ハンガリーの女性名は?名前と性格、平均身長…わがまま?脈ありのサインとベッド、ハンガリー女性の本音について


 

ハンガリーというと、

これといった人や物が思いつかないが、

日本では音楽、特にクラシック音楽が有名だ。

 

 

ピアニストで指揮者でもある、

フランツ・リストやゲオルク・ショルティは

国際的にも知られている。

 

だが、ハンガリーの

女性となると思い出せない。

 

 

そこでこの記事では、

ハンガリーの女性について、

文化や性格について紹介する。

 

 

 

ハンガリーの女性名は?女性の名前の特徴

 

東ヨーロッパは、

他にもルーマニアやブルガリア、

ポーランドなどがある。

 

ハンガリーは名前を知っていても、

日本との関わりも含めて

知っていることが少ない。

 

 

特に女性については、

日本にいて知り合うことが少ないので、

特に情報が不足しがちだ。

 

 

ただ、

東ヨーロッパといえば、

美人が多いことで有名。

 

彼女たちの性格については、

ぜひ知っておきたい。

 

 

ハンガリーは、

姓名の順番が日本と同じ。

 

姓が先、名が後で、

国内ではこれが普通だ。

 

 

ただ、国際的には

逆がスタンダードなため、

国外では逆にして表記している。

 

 

そして、もう一つ、

女性名についても

独特のルールと文化がある。

 

婚姻した時、(制度上)日本では

夫婦別姓は認められていないが、

ハンガリーではこれは認められている。

 

 

ここまでなら特に

変わった文化とはいえない。

 

特徴的なのは、最も古い習慣でもある、

結婚後に女性の名前が、夫の姓+夫の名前に「né」

付けたものに変わるというルールだ。

 

 

分かりにくいかもしれないが、

要は結婚をしたとき、

女性はそれまで使ってきた自分の名前を捨てる。

 

夫の苗字に変わるだけでなく、

夫の名前に「né」を付けた名前に

完全に変わるということだ。

 

 

例えば、

田中太郎と鈴木花子が結婚して

鈴木花子が田中家に籍を入れる場合。

 

日本だと鈴木花子が

田中の姓を名乗り

「田中花子」になる。

 

 

これがハンガリーの最も古い習慣だと、

鈴木花子が名前を完全に失い、

田中 né 太郎になる。

 

 

現代ではジェンダーギャップもあり、

夫婦別姓も許可され

自由に選択可能だ。

 

 

ヨーロッパの

他の国でも存在するが、

「名前の日」というものもある。

 

 

有名とまではいかないが、

ヨーロッパでは

聖人に由来する名前を付ける習慣がある。

 

キリスト教などの

信教によるものだ。

 

聖人にも誕生日がある。

 

これと同じ名前を持つ人は、

聖人の誕生日にも「おめでとう」と、

ちょっと祝ってもらえる。

 

 

日本人には理解できない習慣だが、

子供に名前を付けるときに、

聖人ごとに人気のあるなしも出てきそうだ。

 

 

 

ハンガリーの女性の性格って?

 

ハンガリーはヨーロッパの国なので、

大きな人が多いと思う人もいるだろう。

 

 

だが、女性の平均身長は、

164cmで、

それほど大きくない。

 

日本人に比べると高いが、

北欧や西欧に比べて4~5cm低い。

 

 

次にハンガリー女性の

性格だが、かなりオープンだ。

 

自分の意見もはっきりというので、

日本人から見ると、

わがままに感じることになる。

 

 

ただ、男女の関係については、

男性がリードするべきという考え方はあるものの、

性的な部分も分かりやすい。

 

脈ありの女性がいたら

積極的に誘っても問題はない。

 

 

むしろ、気に入れば

女性のほうからベッドに誘うこともあるくらい

オープンな人もいる。

 

 

ハンガリーは、

女性優位の考え方がある。

 

ハンガリー女性の本音は、

何らかのプレゼントやレディファーストなど、

尽くしてくれる男性が好まれる。

 

 

 

 

 

 

まとめ。ヨーロッパ人らしくオープンなハンガリー女性

 

ハンガリー女性の

性格や特徴を紹介した。

 

 

ヨーロッパの女性らしく、

オープンで、

自分の意見をはっきり言う。

 

慣れない日本人男性には、

ハードルが高いかもしれない。

 

 

ただ、ジェンダーギャップを感じる

夫婦の姓名の文化のように、

ヨーロッパでも男女格差が残っている国でもある。

 

 

また、歴史的にも

アジアの影響を受けている。

 

その意味では日本人には

馴染み深い印象を持てるはずだ。

 

 

ハンガリーに住みたいと語る今井。

自分と同様、女性の男言葉が苦手な男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ