ジンバブエ人と結婚…英語は必須?ジンバブエ人口と性格、日本でのビザや日本食、名前、優秀な彼氏…ジンバブエ人は英語で何?


 

アフリカ南部に位置するジンバブエ。

日常ではあまり聞かない国名で、住んでいる人のことも

あまりよく知られていない。

 

 

ヴィクトリアの滝やサファリなど、実は

雄大な自然で観光客も一定数いる国だったりする。

 

そのジンバブエという国や

ジンバブエ人について考察してみる。

 

 

 

ジンバブエ人口!ジンバブエの人口の推移や密度など

 

ジンバブエはアフリカ大陸の

南部に位置する共和制国家で、首都はハラレ。

 

ジンバブエの人口は約1460万人である。

 

 

高原地帯に多くの街があり、

亜熱帯のサバンナ気候で

比較的温暖な気候である。

 

 

首都には建物などもあり

都市化がすすんでいるが、

それでも発展途上という印象を受ける街並みだ。

 

 

2013年世界の不幸国ランキングで

1位をとってしまったという過去もある。

 

 

人口ピラミッドは高齢者が少なく、

若年層が多いという特徴が挙げられる。

 

 

面積は39万平方キロメートルで、

日本とほぼ変わらない一方、

人口は10分の1ほどなので人口密度は低い。

 

しかし、人口はこの10年で

増加の推移をたどっている。

 

医療の発達で、重大な問題であった

感染症やHIVなどの問題が少しずつ解決していることも

人口増加の一因であるといえる。

 

 

だが、2019年発表された情報では、

食糧などの支援がなければ、

250万人が飢餓によって命を落とす可能性があるという。

 

 

まだ発展途上国であり、

主な産業は農業や畜産業など。

 

 

干ばつや自然災害、民族同士の紛争など、

様々な理由で食糧不足が懸念されている。

 

そのため、増えた人口も

減少する可能性もある。

 

 

数年前におきたハイパーインフレで国内経済が破綻し、

優秀な若い人材が国外へ出稼ぎに行くため、

それも人口減少の懸念材料となっている。

 

 

 

ジンバブエ人と現地で気軽に暮らすための

具体的な手段とは?

 

 

ジンバブエ人と結婚するなら英語は必須?

 

ジンバブエ人は英語で「Zimbabwe」。

 

あまり知られてはいないが、

ジンバブエ人口の約9割が英語を話せる。

 

 

ジンバブエは主に

ショナ族とンデベレ族の2つの民族で

構成されている。

 

それぞれ主に使う言語は

ショナ語とンデベレ語である。

 

 

第二言語として広く英語が浸透しており、

発音に訛りもない。

 

ブリティッシュイングリッシュの

綺麗な発音である。

 

 

例えば、ジンバブエ人彼氏との

コミュニケーションは英語になるだろう。

 

 

ジンバブエ人の性格は明るく陽気で、

よく話しかけてくるフレンドリーさがある。

 

 

ジンバブエ人は

少し変わった英語の名前を持つ人もいる。

 

Love moreなど、

言葉の意味を重視した名前の付け方は

少し日本と似通った部分であると言える。

 

 

日本にいるジンバブエ人は少ないが、

留学や就労ビザなどをとって

滞在している人も全国で約200人ほどいる。

 

その中でも東京が一番多い割合を占めている。

 

 

ジンバブエは数年前のハイパーインフレにより

国内経済は基本的に破綻しているため、

国外への出稼ぎに出る人が多い。

 

 

ジンバブエ人は初等教育の義務化や

無償化が進んでいる国なので優秀な人材が多い。

 

日本にも技術を学びに来る

ジンバブエ人も少なからずいる。

 

そこで日本人と出会い

結婚にいたり永住するケースもある。

 

ハイパーインフレのため紙幣の数が足りなくなり、

日本よりもキャッシュレス化が

進んでいると言っても過言ではないだろう。

 

 

 

まとめ

 

発展途上国ながらキャッシュレス化がすすんでいたり、

ハイパーインフレという国内経済のの破綻から

より近代化にむけて努力し整備するというところは見習いたい。

 

 

一方で食糧不足などが心配される。

 

 

その格差をなくしていくことが

近代化への第一歩なのではないだろうか。

 

 

 

ジンバブエ人とのオンライン英会話で

ガツンとバイリンガルになったのは、そういえば

自分と同じく「フラガール」で嗚咽した小島(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ