ノルウェーに移住、デメリットは仕事?移住したい…移住方法と条件、日本人の50歳の仕事、ビザの方法など。失敗したと後悔しないために


 

ノルウェーに移住するデメリットは、自分のように

冬が苦手なら寒さ(笑)、そして高い生活費だ。

 

 

ノルウェー移住のより詳しい情報、

 

ノルウェーに移住しても不安のない

オンラインの安定収入を得る方法とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

北欧諸国の中でも

あまり目立たない国だが、

実は魅力に溢れるノルウェー。

 

近年、日本からの観光客も増えており、

人気が急上昇している国と言っても過言ではないが・・・

移住となると情報が少ない。

 

 

そこで今回は、そんな魅力あふれる

ノルウェーへの移住について紹介していこう。

 

後悔のないようにデメリットから触れる。

 

 

 

ノルウェーに移住…デメリットは?ブログでチェック

 

ノルウェーは魅力に溢れた国だが、

移住するデメリットはあるのだろうか。

 

 

ここではノルウェー移住者の

ブログを参考にしながら、ノルウェーに移住する

メリットとデメリットを紹介していこう。

 

 

現在ノルウェーで暮らす日本人は

約1,100人と言われている。

 

そのうちの半数弱にあたる

約500人が永住者であり、

長期移住をしている人も多い。

 

 

ノルウェーに移住して結婚して、

母国には戻らず、ノルウェーで

生活をするケースも多い。

 

ノルウェーの社会制度は

魅力度が高いのだろう。

 

 

デメリットは、

日本に比べて気温が低いこと、

湿度が少ないことなどが挙げられる。

 

 

ノルウェーと聞くと寒そうな印象だが、

湿度が少ない分、極寒ということではない。

 

しかし、日本の冬に比べると

気温が低いので要注意だ。

 

ノルウェーに移住して

老後を過ごしたいなら、気温の変化は

特に気を付けるべきポイントだろう。

 

 

【ノルウェー日記】

 

 

 

ノルウェーに移住!日本人の仕事は?

 

ノルウェーは、

移住した日本人でも

働きやすい国だと言える。

 

理由の一つは、英語が通じるからだ。

 

 

海外へ移住する人が心配することは

言語が通じるかどうかではないだろうか。

 

 

ノルウェーの公用語はノルウェー語だが、

多くの国民が英語を話すことができる。

 

ノルウェー人は、訛りの少ない綺麗な英語を話すので、

仕事をする上で日本人にとって英語は聞き取りやすく、

仕事はしやすいと言えるだろう。

 

 

英語が話せなければ、

私生活に困る場面が多くなる。

 

英語力を上げることは、

ノルウェーで移住する注意点の

一つとして覚えておくべきだ。

 

 

先程述べた通り、

ノルウェーと日本は

ワーキングホリデー制度も始まっている。

 

首都オスロのカフェでは

日本人スタッフを見る機会も

増えてきたそうだ。

 

ワーキングホリデー制度を利用して

ノルウェーに移住するのも良いだろう。

 

 

 

ノルウェーに移住したい…方法は?ビザの条件など移住方法

 

ノルウェーと聞いて

どんなことを思い浮かべるだろうか。

 

最近ではディズニー映画

「アナと雪の女王」の舞台となった国でもある。

 

 

ノルウェーに移住するに

まず必要なのがビザだ。

 

90日間を超える滞在や

労働を伴う場合には、

滞在許可証や就労許可証を取得する必要がある。

 

 

ノルウェーへの移住は

難しいのではないかと

考えている方もいるのではないだろうか。

 

 

ノルウェーはビザの制度が

充実していて移住しやすい国だ。

 

学生ビザでも、週に20時間までの

労働が許可されている為、

アルバイトが可能だ。

 

 

就労ビザを取得できる

ビザの条件は厳しく難しい。

 

留学生として学生ビザを取得して

ノルウェーに移住し、アルバイトに

精を出している外国人も多いようだ。

 

 

ノルウェーに移住する方法は他にもある。

 

 

2013年2月より

日本とノルウェーの

ワーキングホリデー制度が始まった。

 

ノルウェーに移住したいなら、

この制度を利用するのもいいだろう。

 

 

 

まとめ

 

ノルウェーは、社会制度が充実している。

 

日本人だけでなく、

様々な国からの移住者でも

過ごしやすい国なのではないか。

 

日本人の移住者も年々増えており、

より今後人気が出るのではないだろうか。

 

 

学費も免除など、

子育てもしやすい社会制度が揃っている。

 

結婚をして、子育てをしている

ファミリー層にも嬉しい国だと言えるだろう。

 

 

ビザの種類も豊富なので

自分の目的にあったビザを取得し、

移住を考えていただきたい国である。

 

 

ノルウェーに移住を計画しているのは、

自分と同じく「つくね」にとにかく目がない岩田(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. きよ より:

    ノルウェーはビザの制度が充実していて移住しやすい国なんですか。
    でもいざ移住しても現地の言葉で働くのは厳しそうです。

  2. 栗山 より:

    ノルウェーは日本ではあまりメジャーではないので、特に憧れることもなかったですが、読んでみると、滞在するにはいい国のようですね。ただ極寒はちょっと・・・

  3. ゆずくんのママ より:

    ノルウェーに1100人も日本人が暮らしているのはちょっと驚きです。
    結婚などは別として、ノルウェーでなければできないようなことがわかりません。
    気候も厳しそうだし、物価も高そう。子育てはしやすそうだけど。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ