ドイツ移住、子連れで失敗?移住と仕事、親子移住の失敗と後悔…ドイツに住むにはどうすればいいか?ビザのデメリットなど


 

ドイツ移住を子連れでするなら、

アメリカの都市部のような

ファッションへの気遣いが不要なのはメリット。

 

ただ、合うかどうか人によるので

事前の短期滞在を。

 

 

ドイツ移住のより詳しい情報、

 

ドイツに住んでも変わらない

安定収入を得る方法とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

ドイツはヨーロッパの中で

比較的移住しやすい国だが・・・

ちゃんとした情報が多くはない。

 

 

そこでこの記事では、

ドイツに移住した後に後悔しないために

 

・ドイツ移住するため条件

・ドイツの移住にかかる費用

・ドイツでの仕事の探し方

・子連れの場合

・ドイツ移住のデメリットとメリット

 

などを紹介しよう。

 

 

 

ドイツに移住、子供と一緒に?ドイツ移住の子連れ(親子移住の失敗)や老後について

 

子供と一緒にドイツへ移住したい人がいれば、

老後をドイツで過ごしたい人がいる。

 

 

移住の手続きをする場合、

どんな注意点があるのだろうか。

 

 

まず子供と一緒にドイツへ

移住する時の注意点。

 

ドイツへ親子で移住する時に

ビザを申請する場合には、

子供の出生証明書を提出する必要がある。

 

在日ドイツ大使館の

ホームページで確認しておこう。

 

 

子連れでドイツに移住する

方法の1つに、親子留学がある。

 

16才以下の子供が留学するには、

親の同行が必要になるのだ。

 

その場合は、

住民登録をしてから

就労ビザを取得する。

 

つまり留学ビザは、

取得できないのだ。

 

 

老後はドイツに住みたい場合は、

どうすればいいだろうか。

 

 

ドイツの医療制度は優れているので、

移住するには安心だ。

 

 

ドイツにリタイアメントビザはないが、

年金受給などの退職者として

申請する事は可能だ。

 

退職者用滞在許可書になる。

 

申請は、現地の

滞在先の外国管理局だ。

 

 

申請するのには条件がある。

 

・45才以上

・年額6万6,000ユーロ以上(夫婦合算)年金受給者または金利生活者

 

1ユーロを117円で

計算すると772万7,000円。

 

日本の夫婦でもらえる

平均した年金は1年で264万円。

 

庶民には高すぎる金額だ。

 

しかし若い時に

ドイツへ移住すれば、

永住権を得られる。

 

 

5年以上ドイツで労働して

6年以上継続的にドイツに住んでいると

無期限滞在許可書を得られる。

 

無期限滞在許可書を得てから3年過ぎると、

永住権を取得する事が出来るのだ。

 

 

ドイツで老後を過ごしたいなら、

仕事が出来る若いうちからドイツに移住した方がいい。

 

 

 

ドイツに移住するデメリットとメリット…ドイツ移住の失敗、体験をブログで

 

ドイツに移住したら、

どんなメリットとデメリットが

あるのだろうか。

 

 

ドイツの移住者ブログを読んでみよう。

japadeutsch.hatenablog.com/entry/germany/problems

 

 

ドイツでの生活に

苦戦をしている事が書かれている。

 

 

外国に住めば日本と違うので、

戸惑う事が多いのは当たり前だ。

 

ドイツに移住する利点は、

どんなところがあるのか調べてみよう。

 

 

1.ドイツは家賃が安い

2.ドイツの街並みがきれい

3.他のヨーロッパの国に旅行に行きやすい

4.ビールがおいしい

5.金曜や土曜日の公共交通機関が24時間走っている

6.ドイツは長時間労働をしない

7.医療保険が整っている

 

 

次にドイツに移住する

デメリットも知っておこう。

 

デメリットを知らないで

ドイツへ移住すると、

失敗する恐れがあるからだ。

 

 

まず、ドイツはサービスが悪い。

 

ドイツの役所は日本と違って

対応が冷たかったり、

書類を受け取るのに時間がかかったりする。

 

 

交通機関も時間通り来ない。

 

 

また、

スーパーマーケットや店は

日曜日が休み。

 

日曜日にスーパーマーケットが

開いてないと日本人にとって不便である。

 

 

さらにドイツの食事は、

種類が少ないのでつまらない。

 

 

最後に海外移住をした人の

後悔した理由も知っておこう。

 

 

後悔の理由は

 

・言葉の問題

・お金に失敗

・日本と生活習慣が違う

 

などだ。

 

 

 

ドイツ移住、移住の費用や仕事は?

 

ドイツに移住する場合、

いろいろ気になる事がある。

 

まず言葉の問題。

 

ドイツに移住した場合、

英語でも通用するのだろうか。

 

 

ドイツ語の公用語はドイツ語なので、

英語のみで生活できる場所は少ない。

 

 

旅行でドイツへ行くのと、

生活するのでは違うのだ。

 

ドイツに移住するなら、

ドイツ語を勉強しておく必要がある。

 

 

次にドイツへの移住費用は、

どのくらいかかるのだろうか。

 

ビザの発給手数料は、

お金がかかる。

 

学生ビザと就労ビザの場合は75ユーロ。

 

ただしドイツ人配偶者ビザの

発給手数料は無料である。

 

 

ドイツの役所で申請する書類は、

どうだろうか。

 

役所で申請する書類は無料だ。

 

しかしドイツ語なので、

翻訳してもらうとお金がかかる。

 

翻訳などすべて

専門家に手伝ってもらうと、

200万円以上かかってしまう。

 

ただし自分ですべて行えば、

もっと安く抑えられる。

 

 

ドイツで生活すると、

どのくらいかかるのだろうか。

 

どうしてもドイツの生活費が気になる。

 

ドイツは、日本より

物価が高いから心配だ。

 

例えばベルリンの場合、

家賃はどうだろうか。

 

 

ドイツの家賃は、

光熱費も含まれている。

 

ベルリンで一人暮らしだと、

700~1,200ユーロだ。

 

1ユーロを117円で計算すると

約8万~14万円だ。

 

 

食費は一人暮らしで

すべて自炊だと

約200ユーロで2万3400円だ。

 

 

日用品はメーカーに

こだわらなければ、

日本より安く済む。

 

ただし粗悪品があるので、

注意が必要だ。

 

 

消費税は19%で、

食料品は7%である。

 

 

生活するには、

お金が必要。

 

そのためドイツで

仕事をする必要がある。

 

ドイツで仕事を斡旋している

日本の大手就職エージェントがあるので

相談してみよう。

 

ヨーロッパの企業や

ドイツの企業で働きたいなら、

英語やドイツ語が堪能であれば仕事が探しやすい。

 

 

就職エージェントを利用する方法以外には、

ドイツで職業訓練を受ける方法もある。

 

職業訓練は2年から3年だが、

資格を取れれば就職できる。

 

さらに訓練を受けている間に

ドイツ語が上手になる。

 

自分にとってベストの方法を見つけよう。

 

 

 

ドイツに住むにはどうすればいいか?ドイツに移住するには…ビザの条件や準備など方法を紹介

 

ドイツに移住した外国人は多い。

 

2005年にドイツで施行された移住法により、

ドイツに移住する外国人の

受け入れにかかわる基本方針がハッキリしたからだ。

 

 

ドイツに移住するには

どうしたらいいのだろうか。

 

 

ドイツに移住する方法は

 

・ドイツの大学生になる

・職業訓練校に通う

・仕事をする

・ドイツ人と結婚する

 

などがある。

 

 

ドイツに移住する場合、

ビザが必要だ。

 

自分の目的にあった

ビザを取得しておこう。

 

 

ビザを申請する時に

揃えておかなければならない書類がある。

 

在日ドイツ大使館のホームページに

ビザの申請方法が記載されている。

 

ビザを申請する方法知っておこう。

 

 

長期滞在をする場合は

 

・滞在許可申請書

・住民登録を証明する書類

・パスポート

・写真・

ドイツで有効な医療保険に加入している事が確認できる書類

・滞在目的を証明する書類

 

が必要だ。

 

 

住民登録の書類はドイツに入国後、

1週間から2週間の間に滞在地で

住民登録の申請をしなければならない。

 

 

忘れてはいけないのが、

ドイツ国内で有効な保険に加入しておく事だ。

 

日本で加入する海外旅行用の保険は

認められないので気を付けよう。

 

 

自分の目的にあったビザを

申請しなければならない。

 

ドイツの滞在許可書は

 

・就学用

・労働用

・退職用

 

などがある。

 

 

それぞれ条件が違うので、

自分が申請するビザの条件を確認しておこう。

 

 

気を付けなければならないのは、

ワーキングホリデーの場合。

 

ワーキングホリデーは、

長期滞在と申請方法が違う。

 

ドイツ大使館のホームページにある

ワーキングホリデービザの

申請方法のところを見ておこう。

 

 

ちなみに、移住するのにおすすめの都市は

 

・ベルリン

・ハンブルグ

・フランクフルト

・ミュンヘン

・デュッセルドルフ

 

それぞれの都市には特徴がある。

 

 

国際的な街であるベルリンは、

アーティストビザや

フリーランスビザが取得しやすい。

 

ベルリンでは、

宗教による偏見がない。

 

 

ハンブルグは、

ビジネスによって

築かれた都市である。

 

ドイツでバリバリ

仕事をする人にはおすすめだ。

 

 

フランクフルトは、

国際金融・工業・産業中心。

 

世界都市の1つなので、

ドイツを拠点にして

世界に進出したい人向けだ。

 

 

ミュンヘンは、

外国人が住みたい街として人気がある。

 

ドイツの中で物価が高いが、

失業者が少ない街。

 

そして有名なお祭りがある

豪快で陽気な街なので、

楽しみながら生活したい人におすすめだ。

 

 

ドイツ西部にある

デュッセルドルフは、

日本人が多く住んでいる。

 

デュッセルドルフを州都とする

ノルトライン・ヴェストファーレン州には、

多くの日系企業の拠点があるからだ。

 

日本人が多いところに

住みたい人には、おすすめする。

 

 

ドイツに移住するなら、

自分の移住目的にあった都市に移住しよう。

 

 

 

まとめ…ドイツ移住を後悔しないためには

 

ドイツに移住すると決めたら、

ビザなどを申請する準備をしよう。

 

そのためには、

在日ドイツ大使館のホームページで

しっかり調べておく必要がある。

 

自分に必要な書類を確認しておこう。

 

 

特にワーキングホリデーを利用する人は、

長期滞在ビザではないので気を付ける。

 

 

ドイツで生活するには、

ドイツ語が出来ないと不便だ。

 

ドイツ語を勉強しておく事が必要。

 

 

そして海外に移住する場合、

どうしてもお金がかかる。

 

ドイツへの移住費用も

どのくらいかかるのか調べておこう。

 

移住するのに必要な費用を

準備しておかなければならないからだ。

 

さらに移住費以外にも

家賃や生活するための費用もかかってくる。

 

 

そしてドイツに移住を決める前に大切なのは、

ドイツ移住のデメリットを知っておく事だ。

 

どうしても人は、

メリットばかり注目してしまう。

 

デメリットを

受け入れられるかどうか、

よく考えてみよう。

 

デメリットを受け入れられれば、

ドイツに移住しても後悔する事はない。

 

 

デュッセルドルフに住むひなちゃん。

自分と同じゴキブリ嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. きよ より:

    ドイツ語が分からないと生活するのは大変そうですね。
    サッカー選手がペラペラに喋っているのを見てすごいなぁといつも思います。

  2. さくら より:

    ドイツへの移住はお金がかかりそうで、気軽にはできませんね。
    ドイツはきっちりしているのかと思っていたので、
    交通機関が時間通りでないのは意外です。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ