サウジアラビアは女性運転禁止…なぜ?仕事など女性差別、服装や生活、人権と結婚、美人の理由と旅行する女性の服装など


 

サウジアラビアで、

女性が運転を許されるようになった・・・

 

驚くような話だが、世界には日本の常識が通じない場所

本当に多い。

 

 

サウジアラビアの女性のより詳しい情報、

どこに住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

サウジアラビアの

女性と言えば、美人が多い。

 

 

ただ、それ以外に知らないことばかりで

サウジアラビアの女性が

どんな生活をしているのか気になる。

 

 

例えば、外出をしている

サウジアラビアの女性は、いつも顔を隠している。

 

サウジアラビアの女性は、

外出する時にどうして顔を隠すのだろうか?

 

 

今回、サウジアラビアの

女性差別・生活・性格などを調べてみた。

 

日本人の女性が、

サウジアラビアへ旅行する時の

注意点も紹介する。

 

 

 

サウジアラビアでは女性運転禁止…なぜ?運転が禁止の理由と人権、女性差別について

 

まずサウジアラビアの

女性が住んでいるサウジアラビアとは、

どんな国なのか調べてみた。

 

 

サウジアラビアの正式国名は、

サウジアラビア王国。

 

君主制の国で、

国王が首相を兼任している。

 

 

面積が215万平方キロメートルで、

日本の約5.7倍。

 

 

サウジアラビアは、

魅力的な観光地が多い。

 

 

人口は、約3,370万人だ。

 

 

宗教は、イスラム教である。

 

サウジアラビアでは、

宗教的慣例や慣習が厳しい。

 

 

そのためサウジアラビアの

女性は、多くの規制がある。

 

外国人から見れば、

女性差別と受け取ってしまう。

 

 

そんな中、サウジアラビアで車の運転を

女性がなぜできるようになったのだろうか。

 

 

サウジアラビアで

女性の車の運転が

解禁になったのは2018年6月。

 

サウジアラビアの女性は

車を運転できるように

なったので喜んでいる。

 

サウジアラビアの女性がうれしそうに

車を運転している姿が

新聞の記事に載っていた。

 

 

サウジアラビアが

女性の車の運転を

解禁にしたのはなぜか。

 

サウジアラビアの女性が

車を運転する事を解禁した理由は

労働生産の向上だ。

 

 

サウジアラビアの女性は、

職場の往復にタクシーを使っている。

 

女性がタクシーで通勤する事で、

サウジアラビアの労働生産力に

悪い影響になっているからだ。

 

 

外国からの投資を

呼び込みたいのも

解禁の理由の一つである。

 

 

サウジアラビアでは、

車で女性が運転する事を

禁止していたのはなぜなのか。

 

 

そもそもサウジアラビアで、

女性の車の運転を禁止していなかった。

 

サウジアラビアの女性に

運転免許の交付を

禁止していたのだ。

 

 

サウジアラビアは、

イスラム教の中で最も戒律が厳しい。

 

ファトワという宗教令で、

女性の車の運転を

禁止していたのだ。

 

 

サウジアラビアでは、

女性が車の運転をなぜ

してはいけないのだろうか。

 

その理由を知りたい。

 

 

それはサウジアラビアの女性が

車を運転すると、

多くの男性と知り合う機会がある。

 

男性と知り合う機会があれば、

それが家庭崩壊になる恐れが

あるというのがその理由だ。

 

 

サウジアラビアの女性が

車を運転するのと、

なぜ家庭崩壊になるのか分からない。

 

男性が車を運転したら、

家庭崩壊にならないというのはおかしい。

 

これでは、外国人から

女性差別といわれて当然だ。

 

 

サウジアラビアの女性は

車の運転を禁止されているだけではないと、

ブログに記載されているのを読んだ。

 

車の運転以外で、

サウジアラビアの女性ができないことには、

どんな事があるのだろうか。

 

 

車の運転が

できるようになったが、

自転車は禁止。

 

銀行口座開設や結婚する時は、

父親か夫などの承認が必要である。

 

 

外国人から見たら、

サウジアラビアの女性に

人権がないのだろうかと思ってしまう。

 

サウジアラビアで

女性差別をしている理由が知りたくなる。

 

 

イスラム教の教えが

大きく関わってくるのだ。

 

イスラム教では、

女性は保護の対象なのである。

 

 

女性保護といっても、

規制が多すぎる。

 

そのためイスラム教を

信じていない外国人から見たら、

女性差別になってしまう。

 

 

数年前からサウジアラビアで

今まで女性に制限されていた事でも、

少しずつできるようになってきた。

 

 

以前、サウジアラビアでは、

女性のスポーツにも制限があった。

 

 

初めてオリンピックに

女性が出場したのは、

2012年のロンドンオリンピックだ。

 

サウジアラビアでスポーツ観戦を

女性ができるようになったのは、

2018年に入ってからである。

 

 

海外旅行も男性親族の

許可がないと行けなかった。

 

しかし2019年から

許可が無くても女性は

海外旅行ができるようになったのだ。

 

 

サウジアラビアの政治に、

女性は参加できるのだろうか。

 

2011年9月にサウジアラビア国王が、

女性の評議会議員としての参加や

地方議会の選挙における女性の参政権を付与する事を発表。

 

その後、地方選挙で

女性議員が誕生した。

 

 

少しずつだが、

サウジアラビアの女性の生活も

変わってきたのである。

 

 

 

サウジアラビアの女性の生活!仕事や服装など

 

サウジアラビアの女性は、

どんな生活をしているのだろうか。

 

 

サウジアラビアのお金持ちの女性は、

メイドに家事や育児をしてもらっている。

 

お茶会や買い物の楽しんでいるのだ。

 

 

全部の女性が

優雅な生活を送っているわけではない。

 

サウジアラビアの女性も

仕事をしている人はいる。

 

 

一番女性が多い職場は、病院だ。

 

 

インターネットを見ていたら、

リヤドにあるスターバックスで働いている

サウジアラビアの女性についての記事があった。

 

2018年の記事である。

 

スターバックスで働く女性は、

男女別なく接客していた。

 

 

サウジアラビアも少しずつ

変化している事が分かる。

 

 

次に気になったのは、

スターバックスで働いていた

女性の服装だ。

 

サウジアラビアの女性は、

なぜ髪の毛を隠すのだろうか。

 

 

まず、サウジアラビアの

女性の服装をイラストで見てみよう。

 

サウジアラビアの女性の服装に

それぞれ名前がある。

 

髪の毛を隠すのは、ヒジャブだ。

 

 

サウジアラビアの女性は、

親族以外の男性がいる場所では、

黒いローブを衣服の上から着る。

 

黒いローブの事をアバーヤと言う。

 

 

ビジャブで髪を隠し、

顔にはニカブやブルカで

顔を隠している。

 

ニカブやブルカも黒い布だ。

 

 

サウジアラビアの女性は

なぜ顔を隠す服装を

しているのだろうか。

 

サウジアラビアの女性の服装は、

法律で決められているからだ。

 

女性が外出する時には、

必ずアバーヤを着なければならない。

 

 

サウジアラビアの女性は大変だ。

 

 

 

サウジアラビアの女性は美人だけどわがまま?結婚や脈ありのサインやベッド…サウジアラビア女性の本音

 

サウジアラビアの女性は、

どんな性格なのか気になってしまう。

 

 

サウジアラビア人の性格は、

思いやりがあり、おしゃべりが好き。

 

伝統を重んじている。

 

しかし予定や計画に

ルーズなところがあるのだ。

 

 

予定や計画にルーズなところがあるから、

几帳面な日本人から見たら、

わがままに見えてしまう。

 

 

サウジアラビアの女性の写真を見ると、

鼻筋が高く小鼻で、目が大きく彫がある。

 

サウジアラビアの女性は、

美人の条件を揃えているのだ。

 

 

メイクの仕方も上手である。

 

サウジアラビアの女性は、

どんなメイクをしているのだろうか。

 

 

サウジアラビアの女性のメイクは、

目のメイクに力を入れるのが特徴。

 

外出をする時は、

顔を隠さなければならない。

 

そのため、目のメイクに

集中してしまうのだ。

 

顔を隠しているので、

頬紅や口紅なども

気にする必要がない。

 

 

サウジアラビアの女性の

恋愛や結婚は、

どうしているのだろうか。

 

 

サウジアラビアの女性は、

恋愛をする機会がない。

 

イスラム教では、

男女で会話や食事を

してはいけないからだ。

 

 

結婚は、見合いである。

 

 

日本人男性が

サウジアラビアの女性と

恋愛や結婚するのはハードルが高い。

 

脈ありどころか、

サウジアラビアの女性と

話す機会がないのだ。

 

 

しかし最近では、

日本人と結婚している

サウジアラビアの女性がいる。

 

サウジアラビアの女性と

結婚できる可能性は、

ゼロではない事が分かった。

 

 

サウジアラビアの女性は、

メイク好きでおしゃれだ。

 

アバーヤに隠れているが、

サウジアラビアの女性の服装は、

装飾がされている。

 

 

サウジアラビアの女性は

制約された女性の性だが、

見えないところでおしゃれを楽しんでいる。

 

おしゃれを楽しんでいる事を知ると、

ちょっと安心した。

 

 

 

サウジアラビアを女性が旅行…女性の服装は?

 

サウジアラビアへ

女性が旅行する場合、

どうすればいいのだろうか。

 

 

サウジアラビアで観光する時、

女性は服装に気を付けなければならない。

 

 

以前は外国人女性でも、

アバーヤを着なくてはいけなかった。

 

外国人でもアバーヤは、

必須アイテムだったのだ。

 

 

現在はアバーヤを着なくても、

観光をする事ができる。

 

 

しかしサウジアラビアで

着る服装には、

制限があるので知っておく。

 

サウジアラビアで観光する時に、

女性はどんな服装を

すればいいのだろうか。

 

 

・肩や二の腕が隠れる服

 

・胸元が大きく開いてない服

 

・体の線がはっきりしない服

 

・半袖が長袖の服

 

・膝丈のスカート

 

・透き通らない服

 

を着るようにしよう。

 

 

お腹が見えるトップス、ダメージジーンズ、

不適切な内容の言葉や

ロゴの入った服を着ないようにする。

 

 

ところで、サウジアラビアで

女性が一人旅をする事は、

可能なのだろうか。

 

 

外務省の

2019年10月3日時点だと、

危険1である。

 

十分注意して旅行をする必要がある。

 

 

まず夜は、一人で歩かない。

 

ドバイであれば現地の女性でも

一人で歩いている事があるので、

治安は悪くない。

 

しかしドバイでも

近づかないほうがいい場所が

あるので気を付ける。

 

 

そして観光をする場合、

観光ツアーに参加するか

現地のガイドに案内してもらおう。

 

 

観光と言えば写真。

 

勝手に写真を

撮らないように気を付ける。

 

 

サウジアラビアは

イスラム教の国。

 

サウジアラビアに行く前に

タブーがあるので知っておく。

 

 

サウジアラビアでは、

酒を飲む事ができない。

 

 

飲むだけではなく、

酒の持ち込みもいけないのだ。

 

酒を持ち込まないようにしよう。

 

酒が好きな人は我慢する。

 

 

我慢できない人は、

サウジアラビア旅行を諦めたほうがいい。

 

 

 

まとめ。サウジアラビアの女性の生活に変化

 

サウジアラビアの

女性に対して規制が多かったのは、

イスラム教の教えによるもの。

 

イスラム教では、

女性は守るべき存在なのである。

 

 

女性ができなかった一つに、

車の運転だ。

 

2018年にサウジアラビアの女性も、

車の運転ができるようになった。

 

現在では車の運転だけではなく、

規制が緩くなっている事が増えている。

 

 

以前は女性に参政権がなかった。

 

今は女性の参政権もあるし、

地方では女性議員が誕生している。

 

 

少しずつだが、

サウジアラビアの女性の

生活も変化し始めてきた。

 

 

しかしサウジアラビアへ行く場合、

注意しなければならない事が多い。

 

サウジアラビアに旅行へ行くなら、

必ず服装やルールを覚えておこう。

 

 

サウジアラビアと

日本の習慣が違うからだ。

 

 

特に女性は、

着ていく服装に注意が必要である。

 

 

旅行を楽しみたいなら、

サウジアラビアについて

しっかり調べておこう。

 

 

サウジから戻ってすぐ親友になった、小学校時代のコマさん。

自分と同じくロボコンのファンになっていた(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. ばっさー より:

    サウジアラビアの女性はどんな生活をしているのか、興味あります。
    以前テレビで、アバーヤの内側にとても素敵な刺繍を施したり、
    カラフルな服をきていたり、みえないところでおしゃれにしていて、
    やっぱりどこの国の女性も同じだなぁって思いました。

  2. 杏子 より:

    イスラム教の女性に対する規制は、保護と捉えるか差別と捉えるか難しいですね。
    なんでもかんでも差別ととらえ保護されなくなると、逆に困ることも出てくるかもしれませんね。
    その辺のバランスが大事だと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ