インドネシアの女性の被り物など服装!恋愛と性格、ヒジャブと特徴、顔や結婚、スカーフ…女性歌手の名前や美人の浮気について


 

人口世界第4位で、

多くの島から成る国インドネシア。

 

日系の企業の進出も多く見られ、

経済成長も活発だが・・・

現地女性のことをよく知らない日本人も多い。

 

 

そこで、この記事では

インドネシアの女性について紹介したい。

 

 

 

インドネシアの女性の顔の特徴…美人の女性歌手の画像や名前など

 

平均年齢も29歳と若く、

親日家が多い。

 

 

多様な国の影響により、

各地で文化や宗教が異なる

異文化国家だ。

 

国民の9割がイスラム教だが、

中東のイスラム教とは少し雰囲気が違う。

 

 

インドネシアといえば、

日本人に人気の

バリ島がある国としても有名。

 

 

日本にもインドネシア人の

留学生がたくさん居る。

 

 

インドネシア語が主流だが、

英語をはじめ色んな言語が

飛び交う国でもある。

 

 

スカーフを巻いて、

民族衣装を身にまとった女性は

たくさん居るのだろうか。

 

比較的親しみやすいイメージがあるが、

実際はどうなのだろうか。

 

 

インドネシアの女性の

顔の特徴と言えば、

目がくっきり大きく笑顔が素敵。

 

沖縄美人系といったら

わかりやすいだろうか。

 

 

インドネシアの女性の

名前にも特徴がある。

 

 

まず、インドネシア人の名前は、

男女問わず日本のような苗字を持たない。

 

全ての人ではないが、

名前を2つ3つ持っている人も居る。

 

 

日本に居るインドネシア人は、

日本に合わせて父親や夫の名前を

苗字のように使っていることがある。

 

 

日本人に人気の観光地である

バリ島はヒンドゥー教が多い。

 

カーストが深く、

名付けには一定のルールがあったり、

場所によって名前は違うのも特徴だ。

 

 

インドネシアの女性の名前は、

生まれた月がわかる名前や宗教がわかる名前、

花の名前などが人気である。

 

 

女性歌手では

ライサという歌手が人気もあり美人だ。

 

 

インドネシア女性歌手ライサの画像

 

 

 

インドネシアの女性の性格!わがまま?脈ありのサインは…恋愛と結婚、浮気についてインドネシア女性の本音

 

インドネシアの女性は

とにかく笑顔が素敵だ。

 

 

自分の友人のインドネシア女性も、

目が大きくくっきりとした顔立ち。

 

美人というか可愛らしい。

 

とにかく本当に見ていて

気持ちが良い程笑顔が良い。

 

 

インドネシアの女性はしっかりしていて、

人懐っこく明るい性格の女性が多い。

 

 

ただ、インドネシアの女性は

「自分を1番に見て欲しい」という欲求が

人一倍強く表れる傾向がある。

 

これは、インドネシアの男性に

浮気をする人が多いことも

関係している可能性が高い。

 

 

仕事や友人の女性であっても

「この人は誰?」と聞いてくる。

 

「今どこにいる?」と頻繁に聞いてきたり、

連絡が細かく嫉妬深いところもある。

 

 

これをわがままと感じる人も

少なくないだろう。

 

 

インドネシアの女性の恋愛観は

 

「女性に気遣いするのは当たり前」

「女性にだらしない男性はお断り」

 

 

インドネシア女性が

恋愛や結婚に対して求めるのは、

誠実さと安心感なのだろう。

 

 

だらしない体型も好かれない。

 

 

基本的に、誠意と気遣いを重視すれば、

女性も素敵な笑顔を返してくれて脈ありだろう。

 

 

インドネシアでは国の法律ではなく、

イスラム法によって

一夫多妻制が認められている。

 

しかし最近では、

この女性の嫉妬深さも要因であるためか

一夫多妻は減少傾向だ。

 

 

インドネシアの女性の結婚は

平均すると20代前半と若い。

 

 

 

 

 

 

インドネシアの女性の服装!頭の被り物(ヒジャブ)やスカーフ

 

インドネシアは多種な宗教が存在するが、

イスラム教が国民の9割を占めている。

 

 

イスラム教といえば、

中東の国の宗教を思い浮かべる。

 

 

しかし、中東と

インドネシアのイスラム教は少し違う。

 

 

イスラム教の聖典コーランには

「女性は美しいところを身内以外の男性に見せてはならない」

という教えがある。

 

そのため、頭に被り物をして

顔をもほとんど布で覆っている。

 

 

だが、これは中東の国の女性。

 

 

インドネシアの女性は、

頭を被り物で覆っている人もいれば、

そうでない人も居る。

 

 

美しいところが中東では顔、頭、身体。

 

対し、インドネシアでは髪の毛。

 

 

どこが美しいかは

文化によって異なるため、

違いが出ていると考えられる。

 

 

もちろんインドネシアの女性にも、

ヒジャブという布を

頭から被っている人は居る。

 

 

ヒジャブはインドネシア語では

「ジルバブ」という。

 

国によって

被り方や巻き方が違う。

 

 

ジルバブの中には、

髪の毛が出ないように

水泳帽のような帽子を被る。

 

この名前が、実はニンジャ。

 

日本の忍者からきている。

 

インドネシアの

ユニクロに売っている。

 

 

ジルバブではなく

スカーフを顔に巻いて、

頭は出している女性も少なくない。

 

 

服装が比較的自由で、

ぴったりしたレギンスや

ジーンズを履いている若者も多い。

 

中国系のインドネシア人は、

韓国アイドルに憧れて

髪の毛を染めていたりする。

 

メイクもアクセサリーも

基本的に派手で、

オシャレを楽しんでいる。

 

 

インドネシアの結婚式の服装は、

女性であれば出身地により民族衣装が違う。

 

しかしいずれも

キラキラで、装飾品が華美。

 

かなり濃いメイクをして、

付けまつげもしっかり付ける。

 

 

インドネシアの女性は、

イスラム教の「肌を露出しない」イメージとは

かけ離れた自由な服装をしている。

 

 

 

インドネシアに旅行やビジネスで…服装は女性なら?

 

インドネシアへの旅行の服装は、

場所によって使い分けるべきだ。

 

しかし、基本的に自由なので、

日本での夏の格好で支障ない。

 

 

気温は年間を通して

気温が高く湿気もある。

 

半袖のTシャツに、

ボトムは短いものでも問題ないだろう。

 

 

注意点は、外が暑いために屋内や室内では、

冷房が尋常でないほど効いていること。

 

 

外でかいた汗を拭くための

タオルやハンカチ。

 

屋内や室内で羽織る

薄手のカーディガンや、

ストールを準備しておくと良いだろう。

 

 

仕事でインドネシアに出張する際の服装は、

女性だとイスラムが多いので、

肌の露出は控えた方が良い。

 

トップスは半袖ではなく、

5分袖以上袖があるものを選ぼう。

 

パンツの方が良いが、

スカートでも問題はない。

 

 

 

インドネシアの女性との遊び…社会進出はどの程度?ベッドについて

 

かつてはインドネシアも、

女性は頭と肌を隠して、

人前にあまり出ないという時代があった。

 

しかし経済発展や、

様々な文化の流入により、

女性はジルバブ(ヒジャブ)を外した。

 

 

肌を出し、

ジャカルタなど都心部では、

たばこを吸う女性も多くなっている。

 

 

ジャカルタやバリ島、バタム島などでは、

インドネシアの女性と

夜遊びできる店や風俗店も多い。

 

 

2001~2004年に

メガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリという

女性が大統領になった。

 

これをきっかけに、

女性の社会進出の流れができた。

 

 

この女性は初代大統領の

スカルノの長女である。

 

 

しかし女性への差別は

まだ残っている。

 

地位的に、インドネシアでは

なお女性は弱い立場にある。

 

男性に依存する存在と

位置付けられている。

 

 

女性と男性が平等だと法律でも定められているが、

父権制度があった影響で

男性が優遇されているのが現状だ。

 

 

 

まとめ。女性の社会進出は進んでいるが男性優位なのが現状

 

インドネシアについて調べると、

とても多くの情報が出てくる。

 

 

実際に一人旅をする女性も多い。

 

 

ほとんどがイスラム教ではあるが、

中東の国とは違い、

観光地に関しては強い縛りはない。

 

 

人気のない道や場所で

注意しなければならないのは、

どこの国でも変わりない。

 

 

自分自身はバリ島しか訪れたことがない。

 

が、インドネシアは

ひとつの島に行ったところで、

多くを語れる国ではない。

 

 

インドネシアの女性はとても明るく、

年上でも子供のように

無邪気な女性が多い印象がある。

 

嫉妬深いところもあるが、

連絡をまめにして

誠実に対応さえすれば問題はないだろう。

 

 

逆に、ジャカルタのような都心部にいる、

肌の露出が多い女性には気を付けた方が良い。

 

夜遊び目的に行くのであればもってこいだが。

 

 

ジャカルタのマッサージ店でエクストラサービスにハマった翔。

自分と同じく金髪美女に弱いはずだったのに・・・(笑)

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ