コスタリカに移住して失敗?移住するには…移住条件(50歳の仕事やビザ)をブログで確認!生活費や物価のデメリットで後悔しないために


 

退職後の移住先としてアメリカ人に人気の国、コスタリカ。

 

 

では、日本から移住するにはどのような条件があるのだろうか。

移住後の生活は?

 

後悔しない移住のために、様々な情報を紹介していこう。

 

 

 

コスタリカに移住するには?ビザの条件など移住条件をブログでチェック

 

コスタリカは、中米諸国でも政情が安定し、

気候も平均25度という安定していて暮らしやすい国である。

 

日本ではまだ移住先としてはマイナーだが、

アメリカ人にとってコスタリカは

退職後の移住先として人気というデータもある。

 

 

日本からコスタリカに移住する方法は

 

・コスタリカ国籍の人と結婚をする

・特定投資家査証制度により規定の額を投資する

 

といったことで、永住権が得られる。

永住権の条件を満たすのは簡単ではないが、

ビザなしでも90日間滞在が可能だ。

 

まずは短期移住を考えてみると良いだろう。

 

 

40歳からコスタリアに移住してる

K.Sekine氏のブログを紹介する。

 

http://mediajuku.com/?p=6809

 

 

 

コスタリカでWebから安定収入を得て

楽しく暮らす方法とは?

 

 

コスタリカへの移住に失敗して後悔?仕事や物価、生活費など

 

コスタリカの物価は、日本と比べても高くも安くもない。

生活費は、ほぼ日本と変わらないと思っていいだろう。

 

生活費、物価がさほど変わらない上、

気候も国民性も穏やかで豊かな自然もあり、

一見すると魅力的な移住先と言える。

 

 

それでも、

移住して後悔しているというケースはあり、

その理由も様々だ。

 

 

まず、日本人向けの求人が少ない

 

仕事自体はコスタリカ大使館のフェイスブックに

求人が出ていることもある。

 

しかし、日系の企業が少ないので、

日本語しか話せない場合、就職は難しい。

 

コスタリカでの主言語はスペイン語である。

米系企業や現地企業などでも

英語やスペイン語が求められるケースがほとんどだ。

 

 

英語もスペイン語も話せないなら、

仕事はおろか生活も難しいと言えるだろう。

 

 

次に、家族でコスタリカに移住した際の

子どもの学力について。

 

子どもは当然ながら現地の学校へ通うことになる。

 

言語の壁はもちろんだが、

コスタリカの校風は日本に比べると、

のびのび自由である。

 

個性を伸ばしたい、

子供らしく自由に育てたいというなら良いだろう。

 

ただし、「学力」という点で考えると、

日本の学校に通う同年代と比べると低いと言わざるを得ない。

 

「学力」を重要視する教育方針なら、

おすすめはできない。

 

 

しかしながら、これらを踏まえても

中米の楽園とも言われるコスタリカは魅力的な国だ。

 

後悔したという移住者もいるが、

コスタリカに移住して

幸せな生活を送っている日本人も多いということを忘れてはいけない。

 

 

 

まとめ

 

コスタリカ移住にはメリットもデメリットもある。

 

英語もスペイン語も堪能でないなら

生活するのは難しいと言える。

 

 

だが、観光での長期滞在や

最大90日間を使った短期移住なら、

永住ほどハードルは高くない。

 

少し長い休暇を楽しむ感覚で、

一度は自然豊かなコスタリカを満喫してほしい。

 

 

 

自分がコスタリカ移住を考えたのは、現地が大好きなユメさんから

その魅力を聞いた時

 

マザコンの自分は、日本からの距離が遠すぎるのがネック(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ