トルコを旅行!服装は女性なら?女性参政権や性格、女性殺人や女性名の特徴、一人旅の服装…女性差別やスカーフ、女性歌手など


 

イスタンブールで有名なトルコ。

 

サッカー選手の長友佑都選手と、

女優の平愛梨が住んでいるイメージも強い国。

 

 

イスラム教徒が

国民の99%を占めるが、過去に一度

イスラム教を廃止したこともある。

 

また、政治には

宗教をもちこむべきではないと、

政教分離されている国だ。

 

イスラム色が

あまり強くない国でもある。

 

 

初代大統領でトルコ発展のために

トルコ革命を起こした「トルコの父」と

言われているケマル・アタテュルク。

 

彼が明治天皇を

崇拝していたためか親日の人が多い。

 

 

英語があまり浸透しておらず、

日本と英語のレベルは

同じくらいと言われている。

 

トルコ語の文法も日本語に似ているためか、

日本語を勉強していたり

日本語を少し話せる人も多い。

 

 

隣国がシリアのため、

情勢が良くないのではないか。

 

日本人女子大学生の殺人事件も、

まだ記憶に新しい人も居ると思う。

 

危険な国ではないのだろうか。

 

 

トルコとは一体どのような国で、

どのような人たちが居るのだろうか。

 

 

トルコの女性の特徴!性格はわがまま?美人の女性と結婚…脈ありのサインなど

 

トルコ人女性の顔といえば、

目鼻立ちがくっきりした

中東美人のイメージが強い。

 

 

目鼻立ちがくっきりなんていうのは、

トルコの女性では平均的な顔。

 

街中には女優のような人は

いくらでも居る。

 

 

トルコの女性の特徴は、

毎日入浴する習慣がないので

香水を付けること。

 

 

結婚したら家庭に入る女性が多い。

 

初婚の平均年齢が

ヨーロッパ諸国では一番若い25歳弱。

 

 

野外活動が好きで、

ピクニックやキャンプが好きな人が多い。

 

 

おしゃべり好きのため、

日が落ちるまでお茶して、

おしゃべりをするなんてことがある。

 

その時は日本では一般的に

レジャーシートだがトルコでは絨毯を敷く。

 

そこまでして長居するのが普通だという。

 

 

トルコの女性の性格は

気さくで優しく、

男性に尽くしとても楽観的。

 

男性に対して

恋愛=結婚と考えている女性が多い。

 

そのためか、

とても用心深く接してくる。

 

 

しかし仲良くなれば、

最初なんであんなに冷たかったんだ

と思うほど、明るく接してくれる。

 

こうなれば脈ありか。

 

 

トルコは2017年の法律改正に伴い、

一夫多妻制は禁止されている。

 

 

イスラム教だが、

憲法で世俗主義が認められているため、

イスラム法は適用されない。

 

 

しかし男女ともに独占欲が強く、

嫉妬深い人が多い。

 

わがままに思えてしまうところが

あるかもしれない。

 

 

トルコ女性との結婚の場合は、

少しでも他の女性と仲良くしたり、

連絡を頻繁に取っていたりすると勘違いされる。

 

浮気していると思われるので、

気を付けた方が良いだろう。

 

 

また、親日でも有名。

 

日本のアニメや漫画が好きな

トルコ人もたくさん居る。

 

 

日本食も好まれており、

和食レストランも多い。

 

 

トルコ女性のスカーフについて。

 

トルコ女性pdf

 

 

トルコの女性のファッション!服装や夏のスカーフ

 

トルコの女性の服装といえば、

中東のイスラム圏の国の服装を

想像するだろうか。

 

スカーフを頭や顔に巻いて

肌を露出しないような格好なのか。

 

農村部などは未だに

そういったイスラム色が強いのだが、

都心部は違っている。

 

 

先に述べたように、

世俗主義が認められており、

イスラム法の適用がされない。

 

そのため、基本的には

イスラム圏の国のような服装だが、

欧米のような肌を出したファッションの女性も多い。

 

 

夏の服装に関しては、

気温以上に日差しが厳しい。

 

スカーフで頭や顔を覆って、

日差しをしのいでいる女性も少なくない。

 

 

過去、一度スカーフの着用は

禁止されたこともあり規制は緩い。

 

2002年以降には

スカーフの着用は自由化している。

 

 

モスクに入る時は、

スカーフなどで頭を覆う。

 

肌を露出しない服装でないと

入れないのは、他のイスラム圏の国と同様である。

 

 

トルコを旅行、服装は?女性の一人旅は大丈夫?

 

トルコには四季がある。

 

日本に近い気候なので、

比較的過ごしやすいだろう。

 

雨季は少なく、

基本的に乾燥している。

 

 

首都はアンカラ。

 

だが、イスタンブールや

カッパドキアといった、

観光地を耳にする方が多いだろう。

 

 

トルコへ旅行の際気を付けることは、

やはり女性の服装ではないだろうか。

 

基本的にはスカーフなどで頭を隠し、

肌を露出しない服装がおすすめである。

 

特に女性の一人旅で肌を露出してしまうと、

性犯罪に巻き込まれる可能性が高くなる。

 

 

都心部では頭を隠すことは必要なくても、

日差しを遮ったりモスクを訪れた時など。

 

また、寒さ対策にも使えるので、

スカーフ1枚あると便利だろう。

 

 

トルコの治安は

今は良いといっていいだろう。

 

 

2018年日本旅行協会の団体が、

トルコへ視察ツアーに行っている。

 

その結果、治安は安定しており、

むしろセキュリティーが向上しているとされた。

 

 

しかし、置き引きやスリなどの

軽犯罪は毎日のように起きている。

 

細心の注意は必要だろう。

 

 

公共交通機関は不慣れだとわかりにくい。

 

タクシー利用がおすすめだが、

ぼったくられないように気を付けよう。

 

 

・日本人=ちょっとお金持ち

・断れない性格の人が多く、だましやすい

 

これは、様々な国で思われていることだ。

 

日本人まるわかりの格好をしたり、

日本語を大声で話すことは控えた方が良い。

 

 

日本人は現金を持ち歩くことでも有名だ。

 

現金を持ち歩く際は、

小分けにしておくことをおすすめする。

 

 

お酒も普通にスーパーで売っていて、

レストランでも飲むことができる。

 

 

 

 

 

 

トルコの女性殺人!女性の仕事と差別(女性差別)、女性参政権など

 

トルコといえば、

2016年にはイスタンブールの国際空港で

大規模なテロ事件。

 

2013年には観光で人気のカッパドキアで起きた、

日本人女子大学生殺人事件が記憶に新しい。

 

 

特に女子大学生の

殺人事件は日本に衝撃を与えた。

 

親日でも有名だったトルコで日本人の殺害。

 

同行していたツアーリストも重傷。

 

ニュースで大きく取り上げられた。

 

 

容疑者は逮捕されたが、

犯行を及ぶ1年ほど前に刑務所を出所した、

犯罪歴のある男だった。

 

 

トルコは女性の殺害事件として、

他にも2007年の

スウェーデン女性殺人事件もある。

 

 

2013年当時、トルコのカッパドキアの

地元住民ら数百人が、殺害された

日本人女子大学生を悼む会を行った動画も公開された。

 

 

世俗主義が認められているとはいえ、

やはり根底には男性支配の資本主義体制がある。

 

女性を下に見ている男性も、

少なくないのが現状だろう。

 

 

トルコの女性の社会進出に関しても、

男が働き女は家庭に入るという考えの人は多い。

 

 

一方で、トルコの女性は

都市部と地方で事情が大きく異なる。

 

特に大学を出ている女性は、

当たり前のように働いている。

 

それなりの地位に

高めていけるようになりつつあるのだ。

 

 

2008年の世界経済危機で、

AKP政府は失業を減らすため、女性や若年層を雇えば

雇用主に奨励金を支払うと約束。

 

このことにより、

女性労働者はかなり増えたとされている。

 

 

1993~1996年に

タンス・チルレルという女性が

首相を務めたこともある。

 

 

トルコの代表的女性経営者、

サバンジュ財閥のギュレル・サバンジュも有名だ。

 

米誌「フォーブス」の

「世界で最もパワフルな女性100人」にも選ばれた。

 

 

社会で活躍する女性はたくさんいる。

 

 

また、トルコの女性参政権は、

ヨーロッパ諸国に先駆けて1934年から存在する。

 

しかし、トルコは女性差別撤廃条約

「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」

に留保はしていない。

 

1985年加入はしたものの、

署名はないのだ。

 

 

要するに、

条約について国会で話し合い、

国際的に宣言をすることはしていない。

 

イスラム法がある国は、

この条約に関して留保している国が多い。

 

 

自分の中ではトルコの仕事に関して、

失業率が日本に比べて高く、

2019年で14.7%と気になるところだ。

 

これは日本でいう

ハローワークに登録していても、

仕事が見つからない人の割合だ。

 

実際は、この2~3倍

いるのではないかと言われている。

 

 

都心部ではクラブやバー、ディスコなども多く、

トルコ女性と遊ぶことは容易になっている。

 

 

だが、風俗に関しては規制があり、

外国人が入れないところが多い。

 

 

警察の管理下でもあり、

出入りの際にはパスポートや

身分証明の提示を求められる。

 

ただトルコ人の友人と

同行であれば、入れるところもある。

 

 

トルコの女性歌手の名前は?女性名について

 

日本のニュースでも

人質等で話題となったイスラム国。

 

トルコ人女性の中で、

女性を性奴隷として扱い、

女性の敵である。

 

 

このイスラム国と、

クルド女性防衛部隊の兵士の一員として

戦っている女性がいる。

 

トルコ女性兵士の記事や画像は、

検索するとたくさん出てくる。

 

そして、戦う女性も美しい女性が多い。

 

 

クルドはクルディスタンという、

トルコ、イラン、イラク、シリアの4か国にまたがる

国を持たない最大の民族。

 

 

トルコではクルド人は少数。

 

だが、クルド語の禁止や

弾圧を受けたことに対して、

独立運動とトルコ軍との衝突が続いている。

 

 

トルコ人の名前の特徴は、

アラビア語が多いこと。

 

1935年までは苗字がなかったが、

同じ名前が多いとわかりにくかったため、

苗字も使用されるようになった。

 

法律で苗字は

トルコ語のみと定められている。

 

 

名前はアラビア語や

ペルシア語が用いられる。

 

 

トルコでは祖父母から

名前を取ることが多い。

 

子供の数が多いと、

いとこ同士が同じ名前ということもある。

 

 

トルコの女性の名前では、

アラーラというトルコの伝説の

水の妖精の名前がある。

 

水の妖精の像は

ベルガマ博物館にも展示されている。

 

 

日本で活躍する人物で、

Eテレの天才てれびくんに出演している

ギュナイ滝美という女性はトルコ人と日本人のハーフ。

 

ギュナイがトルコ語、

滝美はラアラと読むようだが、

アラーラを縮めた名前である。

 

 

トルコの女性歌手では

セゼン・アクスや、エブル・ギュンデシュ。

 

エブルはスーパーモデル並みの容姿で、

歌にも定評があり人気がある。

 

 

まとめ。治安の良いトルコだが旅行の際は肌を過剰に露出しないこと

 

トルコというと、

カッパドキアでの女子大学生殺害事件が

一番イメージ的に強いのではないだろうか。

 

 

1890年トルコの軍艦エルトゥールル号が、

和歌山県の紀伊大島に遭難。

 

被害者は出てしまったものの、

紀伊大島の地元住民が一生懸命に介抱して、

多くのトルコ人の命が救われた。

 

それ以降、

親日になったのではないかと

言われているトルコ。

 

 

親日国家であることは

間違いないだろう。

 

 

しかしイスラム法は適用されていないが、

イスラム圏の根強い思想は

まだまだ残っているのが現状である。

 

 

未だにトルコ人同士の

婚前前交渉は許されていない。

 

 

性欲を満たすための対象が、

外国人女性となってしまうことは

残念ながら多い。

 

 

治安は良いとされているが、

肌を露出しないことに越したことはない。

 

どこの国へ訪れる際も、

訪れる国の人に溶け込む格好や

ふるまいは大切だと自分は考える。

 

 

日本人は平和慣れしているので、

外国では何かとターゲットになりやすい。

 

その国を知りたいのであれば、

事情を頭に入れてから

現地に足を運ぶことをおすすめする。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ