グアムに移住!グアムに住むには費用は?物価やグアム島の移住手続き…失敗や求人、仕事探しは?旅費(一人旅の費用)も紹介


 

グアムに移住するなら、

ほとんどのものが観光地価格になることを

再認識しておこう。

 

たまに旅行で行くのと、移住するのは

全く別の次元の話だ。

 

 

グアム移住のより詳しい情報、

現地に住んでも入り続ける安定収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

南の島グアム。

 

日本から3~4時間と近く、

きれいな海と広い空、魅力的な観光スポットで

旅行先として人気が高い。

 

 

そんなグアムについて、

今回は深く掘り下げてみよう。

 

グアムの雰囲気が好きで移住を考えている人や

旅行先の候補に挙がっている人など、

ぜひ参考にして欲しい。

 

 

 

グアムに移住!グアムに住むには…グアム移住の失敗も。いいところ?

 

グアムに移住した人の話を聞くと、

声をそろえてみんな言う。

 

 

「グアムは住むところじゃなく、観光地だ」と。

 

 

なぜかと言うと、

その物価の高さが関係している。

 

グアムを知らずに移住した人が

失敗したと感じるところは、この物価の高さにより

資金繰りに不具合が生じてくることからが多い。

 

 

その物価は、アメリカ本土より2割ほど高く、

日本と比べても物価は若干高めであると

思っておいて欲しい。

 

 

でもグアムにはいいところもたくさんある。

 

南国では人がおおらかで優しく、治安が良い。

 

 

食も日本人に合っていたり、

なんといってもグアムである、

毎日リゾート気分で暮らせる。

 

 

なんと花粉症の人の避難場所ともいわれる。

 

 

グアムに住むには、ある程度の

経済的余裕が必要になることを

念頭においてほしい。

 

 

 

グアムに移住、費用は?物価や生活費は高い?

 

グアムは、観光地としての

生活基準が基本であり、

物価も観光地価格である。

 

 

ひと月あたり生活費は、

約15万円程度必要になる。

 

 

そこに、移住の初期費用が掛かったり、

学生ビザで移住している場合には

学費を支払ったりと、費用が重なる。

 

その人がどんなビザを取得するかによって

移住の費用も変わってくる。

 

 

さらに、電気代は日本よりも高い。

 

日本と電圧が違うため、

日本製の家電の利用を考えている場合は、

専用の変圧器の用意が必要な場合もある。

 

 

水道は飲用には使用せず、

ミネラルウォーターを

購入している人がほとんどである。

 

それにより水道光熱費も日本より

高くなることを想定しておいてほしい。

 

 

グアム移住の生活費を低く抑える方法としては、

ホテル住まいよりコンドミニアムで

過ごすことをお勧めする。

 

 

 

グアム島への移住手続き!永住したい…治安は?在住の日本人のブログ

 

治安が良く観光地で人気の

グアム島はアメリカの管轄である。

 

 

移住手続きには、年に一度の抽選会で

「グリーンカード」というものを

取得する必要がある。

 

投票や公的な仕事に就くことはできないが、

永住権を獲得するためには

このカードが必要になってくる。

 

 

しかし、この抽選会の写真規定が厳しかったり、

実施期間が一カ月間と短いために間に合わない場合もあり、

グリーンカード獲得までに相当なハードルがある事が分かる。

 

 

「ママと娘の南の島生活~グアム~Withマグロくん+七さん」

という、グアム現地の様子がよくわかるグアム移住者の

ブログを見つけたので、興味がある方はこのブログを見て欲しい。

 

グアムの食がよくわかる。

 

 

景色に興味がある方は、

「りひゃん Powered by LINE」

というブログをお勧めする。

 

 

 

グアムを旅行、旅費は?一人旅(ひとり旅)、グアム旅行の費用や安い時期

 

グアムはハワイに次ぐ

リゾート地として有名で

人気の場所である。

 

 

たまには優雅に一人旅もいいだろう。

 

 

自分も仕事で疲れた時は、

単身で旅行に出かける。

 

一人で自由に時間を使い、

リフレッシュする時間を

大切にしている。

 

 

旅行に行く時、まず一番に

安くすませたいのが旅費である。

 

 

一番簡単な方法は、

繁盛期を避けるやり方である。

 

 

比較的旅費が安い時期は、

GW後から夏休み前、10~12月(年末年始前)、

1~3月(春休み前)である。

 

 

ホテル代は、有名リゾートホテルになると

一部屋一泊約3万円が相場である。

 

シティーホテルの場合は

1万円から宿泊が可能である。

 

 

ツアーに申し込む方法もある。

 

一般的なツアーは3泊4日のものが多く、

その費用は内容により

5万円~25万円近くまで幅がある。

 

 

ツアーは、旅費やホテル費用など

すべてまとまっているので

お得感があるのが嬉しい。

 

 

 

グアム旅行!グアムを家族で旅行…家族4人グアム旅行費用は?結婚する場合の予算(費用)は

 

日本から3~4時間で

行くことのできる南国の楽園グアム。

 

家族4人でグアム旅行を楽しむための

旅費は季節によって差がある。

 

 

雨季や乾季では約8~11万円。

 

GW、お盆などは約20万円。

 

年末年始では25万円となる。

 

 

現地の滞在費は、シーズンによる変動は無いが、

繁盛期はやはり旅費が跳ね上がるので

注意が必要である。

 

 

海外挙式の中でもグアムは、

ハワイに並んで人気が高い。

 

 

グアムで結婚式を挙げる予算の

平均は100万円である。

 

予算に余裕があれば、

ホテルのグレードを挙げたり、動画撮影を追加したりと

日本での挙式の考え方と同じである。

 

 

中には50万円未満で挙式をした人もいる。

 

大勢の親族や友人を呼んで豪華な挙式にするのか、

二人だけの式にするのか、挙式の

かたちによって費用は大きく変わる。

 

 

 

グアムで何する?観光の口コミ…学生の楽しみ方

 

ビーチ、ホテル、ショッピングモールやレストラン。

 

観光地のグアムは南国の島

ならではの楽しみ方が溢れている。

 

 

グアムに行くと、何するか

困ることがないくらい

すべてが充実しているのである。

 

 

ビーチでは泳ぐのはもちろん、

シュノーケリングやジェットスキー、

パラセイリングなどのマリンスポーツも豊富である。

 

買い物は、ショッピングセンターや

セレクトショップが集まっている

プレジャーアイランドという場所がおすすめである。

 

 

家族での旅行や学生グループ、

カップルが楽しめる場所として、

グアムには3大ウォーターパークがある。

 

 

泳げる水族館や、ラグーンをカヤックで探検できる

パシフィックアイランドクラブグアム。

 

プールとビーチを両方満喫できる

オンワード・ウォーターパーク。

 

個性派なスライダーが10種類楽しめる、

ターザ・ウォーターパークである。

 

 

外は日差しが強いので、日焼け止めは必須である。

 

 

グアム観光で、

恋人岬へは絶対行くべきと、

口コミが集まっている。

 

多門湾を望む絶景と恋がかなう

伝説の鐘がある場所として

カップルに人気である。

 

 

 

グアムで仕事探し!仕事の募集、求人は?就職するなら

 

日本からも近く、グアムの

南国的な雰囲気に魅了される人は多い。

 

グアムで就職をして住んでみたいと

考える人もいるだろう。

 

 

グアムでの仕事探しの実際はどうであろうか。

 

 

グアムの主な産業は、観光である。

 

グアムで日本人が就いている

仕事の多くも観光関係で、

日本人観光客にかかわる仕事が多い。

 

 

日本の旅行会社やウエディング会社も多くあるし、

ホテルやレストランには日本人スタッフが

数多く働いている。

 

外国語に自信がない人でも、

日本人が多い職場は安心感が

あるのではないだろうか。

 

 

「グアムに恋して」というサイトで、

グアムの仕事の募集をいくつか

載せてくれているのでチェックしてみて欲しい。

 

 

グアムで仕事をするには、

当然ビザの取得が必須である。

 

ちなみにグアムはアメリカのビザを

取得しなければならない。

 

 

 

番外編:ハワイに移住して失敗!グアムとハワイ、サイパン…物価など違いは?

 

憧れのハワイ。

 

一度旅行で訪れるとその雰囲気に魅了され、

ずっとここにいたい気持ちが

大きくなった経験はないだろうか。

 

 

憧れを持つことは大事な事だが、

現実を直視することを忘れ、

勢いで移住を決めると後で失敗したと痛い目に合う。

 

 

勢いでハワイへ移住した人は、

物価の高さや英語の壁、医療費の高さや

教育水準の低さを嘆き後悔している。

 

 

グアム・ハワイ・サイパンの違いも挙げておこう。

 

 

この3つのリゾート地の簡単なイメージとしては

 

 

サイパンが田舎的なリゾート地。

 

グアムはハワイを小さくしたような南国リゾート。

 

ハワイが世界を代表する南の島。

 

 

といったところだろうか。

 

 

物価は3者とも大きく違いはないが、

サイパン、グアム、ハワイの順で

若干高くなるような印象である。

 

 

 

まとめ。グアムの移住について

 

グアムは観光地である。

 

観光地はたまに訪れるから

魅力的であるし、また行きたくなる。

 

 

グアムはそんな場所であると

自分は考えている。

 

 

魅力的な場所である故、

そこで住もうと思えば

それなりにリスクもあるという事である。

 

綺麗なバラにはとげがあるといったところだろう。

 

 

南国の島グアムを非日常的なリゾート地にするのか、

自分が暮らす日常的な場所にするのか、

それを決めるのはあなた自身である。

 

 

グアム移住を夢見ていた安永。

自分と同じく、つくねがとにかく好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ