに

売春婦として売られることもある。

 

 

ネパールでも女性地位法律で

女性差別撤廃条約などの国際条約により、

1990年民主化運動をした。

 

差別改善のきっかけとなったが、

次は女性間での格差が問題となっている。

 

 

 

まとめ。ネパールはアジアの中でも貧困問題などが残っている

 

ネパールの実情について

少しはわかってもらえただろうか。

 

 

ネパールと聞いて

場所を正確に答えられる人は

恐らく少ない。

 

ネパールは

世界の屋根ともいわれる

ヒマラヤ山脈の数々。

 

エベレストをはじめ、

名だたる山への玄関口として

世界中の登山家たちの憧れである。

 

 

カトマンズ渓谷など自然豊かな国である一方、

アジアの中でも特に貧困問題、

女性の差別問題がたくさんある。

 

 

未解決の日本人行方不明事件も起こっている。

 

 

危険な地域には近づかないよう、

国の伝統や服装を重んじて行動すれば、

旅行をする分には楽しめるはずだ。

 

 

カトマンズにしばらく滞在していた入本。

自分と同じく太った毛むくじゃらの動物が好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ