トルコに移住!ビザは?日本人は危ない?条件や50歳の仕事、お金やデメリットをブログで紹介…トルコ移住支援は?失敗したと後悔しないために


 

トルコは親日の国として知られるが、

移住となると情報が薄い。

 

そこで今回は、トルコに移住する条件や

仕事について紹介する。

 

 

 

トルコに移住!ビザの条件は?

 

まずトルコについて知っておこう。

 

トルコの正式の国名は、

トルコ共和国。

 

トルコは、

黒海・エーゲ海・地中海に

囲まれている。

 

 

面積は約78万キロ平方メートルで、

日本の約2倍の広さだ。

 

2018年の調査だと、

人口は約8,200万人である。

 

 

公用語はトルコ語。

 

 

歴史遺跡が多くあり、

歴史好きの人は

行ってみたい国の一つだ。

 

 

トルコに移住したら、

トルコの歴史遺跡を頻繁に

訪ねに行く事が出来るのでうれしい。

 

 

またトルコと日本の関係は友好である。

 

海外に移住するなら、

日本と友好関係のある国がいい。

 

 

トルコの気候は夏と冬の寒暖差は大きいが、

日本と違ってジメジメ

していないので過ごしやすい。

 

 

食べ物もおいしいので、

移住するには最高だ。

 

 

このようにトルコは魅力的な国なので、

移住したくなる。

 

 

トルコに移住した場合、

生活の費用は1か月

どのくらいかかるのだろうか。

 

単身で生活する場合、

日本円で7万円から9万円が必要だ。

 

 

日本に比べてトルコは

物価が安いと日本人は思いがち。

 

しかし

日本より高い物があるので、

注意が必要である。

 

 

トルコで安いのは交通費、

トルコで値段が高いのは日用品である。

 

 

トルコに移住するには、

どうしたらいいのだろうか。

 

 

トルコ移住支援の

サイトがあったので開いてみた。

 

トルコに移住する時の

手続き方法が記載されている。

 

 

トルコに移住する場合、

ビザと滞在許可書が必要だ。

 

ビザを取る場合は、

在日トルコ大使館に問い合わせをして

申請方法を聞いておこう。

 

 

トルコの入国前に

ビザを発給してもらう。

 

滞在許可書は、

トルコに入国してから申請する。

 

トルコに入国して

30日以内に滞在許可書を申請

しなければならない。

 

 

滞在許可書をイカメットと言う。

 

長期滞在する外国人は、

イカメットを必ず取得

しなければならないのだ。

 

 

イカメットがあると、

トルコで銀行口座を

開設する事が出来る。

 

 

長期滞在の目的によって、

ビザやイカメットの種類が違う。

 

・労働ビザと労働用イカメット

・学生ビザと学生用イカメット

・短期ビザと短期用イカメット

 

がある。

 

 

イカメットを申請する時の

注意点を知っておこう。

 

 

イカメットの申請には

時間がかかるので、

面接当日には予定を入れない。

 

またイカメットを申請する時に、

担当官から予想外の書類を

求められる事がある。

 

求められた書類を用意しておこう。

 

イカメットを申請している間は

出国出来ない。

 

 

ビザによって条件が違うので

気を付ける必要がある。

 

 

ところでトルコには、

永住ビザがあるのだろうか。

 

トルコには永住ビザがない。

 

 

しかし条件はあるが、

無期限の滞在許可書を発行してくれる。

 

無期限滞在許可書を発行してもらえるのは、

トルコ人と婚姻関係や合法的に8年以上滞在した人や

別途定める条件に満たしている人だ。

 

 

 

トルコに移住…日本人は危ない?仕事やお金のデメリットもブログでチェック

 

トルコは、年間20%のインフレに

悩まされているのが現状である。

 

 

日本人がトルコに移住すると、

どのような生活を送るのだろうか。

 

まずトルコに住む日本人は

危ないのか気になる。

 

 

トルコには危ないエリアがあるので、

その場所に行かないようにする事が大切。

 

危ないエリアがどこか調べておけば、

危険から避けられる。

 

 

危ない地域に近づかない以外に

 

・デモに参加しない

・露出の多い服を着ない

・お酒に酔わない

 

ようにする必要がある。

 

つまりその国の人が

嫌がる事をしない事だ。

 

 

 

トルコに移住しても尽きない

安定収入を得る方法とは?

 

 

 

ちなみに、トルコは

子育てがしやすい国である。

 

 

しかしトルコに移住したら、

子育てに関して

カルチャーショックになる事がある。

 

しかし国が違うので、

カルチャーショックになるのは当たり前だ。

 

 

でもトルコで子育てすると、

うれしくなる瞬間がある。

 

トルコでは子連れで歩くと、

「かわいい」など声をかけられるのだ。

 

 

日本では子連れで電車に乗ると、

周囲の人から冷たい視線を浴びる事がある。

 

 

トルコの子育てが気になったので、

トルコで子育てをしている移住者の

ブログを読んでみた。

 

https://ameblo.jp/jyorogumo-tr/entry-12463942017.html?frm=theme

 

トルコの保育園での

1日の様子を紹介している記事だ。

 

日本の保育園との違いを知る事が出来る。

 

 

トルコ移住者のブログを読むと、

トルコでの生活がわかるのでおすすめだ。

 

移住するかどうか決める参考になるので、

トルコ移住者のブログ読んでみよう。

 

 

トルコに移住する場合、

どのようなやり方をすれば

うまくいくのだろうか。

 

 

トルコで生活するには、

お金が必要だ。

 

50歳でトルコに移住する場合、

仕事はあるのだろうか。

 

調べてみたが、

50歳の仕事の探し方についてはなかった。

 

 

50歳でトルコに移住する場合、

生活するためには仕事を探さないといけない。

 

移住した日本人が

どんな仕事をしているのか、

調べてみた。

 

 

日本人の仕事の一つに

日本企業の現地サポートがある。

 

トルコには、日本の企業が

多く進出しているからだ。

 

しかし現地サポートに関する

公募がないのが現実。

 

 

日本企業で現地サポートをしたい場合は、

日本人会や日本人滞在者の紹介で

就職する必要がある。

 

トルコで仕事を探すデメリットは、

日本人が働ける職種が限られている事。

 

 

トルコで仕事をするなら、

日本語が使える職種を選ぼう。

 

通訳・コーディネーター・日本語教師だ。

 

観光ガイドはトルコ国籍のみなので、

日本人は出来ないので覚えておこう。

 

 

トルコでは寿司や日本食が人気なので、

和食の料理人であれば就職が可能だ。

 

 

トルコのお金はトルコリラ。

 

トルコリラと言えば、

「トルコショック」を思い出す。

 

アメリカとの関係が悪くなって

リラが急落したのだ。

 

 

日本でトルコリラの

投資をした場合は損をしてしまう。

 

しかしトルコに移住する場合は、

円高なので、日本円を

トルコに持っていくとお得だ。

 

 

 

まとめ…移住するならトルコについて調べておこう

 

トルコは移住するのに魅力的な国だ。

 

 

しかし移住する前に、

調べておかなければならない事が多い。

 

 

トルコの経済状況を調べておく。

 

 

トルコは物価が安いと思いがちだが、

トルコの物価は高くなりつつある。

 

商品によっては、

日本より高い場合がある事を

覚えておこう。

 

 

トルコに移住する場合、

ビザとイカメットが必要だ。

 

ビザやイカメットの

申請方法を調べておく必要がある。

 

自分が移住する目的の

ビザやイカメットを申請しよう。

 

 

トルコの公用語はトルコ語なので、

トルコ語を勉強しておこう。

 

語学だけではない。

 

トルコにおける生活習慣も

知っておく事も大切だ。

 

 

例えば日本人が行うOKのしぐさは、

トルコでは相手を侮辱するサインになる。

 

他にも侮辱するしぐさがあるので、

必ず調べておこう。

 

 

国家が流れている時や

ラマダンの時期のマナーも

知っておく必要がある。

 

 

失敗したと後悔しないためには、

移住する前にトルコについて

調べておく必要があるのだ。

 

 

 

イスタンブールに心底惚れ込んでいるのは、

自分と同じく下見なしでフィリピンに移住した神城(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. 今井 友幸 より:

    おはようございます!

     現在はコロナ禍の為、自分がトルコへ行くことが出来ず、トルコ在住の日本人と交流したい思いからこのページに辿り着きました。

    イスタンブールが良いと思いますが、交流が持てる方のページが有れば教えて下さい。
    宜しくお願いします。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ