パラグアイに移住した伊藤って?移住地や方法、50歳の仕事をブログで紹介!心中や受け入れ先のデメリット…失敗したと後悔しないために


 

海外移住を移住を

夢見ている人はたくさんいる。

 

だが、都会や人気の移住国ではなく、

移住先としては少しレアな国に興味が

ある人もいることだろう。

 

 

例えばパラグアイはそういった国の一つだが、

やはり移住情報が多くはない。

 

そこで、今回は

パラグアイへの移住について紹介していく。

 

 

 

パラグアイに移住する方法!移住地と受け入れ先は?

 

実は、パラグアイは日本人が移住しやすい国だ。

 

日系人が多く在住しており

「日本・パラグアイ移住協定」も締結している。

 

 

パラグアイは南米にあり、

ブラジル、ボリビアの南、アルゼンチン、

ウルグアイの北に位置する内陸地。

 

人口は約700万人、

面積は406,752平方キロメートル。

 

日本の面積が377,975平方キロメートルなので、

日本より少し広い国土を持つ。

 

 

公用語は主に

スペイン語とグアラニー語。

 

 

パラグアイに移住するにあたって

現地の物価が気になるが、

日本に比べてかなり安い。

 

1人あたり

食費、光熱費等の生活費に

5万円ほどあれば十分だ。

 

 

パラグアイに移住し仕事をする方法の1つとして、

「草の根・人間の安全保証無償資金協力」を

利用できる場合がある。

 

 

開発途上国における

経済社会開発を支援する非営利団体等に、

上限として1,000万円が支給される。

 

支援活動に興味のある人は

このシステムを考慮してみるのも良い。

 

 

もちろん、移住地も

大事な問題のひとつである。

 

首都のアスンシオンや、

その他シウダー・デル・エステ等。

 

様々な都市で在住の日本人や日系人が

サポートをしているので、

事前に調べておきたい。

 

 

また、パラグアイに移住するには

定住ビザが必要である。

 

ビザの取得には条件があるので、

以下のパラグアイ大使館のHPにて

確認してほしい。

 

在日パラグアイ大使館

 

 

 

パラグアイに住んで生活費を抑えながら

日本円の安定収入を得るには?

 

 

パラグアイに移住して仕事!デメリットは?

 

次はパラグアイで移住した後の

仕事について考えよう。

 

 

若い人ならまだしも、

50代を超えたあたりで移住したとして

仕事があるのかも心配な点だ。

 

 

もし日本で仕事を続けてきて、

専門知識があるなら、現地で

就職に困ることは少ないだろう。

 

 

パラグアイで起業するという選択肢もある。

 

 

後で紹介するブログの著者は、

パラグアイで起業を考えている人物の1人なので、

生活スタイルを参考にしてほしい。

 

 

ただ、パラグアイに移住して

働くにあたってデメリットもある。

 

 

実際にパラグアイに移住しても、

周到に準備をしておかなければ

移住が失敗に終わる可能性がある。

 

ここではいくつかの注意点を挙げておく。

 

 

まず、現地では英語があまり通じない。

 

パラグアイの言語は、

主にスペイン語とグアラニー語である。

 

移住する手伝いを

してくれる人がいれば話は別だが、

そうでないなら苦労することになる。

 

 

また、パラグアイは

そもそもの人口数が少ない。

 

約700万人と、

日本に比べると1/18ほどである。

 

パラグアイに移住して起業しても、

日本に比べると顧客の集めづらさを

感じる可能性が高い。

 

 

 

パラグアイに移住した伊藤とは?心中やブログなど

 

日本ではパラグアイに

移住するというイメージは

なかなか浮かばない。

 

しかし、現地の発展はめざましい。

 

近い将来、パラグアイとアルゼンチンを介して、

ブラジルのSanyos-Paranaguáから

チリのAntofagastaまでを繋げる予定もある。

 

 

今でこそ現地の交通も

便利になってきているが、

昔はそうはいかなかった。

 

 

パラグアイへの移住者に、

伊藤勇雄氏がいる。

 

彼は1968年に、理想郷を求めるという心中で、

家族と共にパラグアイのイグアスに移住し、

開拓した人物のひとりだ。

 

言葉も通じず、インフラも整っていない場所で、

移住を始めることに、

自分は尊敬の念すら覚える。

 

 

現在も、移住して

生活を送っている人もいる。

 

移住者のブログをチェックして、

現地に移住するメリット、

デメリットを確認してほしい。

 

 

パラグアイ移住マニュアル

 

現地に移住する際に必要な情報や、

現地での生活の様子について詳しく記載してある。

 

 

 

まとめ

 

いかがだっただろうか。

 

 

パラグアイと聞くと、

どうしても発展途上国というイメージが強く、

移住先としての選択肢に入れにくい国のひとつだ。

 

しかし、パラグアイに移住する

メリットは少なくない。

 

 

物価が安く税金も安いため、

日本にいるときに比べて金銭的に

余裕を持って生活をすることができる。

 

 

また、近年パラグアイの

経済の発展はめまぐるしい。

 

将来的に、生活のしやすい

国となっている可能性もある。

 

 

一部の医療費と学校の教育費が無料なので、

家族持ちには特におすすめの移住先である。

 

 

南米の文化に興味がある人なら、

ぜひ移住先の候補地として検討してみてほしい。

 

 

 

パラグアイへの移住を検討しているのは、

自分と同じく洋版プレイボーイで育った富永(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ