ブルネイに移住する方法!条件をブログで…移住したいがビザ(ブルネイ移住権)は?生活費や50歳の仕事、デメリットなど…失敗したと後悔しないために


 

お金持ちの国ブルネイだが、

日本人の移住情報は少なく、実態がよく分からない。

 

例えばブルネイに移住するには、

移住したい気持ちがあり、移住権の取得、

ビザの取り方や方法や条件を知る必要がある。

 

 

実際に日本人がブルネイに移住した体験を

ブログ等でチェックし、日本人が

ブルネイに移住するデメリットや生活費等考察してみた。

 

 

 

ブルネイに移住する方法!ビザの条件は?

 

「ブルネイに移住したい」と思った時に、

実際何が必要で、どのような移住条件があるのか。

 

 

具体的なブルネイ移住ビザ取り方として、

日本人パスポートの場合電話連絡や、

様々な書類が必要となる。

 

 

ブルネイへ移住する検討の際に、

14日以内の下見観光であればビザが必要なく、

航空券の控えであるEチケットがあれば基本問題ない。

 

 

ただ、観光目的以外においては、

基本在日ブルネイ大使館への電話確認が必要だ。

 

 

ブルネイ移住権を得るための書類としては、

申請書に申請料として、

日本円で1,500円前後払う必要がある。

 

また、パスポートや

写真・航空券等が主な書類となる。

 

 

ブルネイ移住の方法は、

日本人が移住したいベスト2に選ばれるだけあり、

意外に簡単だ。

 

 

外国人就労者が国の3分の1を占めるくらいであり、

他の国よりアウェイ感は少ないといえよう。

 

 

ブルネイビザの条件としては、

2週間以内であれば、旅券が入国した時に半年以上あり、

旅券の未使用査証欄が2ページ以上あれば大丈夫だ。

 

 

 

ブルネイに移住しても

日本円の安定収入を得るには?

 

 

ブルネイに移住した人のブログをチェック!生活費は?

 

ブルネイへ観光目的でなく、

移住したいという強く思う事がある。

 

そんな自分以外に

実際にブルネイへ移住した

日本人移住者の情報を調べてみた。

 

 

ブルネイ移住における生活費は、

日本での生活の約7割だ。

 

加えて、医療費や消費税が

かからないというメリットがある。

 

教育費が無料という部分においては、

今は独身の自分だが、将来結婚して、

子供ができた時には、ブルネイ移住は有難い事になる。

 

 

ただ、もちろんデメリットも

ブルネイ移住には、たくさんあるのだ。

 

例えば、宗教的問題。

 

ブルネイ移住において最低限、

イスラム教について

抑えておかないといけない。

 

移住してから「まさかここまでとは」と

思うことになってしまうのだ。

 

 

宗教関係で規制されているのに、

まず酒がある。

 

酒を当たり前に飲んでいる

日本人の感覚でブルネイ移住したら、

失敗したと思ってしまうのは間違いない。

 

 

また、娯楽が少ない点も

ブルネイへ移住するなら

覚悟しておかなければならない。

 

特に、日々バーやスナックで

飲み歩いている者にとっては、

大きなデメリットとなる。

 

 

豚肉も食べてはいけないので、

食生活も変わる事になる。

 

 

これらの宗教的なデメリット以外に、

経済的な不安視とされるデメリットが

ブルネイ移住にはまだある。

 

ブルネイは原油や天然ガスで

国が成り立っている。

 

今後資源の枯渇や、外国人労働者が3分の1も

国を背負っている事を考えると

先行きが不安である。

 

 

ブルネイも何もしていない訳ではない。

 

しかし、そう簡単に外国人観光客が

今以上に莫大に増えたり、

企業数が増えたりとは考えにくい。

 

その点は覚悟しておく必要がある。

 

 

ブルネイへ移住した日本人の黒豆氏が、

ブルネイ移住について、

良い点と懸念すべき点など様々述べている。

 

ブルネイは資源豊富だが、

技術と人材不足により、

外国企業に頼らざる得ない状態。

 

利益が半減している

面がある点にも触れているのだ。

 

https://ameblo.jp/13579-mj-97531/entry-11994958503.html?frm_src=thumb_module

 

 

 

まとめ

 

ブルネイ移住は、

税金がかからなかったり、

物価が安いメリットもある。

 

 

しかし、宗教的な部分

であらゆる部分で

ブルネイ文化に馴染む覚悟が必要だ。

 

 

 

バンダルスリブガワンへの移住を検討しているのは、

自分と同じ元神経質のフィリピン人(笑)シェルナン。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ