カザフスタンの女性の性格!服装や名前は?民族衣装の画像や美人の女性の特徴など…わがまま?脈ありのサインやベッドは?


 

最近ではカザフスタンの

女子バレー選手が美人で話題にもなったが・・・

現地の女性について詳しい日本人は多くはない。

 

 

そこで、この記事で

そんなカザフスタンの女性について

 

・カザフスタンの女性の性格

 

・カザフスタンの女性の服装

 

・カザフスタンの女性の名前の特徴

 

・カザフスタンの民族衣装

 

・カザフスタンには美人が多いのか

 

・カザフスタン人の特徴

 

・カザフスタンの女性の脈ありのサインや夜の事情

 

などを調べてみた。

 

 

 

カザフスタンの女性の性格!名前は?ベッドなどカザフスタン女性の本音

 

中央アジアに位置する国、カザフスタン。

 

世界最大の内陸国。

 

砂漠や乾燥したステップ気候の土地が、

国土の大部分を占めている。

 

 

カザフスタンの女性の

特徴について調べてみた。

 

まず、気になる顔について。

 

カザフスタンの女性は美人が多い。

 

 

カザフスタンは

アジアとヨーロッパの中間地点にある。

 

そのため、昔から

さまざまな民族が行き来してきた。

 

 

カザフスタンの国民の多くはカザフ人。

 

だが、古くから東西の行き来が盛んで

混血が進んだことにより、

美人が多くなったと言われている。

 

 

カザフスタンの女性の性格は、

シャイで受け身な人が多いといわれている。

 

カザフスタンは

イスラム教の国で、その影響が強い。

 

 

女性とは逆に、

男性には強気な人が多く

リードしてくれるのが基本。

 

そのため、女性は

受け身になりがちということだ。

 

 

わがままを言って、

困らせるような女性は

少ないと言えるのではないだろうか。

 

 

男性は脈ありサインの有無にかかわらず、

気に入った女性にストレートなアプローチをする。

 

 

男性は積極的で、

女性は受け身というのが、

カザフスタンの恋愛観。

 

 

そんなカザフスタンの女性だが、

貞操観念は高い。

 

イスラム教の教えにより、

婚前の性交渉が禁止されているからだ。

 

結婚後に、

ようやくベッドを共にするのが一般的である。

 

 

女性が受け身とは言え、

簡単に落とせるとは思わないほうが良いだろう。

 

 

ちなみにカザフスタンの名前の特徴は、

ロシアの名前と似ているところだ。

 

 

名前、父称、姓の3つで構成されている。

 

 

男性女性ともに父称で、

〇〇の子という意味の名前を

持っているのも特徴の一つ。

 

旧ソ連時代の名残として、

ロシア語風の名前や苗字の

カザフスタン人も少なくない。

 

 

 

 

 

 

カザフスタンの女性の民族衣装などの服装!女性の画像も紹介

 

カザフスタンの民族衣装について調べてみた。

 

 

しかしながら、

カザフスタンでは民族衣装を着る機会は

徐々になくなっている。

 

冠婚葬祭やお祭りの時くらいしか、

民族衣装を着ることはないようだ。

 

 

カザフスタンの民族衣装で特徴的なのは、

長いコートのような「チャパン」。

 

金色の糸で施された

カザフ紋様がとても美しい。

 

 

現在は民族衣装を

着る機会が減ったせいか、

刺繍の技術も衰退している。

 

刺繍ではなく、ワッペンのような、

張り付けられたタイプのカザフ紋様の

チャパンも多くなっているという。

 

 

美しいカザフ紋様を見ていると、

刺繍技術が衰退していくのは

残念に思えてならない。

 

 

カザフスタンの女性の服装は、

短い丈のチャパンに

スカートかズボンが一般的。

 

 

男性は帽子をかぶるが、

女性は帽子よりスカーフを頭に巻くことが多い。

 

 

実際のカザフスタンの

女性の画像はこちら。

カザフ情報局KECTE

 

 

 

まとめ。カザフスタンの女性の特徴について

 

・カザフスタンの女性の性格はシャイで受け身

 

・一般的な服装は短い丈のチャパンとスカーフまたはズボン

 

・スカーフを頭に巻いている

 

・名前の特徴は名前と姓の間に父称がある

 

・民族衣装は、金色の糸でカザフ紋様が刺繍されたチャパン

 

・カザフスタンには美人が多い

 

・カザフスタンの女性の貞操観念は高い

 

・婚前交渉禁止によりベッドを共にするのは結婚してから

 

 

観光地としては

あまり知られていないカザフスタン。

 

 

しかし、美人が多いと言われ、

さらには世界遺産もある。

 

一度は訪れて見たい場所だ。

 

 

カザフスタンに一度住んでみたいと語る本橋。

自分と同じくシイタケが大嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ