ブルネイの女性の服装!外国人が一人で旅行…女性も大丈夫?わがまま?脈ありのサインとベッド、ブルネイ女性の本音


 

アジアにあり

裕福な国の1つであるブルネイ。

 

日本ともつながりが強い国の1つなので、

男性、女性関わらず一度は耳にしたことがあるはずだが・・・

現地女性についての情報は多くはない。

 

 

そこで今回は、そんなブルネイ人の服装や、

日本人が旅行する際に

気を付けることなどを紹介する。

 

 

 

ブルネイの女性の服装って?

 

ブルネイは1984年に

イギリスから独立をした国で、

三重県とほぼ同じほどの大きさだ。

 

人口は、40万人強ほどで

日本のどの県よりも少ない。

 

 

そして、ブルネイには

他にも特徴がある。

 

税金がないということだ。

 

 

これは、この国が

オイルマネーで

潤っているからである。

 

 

国民の平均年収は国民一人当たりの

平均年収:約951万円(2016年当時)だそうです。

 

ただし、一般庶民の平均給料は

月額2,304ブルネイドル

(約18万9千円※1$=82.2 yen(2017年7月17日))。

 

引用:ASEANの金持ち国家ブルネイはどんな国?

 

 

なかなか国民の

平均年収が高いようだ。

 

しかも、病院は無料という。

 

 

話を聞いただけで

天国かのように感じてくる。

 

 

誰もが、一度や二度は

絶対になくなってほしいと思っている

税金が無いのはうらやましい。

 

 

そんなブルネイの国教は

イスラム教である。

 

イスラム教というと女性は、

無地などの少し地味なスカーフなどで

肌を見せないような服装が特徴的だ。

 

 

では、ブルネイの女性は

このようなイスラム的な特徴の

服装を着ているのだろうか。

 

 

女性は

ヒジャブ(髪の毛を隠すスカーフ)を

使っている人がたくさん。

 

全身の肌を覆うような服装の女性を

たくさん見かけることと思います。

 

お金持ちの多いブルネイでは、

アニマル柄やサングラスなど

派手な洋服を好んでいる人もたくさんいました。

 

引用:ブルネイ旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

 

 

とある。

 

 

やはり女性は

イスラム風の服装をしているようだ。

 

だが、派手な柄の服も

着ているとのこと。

 

 

イスラム教でもそのような服を

着ても良いというのは

意外だと感じた。

 

 

 

 

 

 

ブルネイを女性が一人で旅できる?

 

では、そんな裕福なブルネイで、

女性の外国人が一人で

旅をすることができるのだろうか。

 

 

ブルネイについて

書かれているブログがある。

 

 

比較的に治安は良い国です。

 

外務省が認定する

世界的基準から見ても治安は良く、

夜出歩くというのも危険はありません。

 

引用:ブルネイ観光の見どころ&治安を紹介!黄金の国と呼ばれる美しい国を堪能! 

 

 

イスラム圏でもあるにもかかわらず、

あまり治安の不安はないようだ。

 

 

これは、ブルネイで

旅行を女性がする際にも

安心である。

 

 

しかし、気になることも。

 

 

インドネシアやフィリピンから

出稼ぎ労働者も入国しているため

軽犯罪は発生しています。

 

犯罪の内容としては

家屋侵入・窃盗がほとんどで、泥棒については

警察も注意喚起を呼び掛けています。

 

引用:ブルネイ治安・危険情報2020年最新!旅のプロが教える注意点と5つの安全対策 

 

 

軽犯罪は発生しているため、

一人旅をする際には

注意をしなければいけない。

 

 

また、治安が良いこの国でも

旅行をする際には注意点がある。

 

それは、モスクでの服装である。

 

 

モスクは、

日本でいうお寺のようなところで、

イスラム教にとって神聖な場所である。

 

 

腕、足を出す服装はNG。

 

(中略)

 

熱帯地域で暑いですが、

上着とズボンは持って行きましょう。

 

引用:【ブルネイ旅行記】行ってみてわかった!注意点と必要費用まとめ

 

 

モスクでの服装には

気を付けなければならない。

 

 

ここまで見てみると、ブルネイは

服装やスリなどに気を付ければ、

女性一人でも旅行はやりやすい国であるだろう。

 

 

 

まとめ。ブルネイは治安が良いので女性でも旅行しやすい

 

ブルネイは

比較的治安が良く、

犯罪も少ない。

 

旅行しやすい国の

一つであると言える。

 

 

しかし、服装の規制があったり、

スリが発生したりすることもある。

 

気を緩めることは

ないように旅行しないといけない。

 

 

バンダルスリブガワンでお世話になったマイラ。

「金髪美女に弱い」と語った自分に、相当引いていた(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ