モルドバ女性夜?女性との結婚(相談所)や美人の性格、女性との結婚手続き、結婚体験談…わがまま?脈ありのサインやベッドなど


 

モルドバの女性は美人だ。

 

そんな女性と

関係を持ちたい男性は数多くいるはずだが・・・

 

なぜモルドバの女性は

わがままだと言われるのか、よく分からない。

 

 

国の特徴から浮かんでくる、

モルドバ人の女性の

性格や男性の理想像とは。

 

 

結婚相談所を利用する際の

注意点も一緒に紹介していこう。

 

 

 

モルドバの女性は美人だけど性格はわがまま?女性夜(ベッド)や脈ありのサインなど…モルドバ女性の本音

 

モルドバ女性は色白。

 

目鼻立ちがくっきりして、

モデルのように手足が長い美人が多い。

 

国内のどこをみても美人が多い。

 

半数以上がモデルのように

顔立ちが整っている。

 

 

そんなモルドバ人は

農村部出身が多い。

 

国民全体的が

時間や約束にルーズだ。

 

 

例えば10時に

開店する店があったとする。

 

通常なら10時には

陳列や掃除など済ませて開店するが、

モルドバは10時に店員が出勤。

 

そこからのんびりと

開店準備を始める。

 

実際に店が開店するのは、

10時半を過ぎるなんてことも珍しくない。

 

 

時間や約束事にきっちりした

日本人からしてみれば驚きだ。

 

 

女性が時間にルーズで

約束を守らないとなると、

性格がわがままだと感じやすいだろう。

 

 

しかし、その

のんびりとした国柄から、

素朴で穏やかな人が多いのだ。

 

もちろん個人差はあるが。

 

 

そこまで美人なら、

1度でもいいからベッドで

夜を過ごしたい人も少なくないだろう。

 

 

しかし、モルドバ国内は

ヨーロッパで一番多く、

人身売買などの被害にあっている。

 

18歳未満の子どもですら、

年間に数百人は被害にあっているという。

 

 

そんな国で生まれ育っているから、

警戒心は必然的に強い。

 

 

男性側が脈ありだと

勝手に勘違いして盛り上がってしまうと、

女性に逃げられてしまう。

 

 

女性側から積極的に誘ってきたり、

ボディタッチが増えたり。

 

徐々にお互いの距離が

縮まるまで待つのが無難だ。

 

 

 

 

 

 

モルドバの女性との結婚、相談所は?

 

モルドバの女性が男性に感じる魅力。

 

それは、

自国にはない経済力の安定と、

男性の内面的な優しさだ。

 

 

男尊女卑の考えが

根付いているモルドバ。

 

女性は男性を支え、

家庭を守るものという思考の人が多い。

 

 

そのため、

自分や家族を支えてくれる

経済力が安定した男性。

 

女性をしっかりと支えてくれる

優しい男性に惹かれやすいのだ。

 

 

残念ながら、

モルドバの女性との

結婚体験談は少ない。

 

そもそも日本へくるモルドバ人も、

日本からモルドバに観光へいく人も少ない。

 

 

出会いがないのが一番の理由だ。

 

 

しかし、親日といわれるくらい

日本の文化に親しみを

持ってくれている国でもある。

 

モルドバ人との国際結婚は、

徐々に増えていくだろう。

 

 

ちなみに、モルドバの女性との

結婚手続きはそう難しくない。

 

必要書類は提出する

市役所によって違ってくるので

確認は必須。

 

 

あとは、大使館に

必要な申請書を提出して、

女性の独身証明書を発行。

 

必要書類をそろえて

市役所に提出する。

 

そして、再び大使館へ

結婚の報告的届出を提出したらいいのだ。

 

 

手続きが終了したあと、

配偶者ビザの申請を忘れずに。

 

 

モルドバの女性との

交流を持つための結婚相談所だが、

注意点がある。

 

最近はネットが普及しているせいで、

悪徳な結婚相談所があるのだ。

 

 

NPOの国際結婚協会が

日本に設立されたことで、

悪徳相談所の撲滅につながっている。

 

しかし、その目をかいくぐって

営業している会社があるのが現実だ。

 

 

モルドバの女性会員も

多数在籍する有名なサイトを使うべきだろう。

 

 

 

まとめ。モルドバ女性は時間にルーズだが家庭的な美人が多い

 

美人が多いモルドバ。

 

 

だが、日本人と

生活の感覚で異なることも多い。

 

しかし、そのルーズさを

乗り越えられるのなら、

いい家庭が築けるに違いない。

 

 

家庭的なモルドバ人女性は、

年齢ではなく

性格を重視することが多いのだ。

 

 

「自分にはもう遅い」などと

考えるのはもったいない。

 

まずは結婚相談所を通して、

実際に交流をしてみてはどうだろうか。

 

きっといい出会いになることだろう。

 

 

モルドバ移住に関心がある白川。

自分と同じく、自他ともに認めるマザコン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ