バーレーンの女性の服装(外)や女性の地位!わがまま?バーレーン人女性、脈あり(好意)のサインとベッド、顔の特徴など


 

日本語に聞こえるサッカー中継で有名になった(笑)

バーレーンだが、女性についてのイメージができない。

 

イスラム教の国と聞けば、おなじみの恰好を

思い起こすだろう。

 

 

バーレーン女性のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

バーレーンは中東に位置する国で、

F1開催地としても有名だ。

 

 

今回はそんなバーレーンの女性について

 

 

・バーレーンの女性の服装(外)

 

・バーレーンの女性の地位

 

・バーレーンの女性の性格は

 

・バーレーンの女性の脈ありのサイン

 

 

について紹介する。

 

 

 

バーレーンの女性の服装って?特徴は

 

バーレーンの女性は外で

どんな服装をしているのだろうか。

 

 

バーレーンはイスラム教の国。

 

女性は露出を避け「アバヤ」と呼ばれる

黒い全身衣装や、スカーフで頭を隠すのが特徴的。

 

 

しかしサウジアラビアやイランなどの

戒律が厳しい国と比べて、

バーレーンは比較的緩い。

 

華やかな刺しゅう入りのアバヤや、

頭にスカーフのみなど

服装にも自由度があるようだ。

 

 

最近バーレーンでは、

「漢字入りのアバヤ」が流行している。

 

日本人からみると意味不明なものもあるが、

「漢字入りアバヤ」はなかなかユニークだ。

 

 

バーレーンは中東の中でも親日国ということもあり、

こういったものが流行しているのかもしれない。

 

 

イスラム教の国では、

たとえ家族であっても

男女別々に食事をとることが一般的。

 

バーレーンも例外ではない。

 

 

バーレーンでも男女別々に食事をすることが多い。

 

 

家の中でも戒律を守るため部屋着といえど、

露出を避けたものを着ていると推測される。

 

 

もし観光でバーレーンを訪れた際は、

比較的緩いとはいえタンクトップや

短パンなどの露出の多い風を避けておこう。

 

特にモスクは、外国人でも

スカーフを着用することを推奨する。

 

 

イスラム教の宗教施設であるので、

相手の国の宗教文化を尊重する姿勢が大切だろう。

 

 

 

バーレーンの女性の性格は?しつこい?メールやキス、ワンナイト、バーレーンの女の子やばい?バーレーン女性の本音

 

バーレーンもイスラム教の国であるので、

男性社会といえる。

 

しかしイスラム教の中でもバーレーンは

女性の社会進出が進んでいる国のひとつだ。

 

 

バーレーンは女性の地位が

比較的高い国であるともいえる。

 

 

サビーカ王妃が

アラブ女性連合最高評議会の議長となり、

女性の地位向上に尽力したことが大きい。

 

そのため、他のアラブ諸国の女性は

消極的な性格が多いようだが、バーレーンの女性は

比較的積極的な性格だと推測される。

 

 

そんなバーレーンの性格は、フレンドリーで親切。

 

 

バーレーンは、実は

友達が作りやすい国ランキング2位に

ランクインしたことがある。

 

 

国民の半数以上が外国人で、

公用語はアラビア語だが英語が話せる人が多いので、

コミュニケーションもとりやすいと高評価。

 

 

バーレーンの地元の人も

親しみやすい雰囲気であり、人気のようだ。

 

 

ちなみに、バーレーンの女性が

わがままという情報は見つからなかった。

 

しかしバーレーンの女性でわがままな人は

少ないのではないかと推測される。

 

 

バーレーンも自由度が高いとはいえ、

イスラム教の国であるので、婚前交渉は禁止。

 

ベッドを共にするのは、結婚してからとなっている。

 

 

しかも親が結婚相手を決めることが多い。

 

 

親の言うことは絶対なので、

恋愛結婚は少ないのかもしれない。

 

脈ありのサインや好意的な態度などを

あまり気にする環境ではなさそうだ。

 

 

イスラム教では同じ宗教同士が

結婚することになっている。

 

そのため、イスラム教の国では

いとこ同士で結婚することが多いのだ。

 

 

日本ではなかなか考えられない

独特の文化といえるだろう。

 

 

 

まとめ。バーレーンの女性について

 

・バーレーンの女性の服装(外)は

アバヤやスカーフで肌や髪を隠す

 

 

・バーレーンの女性の地位は、

他のアラブ諸国と比較して高い

 

 

・バーレーンの女性の性格は

フレンドリーで親切。

 

わがままな人は少ないと推測

 

 

・バーレーンの女性の脈ありの

サインを気にする雰囲気はあまりない

 

 

・イスラム教は婚前交渉を禁止しているため、

ベッドを共にするのは結婚してから

 

 

中東の国で、同じイスラム教の国であっても

国によって違いがあるということが興味深い。

 

 

バーレーンは親日国でもあるので、

興味がある人はぜひ観光で

訪れてみるはいかがだろうか。

 

 

バーレーンの文化に詳しい松原。

自分と同じフェミニスト(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ