タイ語で下ネタ!ピカチュウって?タイ語の下ネタと翻訳を紹介


 

人気の観光地タイだけにタイ語を学ぶ人も増えてきたが・・・

さすがに下ネタに詳しい日本人は少ない(笑)。

 

 

例えば、日本では日常で飛び交っている言葉が

タイ語だと下ネタの意味になってしまうこともあり、

その逆のパターンもある。

 

詳しく紹介していこう。

 

 

 

タイ語の下ネタを一覧で!翻訳も紹介

 

タイ語に

「サワディー」

という言葉がある。

 

これ1つで

 

・おはよう

・こんにちは

・こんばんは

・さようなら

 

の意味を兼ね備える。

 

 

「ハロー」や「ニイハオ」は

誰でも知っていると思うが、タイ語に関して

理解のある方はそう多くはないだろう。

 

 

タイへ男一人で

旅行したり仕事で訪れた時、

夜遊びもしたくなるはず。

 

そんな時にも使い道のある

タイ語の下ネタをいくつか紹介する。

 

 

「ムラムラしてきたな」と言いたい時に使うタイ語

 

ミーアーロムナ:気分がある

 

直訳すると「気分がある」という意味になるが、

ムラムラすることを表している。

 

 

ヤークミー:したい

 

「やりたい」ということを

暗に示している。

 

 

ミーアライガン:何かを一緒に持つ

 

何かを一緒に持つ、つまり

「セックスしましょう」ということである。

 

 

アオカンマイ:欲し合う

 

翻訳すると少し官能的な意味を持つが、

セックスしたい意思を表している。

 

日本語にも外でセックスする

「アオカン」という似たような単語があるため、

日本人にはこれが一番覚えやすいのではないだろうか。

 

 

ンギアン:やりたい

 

ストレートに「やりたい!」という

少し乱暴的な言葉であるが、

これは男同士で話す時によく使われる単語である。

 

 

夜の営みに励む時に使うであろうタイ語

 

ピアック:濡れる

 

日本語においてもそうだが、

日常生活でもよく使用する単語である。

 

(例)

ドーンフォンピアックマーク

→何でこんなに濡れているの?

 

 

ナームロールーン:我慢汁・愛液

 

通常は男性を表す単語(プーチャーイ)、

女性を表す単語(プーイン)を

付け加えて使い分ける。

 

ナームロールーンプーチャーイ:我慢汁

 

ナームロールーンプーイン:愛液

 

 

ナームンギアンという、

Sっ気の強い方にはお勧めな

少し強烈な表現もある。

 

(例)

ナームンギアンオークマーイヨナ

→ビチョビチョに濡れてるじゃねーか。

 

 

逆にナームラックという、

直訳すると「愛の水」となる

可愛らしい表現もある。

 

 

シアオ:感じる・性的に気持ちいい

 

「サバーイ」という

「気持ち良い・快適」を表す単語もあるが、

夜の営みの時は「シアオ」を使う。

 

「シアオ」は日常生活でも普通に使うもので、

決して性的な意味を表すものではない。

 

例えばジェットコースターに

乗った時の感想にも「シアオ」は使える。

 

 

日本では下ネタとして使う単語で、

タイでは日常的に使うものがある。

 

「チンチン:本当本当」

「オッパイ:出掛ける」

 

 

「定規」のことをタイでは

「マイバンタッ(毎晩勃つ)」と言う。

 

例えばタイ人女性に「毎晩勃つ?」と聞かれた時、

「チンチン(本当)?」と答えると

「チンチン」と返してくれる。

 

 

 

タイ人のパートナーと

海外生活を楽しむ具体的な方法とは?

 

 

 

逆に日本では普通に使っている単語で、

タイで使うととんでもない意味に

なってしまうものもある。

 

 

「珈琲(コーヒー)」という単語は、

タイではイントネーションは

少し変わるが「コーヒィ」となる。

 

「コー」はPleaseの意味、

「ヒィ」は女性の大事な部分を

下品な言い方で表したものである。

 

 

コーヒーが欲しい時は

「カフェー(タイでも同義語)」と

意識的に言う必要がある。

 

 

そこまで神経質になることはないが、

一応頭に入れておきたい。

 

 

「ムラムラする」はタイ語でなんていうの?

 

タイ語で愛液と精液は何て言うの?~夜の濡れるを表現~

 

夜の生活で使う「気持ちいい」はタイ語で?

 

 

 

ピカチュウって?タイ語の下ネタ

 

タイに詳しい知り合いから、

ポケモンの「ピカチュウ」という単語は

タイでは下ネタになってしまうと聞いたことがある。

 

 

これは「ピカチュウ」そのものよりも、

「ポケットモンスター」という単語を

タイ語にするとニュアンスが似ている言葉がある。

 

 

「ポケット」と「モンスター」という

単語が組み合わさると、

男性器を意味する用語になってしまうのだ。

 

 

可愛いモンスターがたくさん登場する

子供向けアニメのタイトルとして、

これは大問題になってしまう。

 

そのため海外では「Pokemon」と

略した愛称で使用されている。

 

 

下ネタとは違うが、

タイで使用するのは

かなり危険な単語もある。

 

 

キレイ:ブス

 

日本語の「綺麗」が

タイでは真逆の意味になってしまう。

 

美人だと思っても

うっかり口にすると大変な目に遭う。

 

 

イドック:女性に使用する蔑称+花=売女

 

ガリー:娼婦

 

いずれも、間違っても

女性には使ってはならない、

非常に危険度の高い単語である。

 

 

アイヒー:女性器野郎

 

女々しい男性に対し、

蔑むような無礼な言い方である。

 

 

これらの単語は、

意味を知っていても

むやみに使わないようにしておきたい。

 

 

 

まとめ

 

タイは風俗店も多いが、

処女信仰の文化がいまだに強い。

 

処女でない女性は

結婚相手と見なされないと考えている

タイ人女性も少なくない。

 

 

自分の行動一つで

相手の女性の将来に大きな影響を与えかねないため、

軽はずみに下ネタを使うことは控えておくのが賢明だ。

 

 

 

赤羽で一緒によく飲んだタイ女性のワニダ。

自分と同じくゴキブリが極度に嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ