モロッコに移住!条件や50歳の仕事は?モロッコ移住…ビザや子連れの費用、方法、年金受給者や金利受給者のデメリットをブログで紹介。失敗したと後悔しないために


 

モロッコは良い場所だと聞くが、

移住となるとやはり不安も多い。

 

 

そもそも、モロッコへ移住するには、

どのような条件があるのか。

 

ビザの取得や方法と費用、

そしてモロッコの仕事についても紹介する。

 

 

 

モロッコに移住する条件は?ビザや方法を紹介

 

モロッコへ移住するために

必要なビザを取得するには

どのような条件があるのか。

 

観光目的で、90日以内であれば

ビザ取得は必要ないのだ。

 

 

ただ、ビザ取得となると書類だけでも

 

・パスポートコピー

・在留カードコピー

・海外力保険証のコピー

・飛行機チケット予約確認書

・ホテルの予約確認書

・在職証明書

・写真

・ビザ申請フォームへ英文か仏文で記入

・健康診断書

・モロッコ銀行口座

 

等々、山ほど必要である。

 

 

仕事の場合であれば、

更に会社の推薦状と、

モロッコからの招待状も必要だ。

 

 

更に様々な条件があり複雑であるため、

まずはモロッコ王国大使館へ

問い合わせるのをお勧めする。

 

 

ビザを無事取得したとして、

モロッコへ移住するために

どうすればよいか。

 

 

モロッコ移住のため、仮に移民としてなら、

中央警察の出入国管理部へ行く必要がある。

 

3カ月を超える滞在なら、

モロッコへ行ってから15日以内に区役所へ行き、

滞在許可証を取得する必要もある。

 

 

長くて半年程、正式に許可がおりるのをまち、

最長3年の滞在許可がおり、もう一度申請し、

10年の滞在許可を得るという方法がある。

 

 

このモロッコ移住を年金受給者はできるのか。

 

月20万円程の年金があれば、

映画「カサブランカ」で有名な

モロッコで移住生活できるのだ。

 

 

モロッコの首都ラバトであれば、

家賃1万程でも生活できる。

 

 

では、モロッコに移住する

年金受給者はどんな状態になるか。

 

モロッコでの退職者は

年金税額の8割を引いて貰える制度があるのも、

退職者の特典である。

 

 

モロッコ移住条件をクリアできれば、

こういうメリットもあるのだ。

 

 

 

モロッコに住んでも尽きない

安定収入を得る方法とは?

 

 

モロッコに移住、仕事はどうする?費用もブログでチェック

 

モロッコ移住は、

子連れでも可能なのか。

 

モロッコ文化に

子供が慣れるかが問題だ。

 

 

例えばモロッコには、

知らない人でも家に招く文化がある。

 

子連れで生活するにしても、

子供が極端な人見知りだと

苦戦するのは間違いない。

 

 

モロッコへ移住するための

費用はどのくらいか。

 

引っ越しにおいて、

家具など持っていくなら

最低70万円は必要だ。

 

 

モロッコについてからは、

食費が日本の3分の1程であったり、

交通費が日本の10分の1程で済む。

 

しかし、移住の初めの費用は、

もろもろ削っていくにせよ、

数百万円は必要だ。

 

 

実際にモロッコへ移住した

生の声が知りたくて、

ブログを確認した。

 

 

ボンボンブランケットのzwina(ズイーナ)氏によると、

刺身等日本食を恋しく思う事もあるが、

モロッコ人の生き様に日々感銘を受けている。

 

https://ameblo.jp/zwina/entry-12433953744.html

 

 

40代になり、まだ結婚していない自分としても、

モロッコ人のように、ただ生きる事に

全力投球する姿には魅かれる。

 

 

今モロッコへ移住するとなると、

仕事を探すのが先決となる日本人

がモロッコで仕事するハードルは高いのか。

 

 

日本にいながら、

モロッコの求人は少ない状態だ。

 

ただ、ある程度英語を話せると

可能性は十分ある。

 

 

慣れない現地の方と直接交渉するより、

転職エージェントを使うと、

トラブルも少なくなるのでお勧めだ。

 

 

モロッコ移住のデメリットはあるのか。

 

文化の違いでいえば、

街中に常に監視カメラが設置されていて、

日本にいるより落ち着かないというのがある。

 

 

また、喫茶店では

タバコの煙が充満しており、

タバコ嫌いは大変な思いをする。

 

大麻等も日常的に目にする事もあるのだ。

 

 

 

まとめ

 

モロッコ移住に関しては、

物価が安いメリットもあるが、日用品等

日本とさほど値段が変わらない物もある。

 

後悔しないためにも、

3カ月であればビザも必要ないので

モロッコを肌で感じ、移住するか否か決めるのが必要だ。

 

 

 

モロッコで気楽な現地生活を送るのは

自分と同じムカデ嫌いの和利(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ